スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

【心がブン回される超重厚ドラマ】
放火や暴行、荒々しく描かれる怒りの感情から、その怒りへの静かな理解、真逆の感情まで、次々と直球で心に飛び込んでくる。心揺さぶられると言うより、心がブン回される映画。

アカデミー賞7部門ノミネート、ゴールデングローブ賞4部門(作品賞・主演女優賞・助演男優賞・脚本賞)受賞作品。
出演は、アカデミー女優『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンド、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン、『コンフェッション』のサム・ロックウェル、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズ。
監督・脚本は『シックス・シューター』でアカデミー賞短編賞受賞のマーティン・マクドナー。音楽は、『キャロル』のカーター・バーウェル。

何から書いていいのか。。
心に何度も突き刺さる、人間の感情。怒りや優しさ、悲しみや思いやり、色んな感情が一つ一つ、直球で心に飛び込んでくる。スゴイ映画だった。
直接的に描かれてはいなかったけど、テロに対する警笛みたいなものも、この映画は内包していたと思う。「怒りが怒りを来す」何度か登場したこのセリフが象徴的で、ビルボードを発端として、暴行や放火など、怒りが連鎖して行くこの映画の図式はまさにテロとテロ掃討の図式そのもの。そこに、相手の感情を察する、理解して事態が鎮まる描写を挟むことで、今の世界の悲しい図式に対してのメッセージとしているのでは、そんな気がした。
◆以下少しネタバレ◆
この映画の素晴らしいのは、全ての感情が、レイプ殺人事件、そして3枚のビルボードに起因していて、どんな荒々しいものも、静かな優しさも、理解が出来るしスッと入ってくるところ。広告会社を襲撃する警官や、警察署に火をつける主人公など、通常では荒々しすぎて理解に苦しむ行動すら、その感情や理由を察することが出来る。逆に、暴行を受けた広告マンが加害者に対峙しても逆上しなかったり、大火傷を負った警官が加害者を黙認していたり、ありえない許し方をしているのも、尊い描写だと思う。主要な登場人物がレイプ殺人事件を心底憂いている事が時に直接的に、時に間接的に描かれているからこそ、それらの感情がストレートに伝わってくるんだと思う。
個人的には、ちょっとしたシーンだけど、負傷した広告マンが加害者にジュースを差し出すシーンが印象的だった。尋常じゃない傷を負わされても、加害者を許し、理解するに至ったのは、署長の自殺への懺悔や、広告を出した自らの責任があったから。決して強調してはいなかったけど、この映画を象徴する、なんとも響くシーンだったと思う。
何度も心がえぐられるような、重厚な映画でした!
YUM1

YUM1の感想・評価

3.8
おもしろかった。
怒りは怒りをきたす。
この映画を言い表す一番の言葉だ。
感情的に言い放った言葉や起こした行動は自分で責任を持つしかない。ただその行動をどう捉えられるかは他人の責任。
イヤフォンの遮音性高過ぎなのか鈍感なのか、気がつかな過ぎだろと突っ込みたいシーンもあった。
birdy

birdyの感想・評価

3.6
サムロックウェル最高です
笑わせる演技ではなく笑える演技というものがよりおもしろいということをこの人はわかってやっています
確信犯ですね(笑)
tktower

tktowerの感想・評価

3.8
語ること自体が野暮
観たい人だけ観ればいい
TJ

TJの感想・評価

4.3
暗くて救いのない話なのになぜか後味は爽やか。
KANAKO

KANAKOの感想・評価

4.1
圧巻れした
A子

A子の感想・評価

3.0
マーティンマクドナー好きじゃないっぽい
BoiledEgg

BoiledEggの感想・評価

4.0
濃厚な人間ドラマ。
良い側面だけでなく、悪い側面も両方持っているのが人間なんだと、改めて感じた。
ss

ssの感想・評価

4.8
いやぁ、震えた。
すごかった。

主演のフランシス・マクドーマンドもさすがで、ウディ・ハレルソンもすごかった。
けど!我らがサム・ロックウェル!
彼に最初から最後まで翻弄されっぱなしだった!

アカデミー賞発表の時、ただの願望で大好きな俳優にオスカーとって欲しいなぁ、主演はゲイリーで助演はサムだったらいいなぁなんてずっとぼやいていたら、願望通りに!
やったーなんて喜んでいたけれど、いやはや…。

感服、天晴れ、圧巻、秀逸…どの言葉で彼を賞賛したらいいのだろう。
それ位、ディクソン巡査が活きていた。
最強のレイシスト、暴力警官。そしてマザコン。
マザコンが悪いとは言わないけれど(笑)条件的にはクズ野郎の条件が揃った。
何考えてんだかちっともわかんなくて、本当ヒヤヒヤずっと肝冷やしてた。

ミルドレッドは娘を亡くしてから、元々荒くれ系の母だったとはいえ、全てに対し怒りを抱いてる。手当たり次第にぶちまけるヒステリータイプではなく、きちんと考えて数々の鬼畜行為に出る。
怒りと冷静さのアンバランスさが、目から鱗というか、何というか…泣く子も黙っちゃう。
バンダナ巻いてつなぎ着たらダークヒーローの衣装として成り立っちゃうくらい、ミルドレッドがバンダナ巻いてつなぎ着てる姿は「ごくり…どきどき」ってなっちゃった。
真っ向から宣戦布告をされたウィロビー署長が、彼女に寄り添おうとする真摯な姿にも胸打たれた。

アカデミー主演女優賞受賞のフランシスのスピーチ、
とってもかっこよかった。
とってもスマートなスピーチだった。

3枚の看板がもたらしたもの、それは何だったのか。
映画と向き合ってじっくり考えたくなった。

2018/5/18
ひで

ひでの感想・評価

4.7
人を深く傷つけた人間にこそ贖罪と善意の意味が分かる気がした。

役者たちの演技に圧倒された2時間。
>|