スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

【心がブン回される超重厚ドラマ】
放火や暴行、荒々しく描かれる怒りの感情から、その怒りへの静かな理解、真逆の感情まで、次々と直球で心に飛び込んでくる。心揺さぶられると言うより、心がブン回される映画。

アカデミー賞7部門ノミネート、ゴールデングローブ賞4部門(作品賞・主演女優賞・助演男優賞・脚本賞)受賞作品。
出演は、アカデミー女優『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンド、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン、『コンフェッション』のサム・ロックウェル、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズ。
監督・脚本は『シックス・シューター』でアカデミー賞短編賞受賞のマーティン・マクドナー。音楽は、『キャロル』のカーター・バーウェル。

何から書いていいのか。。
心に何度も突き刺さる、人間の感情。怒りや優しさ、悲しみや思いやり、色んな感情が一つ一つ、直球で心に飛び込んでくる。スゴイ映画だった。
直接的に描かれてはいなかったけど、テロに対する警笛みたいなものも、この映画は内包していたと思う。「怒りが怒りを来す」何度か登場したこのセリフが象徴的で、ビルボードを発端として、暴行や放火など、怒りが連鎖して行くこの映画の図式はまさにテロとテロ掃討の図式そのもの。そこに、相手の感情を察する、理解して事態が鎮まる描写を挟むことで、今の世界の悲しい図式に対してのメッセージとしているのでは、そんな気がした。
◆以下少しネタバレ◆
この映画の素晴らしいのは、全ての感情が、レイプ殺人事件、そして3枚のビルボードに起因していて、どんな荒々しいものも、静かな優しさも、理解が出来るしスッと入ってくるところ。広告会社を襲撃する警官や、警察署に火をつける主人公など、通常では荒々しすぎて理解に苦しむ行動すら、その感情や理由を察することが出来る。逆に、暴行を受けた広告マンが加害者に対峙しても逆上しなかったり、大火傷を負った警官が加害者を黙認していたり、ありえない許し方をしているのも、尊い描写だと思う。主要な登場人物がレイプ殺人事件を心底憂いている事が時に直接的に、時に間接的に描かれているからこそ、それらの感情がストレートに伝わってくるんだと思う。
個人的には、ちょっとしたシーンだけど、負傷した広告マンが加害者にジュースを差し出すシーンが印象的だった。尋常じゃない傷を負わされても、加害者を許し、理解するに至ったのは、署長の自殺への懺悔や、広告を出した自らの責任があったから。決して強調してはいなかったけど、この映画を象徴する、なんとも響くシーンだったと思う。
何度も心がえぐられるような、重厚な映画でした!
yatsu

yatsuの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

サムロックウェル、オスカー取りそ〜これ。
ウディハレルソン演じるビルが早々に自らの命を絶ったのがかなり驚きだったけれど、早い段階で主人公の行いに対する2人の役割・使命が明確に示されたことで、最終的な素晴らしいまとまりが生まれていたように感じる。素晴らしいエンディングだった。
終始作務衣を着たマクドーナンドが勇ましい。

機内で英語字幕で見たので大量のカースワードがダイレクトに脳を刺激してきたが、コーエン兄弟の「ファーゴ」のようなブラックユーモアと渇いたバイオレンスに満ちた仕上がりで、脚本賞はしっかりと掻っ攫っていきそうな印象。
監督賞から漏れたのかわいそ。
Kyu

Kyuの感想・評価

3.7
かなり評価の高い作品ですが、確かに良い映画ではありましたが想像とは違いました。

主役のフランシス・マクドーナンドよりも、彼女に関わる周りの人達の人間模様の描き方が素晴らしく、人は変われるものと言うことを考えさせてられます。

看板に名前を書かれた署長の人間性などは見習うべき部分が多々あります。その周りで成長して行く部下や、変わって行く人、変わらない人、色々いるのが作品を秀逸な物にしています。

個人的には好きな方の作品ではありませんが、見て損のない映画である事は間違いありません。
@TOHOシネマズ新宿
事前情報を仕入れず、アカデミーノミネート作ということで観に行ってみたら、トンデモナイもん観た!とひっくり返った。
間違いなく面白い、面白いが、今まで味わったことないような視聴感で、どう表現すればいいのか言語化出来ない感じ。
それでも一言で言うと「すごい迷勝負を観た」というような感想。

主人公が思いもよらない強烈な一手を打つ、その結果、盤上盤外がとにかく混迷していく。カオス。
所々、まともな道筋に戻りそうになるチャンスもあるのだが、ことごとく、また思わぬ一手により斜め上の方向へ進んでいく。
終盤は、「あ!そんな綺麗な形に収束するんだ!!」と一瞬思うのだが…これもまたハズされて、いやー…たまらなかったですね。

娘を殺された悲劇の母親、となると観てて応援したくなりそうだが、この主人公が中々にクソ、というキャラ設定からして、なんかもう、凄い。
時々笑いが起きてしまうような、ブラックなユーモアがあるのも楽しい。

凄まじい個性を放つ傑作でした。
良いです!
この感情をめちゃくちゃにさせる感じ、それなのに最後はなぜだかスッキリする、カタルシス!
全然どうでもいいんですけど、クレジットにVFXの文字が1つも見えなかった気が…
このご時世にハリウッドのビッグバジェットで…という(笑)
わかんないです、見逃しただけかもしれないです(笑)
タクマ

タクマの感想・評価

4.5
話の結末が全く想像がつかなかった。
murphy

murphyの感想・評価

-
★★★★
ユーキ

ユーキの感想・評価

3.8
ANAの機内で鑑賞
アメリカの社会状況や流れる音楽などが読み取れないとこの映画の語る真のテーマは汲み取れない気がした。
町山智浩さんが解説音源を出しているのでそちらをチェックするのが今から楽しみ。
>|