スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

【心がブン回される超重厚ドラマ】
放火や暴行、荒々しく描かれる怒りの感情から、その怒りへの静かな理解、真逆の感情まで、次々と直球で心に飛び込んでくる。心揺さぶられると言うより、心がブン回される映画。

アカデミー賞7部門ノミネート、ゴールデングローブ賞4部門(作品賞・主演女優賞・助演男優賞・脚本賞)受賞作品。
出演は、アカデミー女優『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンド、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン、『コンフェッション』のサム・ロックウェル、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズ。
監督・脚本は『シックス・シューター』でアカデミー賞短編賞受賞のマーティン・マクドナー。音楽は、『キャロル』のカーター・バーウェル。

何から書いていいのか。。
心に何度も突き刺さる、人間の感情。怒りや優しさ、悲しみや思いやり、色んな感情が一つ一つ、直球で心に飛び込んでくる。スゴイ映画だった。
直接的に描かれてはいなかったけど、テロに対する警笛みたいなものも、この映画は内包していたと思う。「怒りが怒りを来す」何度か登場したこのセリフが象徴的で、ビルボードを発端として、暴行や放火など、怒りが連鎖して行くこの映画の図式はまさにテロとテロ掃討の図式そのもの。そこに、相手の感情を察する、理解して事態が鎮まる描写を挟むことで、今の世界の悲しい図式に対してのメッセージとしているのでは、そんな気がした。
◆以下少しネタバレ◆
この映画の素晴らしいのは、全ての感情が、レイプ殺人事件、そして3枚のビルボードに起因していて、どんな荒々しいものも、静かな優しさも、理解が出来るしスッと入ってくるところ。広告会社を襲撃する警官や、警察署に火をつける主人公など、通常では荒々しすぎて理解に苦しむ行動すら、その感情や理由を察することが出来る。逆に、暴行を受けた広告マンが加害者に対峙しても逆上しなかったり、大火傷を負った警官が加害者を黙認していたり、ありえない許し方をしているのも、尊い描写だと思う。主要な登場人物がレイプ殺人事件を心底憂いている事が時に直接的に、時に間接的に描かれているからこそ、それらの感情がストレートに伝わってくるんだと思う。
個人的には、ちょっとしたシーンだけど、負傷した広告マンが加害者にジュースを差し出すシーンが印象的だった。尋常じゃない傷を負わされても、加害者を許し、理解するに至ったのは、署長の自殺への懺悔や、広告を出した自らの責任があったから。決して強調してはいなかったけど、この映画を象徴する、なんとも響くシーンだったと思う。
何度も心がえぐられるような、重厚な映画でした!
baby

babyの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー賞受賞して期待値が高かったのと、サスペンスかと思っていたらヒューマンドラマだったのでとても拍子抜けでした。高評価だけれど、私には良さが分からず、治安の悪い場所での出来事っていう印象でした。

田舎で治安が悪めな場所での事件。
・レイプされ殺害された娘の犯人が捕まらず母親が3つの看板を立てる。
・被害者の両親は離婚しており父親には彼女がいる。能天気な彼女曰く「怒りは怒りしか生まれない」。経験によるものと、他人事のようでイラッとする。
・署長はガンで先が短い。馬小屋で自殺をしてしまうのだが周りの人へ宛てたメッセージが署長の愛に溢れていた。実は事件の真相を追っていた。一ヶ月分の広告代を出してくれた。めちゃいい人。
・黒人差別をする暴力的な警官は、署長の死後に白人を襲う。警官を辞め、例の手紙を警察署で読んでいるときに火傷を追う。もちろん彼女の仕業。入院した場所で怪我を負わせた一般市民と同じ部屋になりオレンジジュースをもらう。優しい。
・レイプしたと主張する男には被害者の事件当日は国外にいて犯人ではない。
レイプ魔?がいる先へ母親と火傷の元警官がむかうところでシーンが終わる。

色々ありすぎて軽く整理。母親と娘の最後のやり取りに心が痛む。署長の遺書を読んでから元警官がまるで人が変わったようだった。大切なものを失う悲しみとか、人生での後悔、思いやる優しさが表れていたのかもしれないけど全然面白くなかった…というかサスペンスだと思ってわくわくしながら観ていたので心が追いつかずに終わった感じ。

舞台の地ミズーリ州の背景を知りこの作品の意図が分かった。閉鎖的、人種差別、女性軽視のある州で、同じ白人からも軽蔑されて見られる地域の層だということ。そんな地域の彼らも人間だ、という人間らしさを描いた作品らしい。多様性を重視するハリウッドでさえ軽蔑される存在。だからこそスリービルボードが作られた。それを知らずに観れば確かに理解が追いつかないかも。勉強になった。
Rily

Rilyの感想・評価

3.5
憎悪とも取れる真っ赤な看板とその脚元に添えられた愛情とも取れる花がこの映画そのものを象徴しているかのようだった。

何事も表裏一体なんだなあと。
tks

tksの感想・評価

4.0
音楽がすごく印象的。

みんな何かを抱えてて、善人じゃないにしろ、優しさはちゃんとある。

悪役がいいやつだったパターンってものすごく良い…

重い話だけど、優しい気持ちになる不思議な感覚。
nagi

nagiの感想・評価

3.8

みんながみんな人間らしい

だから上手くいかないこともあるよね
人間だもの。
20181023家で鑑賞
ただただ、やるせなさだけが残る作品。
2.3回見るのをオススメするスルメ映画
小男ティリオンはここでもいいやつっていう
途中から主役はディクソンかな?
不器用なのがかっこいい‼︎
最後の最後まで緊張が解けない映画だった これは映画館で見るべき
>|