スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「スリー・ビルボード」
原題「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」
2018/2/1公開 イギリス作品 2018-033

めちゃめちゃ人間臭い良い作品でした!「ヒットマンズ・レクイエム」「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー監督の新作はサスペンスのようで、その実、容赦なく胸を打つ珠玉の人間ドラマでした!
マクドナー監督が執筆したオリジナル脚本は先が読めず、予想外の方向へと導かれ、思わぬところで思わぬ人物がぶつかる展開は最後まで目が離せません。「人は変われるし、怒りの連鎖は止められる」という希望に満ちたメッセージを、思いっきりダークな笑いとバイオレンスで辛辣に描き出しています!
そして、演技合戦が凄すぎです。サム・ロックウェル良すぎです!声がでかくて頭の悪い、粗野な警官をまさかの繊細さで演じたサム。彼がどんどんいい顔になっていくさまに目頭が熱くなります。
共感を拒み、触れるものを皆傷つけるかのような今までにないヒロイン・ミルドレット役のフランシス・マクドーマンド、人情派署長役のウディ・ハレルソン、そしてミルドレットに看板を売る広告屋役のケイレブ・ランドリー・ジョーンズも最高です。それぞれが最大限のものを出した演技合戦は圧巻です!
そしてラストシーンは賛否が分かれるでしょうが、これがサスペンスではなく人間ドラマであるという素晴らしいラストだと思います。

2017年・第74回ベネチア国際映画祭で脚本賞、同年のトロント国際映画祭でも最高賞にあたる観客賞を受賞するなど各国で高い評価を獲得したドラマ。娘のために孤独に奮闘する母親ミルドレッドをフランシス・マクドーマンドが熱演し、ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルら演技派が共演。「セブン・サイコパス」「ヒットマンズ・レクイエム」のマーティン・マクドナー監督がメガホンをとった。
健太郎

健太郎の感想・評価

3.6
ふーむなんでこんな脚本思いつくんだろうてくらい話しがよくできていた

これは本当に飽きずに一気に観終えると断言できる

ただ人物に感情移入しずらく感じた

これは3つの看板の裏側
つまり登場人物3人の裏の顔が表と違いすぎるからだと思う

フェミニストが観たら喜びそう

このレビューはネタバレを含みます

事の発端からクライマックスにかけてまで、登場人物のほぼ全員の状況が好転どころか最悪レベルなのに、最終的に何だかちょっと温かい気持ちになれましたばい。
おもしろい
人間って良い面と悪い面があるのだなぁ
nnewao

nnewaoの感想・評価

4.1
許すことと諦めることと。苛立ちをどうにかしたいのに、どうにもできない辛さ。

真っ赤な看板かっこいい。
toro

toroの感想・評価

4.6
怒りは怒りを来す(Anger begets more anger.)って話。

無知と純粋は紙一重。

みんな口が悪過ぎて笑える。
あはは

あははの感想・評価

4.0
オレンジジュースが温かかった。
人間の多角的な面をいろいろ見せてくれる。その構成と描き方が素晴らしく、2つの映画を見たような感じ。スリービルボードっていうタイトルも3人の看板その裏、みたいな意味もあるのかしら。
結局さ、理不尽なこともあって、人は良くも悪くも善人になり悪人になり、それをどうしてやりすごし、どうやってまとめ、そんな人間の曖昧さにどう光を見つけるか、みたいな日常でさ。なんでもいいから人が繋がって前を向けてよかったって思った。この地域の問題を後から知って、それもすごく学びになった。いい映画だと思う。
Tom

Tomの感想・評価

3.8
複雑になりすぎたり、複雑にしすぎたり、
確信も、疑いを持ちながら
疑いも、確信を持ちながら、
それでも選択をすることや、
自己を貫く抜く姿は、正直勇気をもらえる

怒りは怒りしか生まない、
辻褄の合わないものほど
真理が見えてるというか、
わけわかんないものほど、
感性に優れてるというか。

苛まれる何かが、
誰かと時を同じくしたりすることが
仮にあるなら
それも良いじゃない、と感じる
AK00

AK00の感想・評価

3.8
看板を出したところでどうにもならないのがなんとも。なんとも。
予告の罵倒が苦手だったので見てなかったんだけど、思ったよりマイルドな内容だった。
なんか色々盛り沢山すぎて風呂敷畳まず…なイメージ。
あのあと二人であいつをあれしたとかだったらそれはそれで残念な映画になってただろうなぁ。
なんとも言えない…何とも言えないんだ…。

看板屋さん(貸したやつも張ったやつも)は幸せになればいいと思う。彼らはいいやつだ。も、さ。自分殺しかけたゲス野郎のためにストロー付きのジュース運ぶとか何なのこの子。しあわせになれ。

モヤモヤする映画だった…ただ悪くないってのがまたモヤモヤした(笑)ぐぅぅぅぅ(´・益・`)
>|