スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

daisak

daisakの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

思ってたより重くなくて良かったけど
触れている問題はタブーだらけ。
カースワードてんこ盛り。

ブラッズ&クリップス法案の話しの伏線回収の仕方が秀逸💯
怒りは怒りを来たす…暴力は連鎖する。
それならこの感情のやり場はどこなのか、道道考えましょう。
oikawa

oikawaの感想・評価

3.5
ひとを許すことって大事だよね。
ってそりゃわかるんだけど、
なんだろう。
嫌いじゃないけど好きじゃない。
良い映画なんだろうけど。
日本昔ばなしとかで学ぶことじゃね?
踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.5
こちらの期待値が高過ぎたからなのかもしれないが、あまり心に響いて来る映画だとは思えなかった。発端となるレイプ事件について丁寧に描かれないため、一体それによって娘を失った母の怒りがどれくらいのものなのか分かりにくい印象を受けたのだ。回想シーンを挟むことでそうした弊害は防げたはずで、だからこのあたりも監督の計算ずくなのだろうと思うのだけれど……観ながら想起したのはデヴィッド・フィンチャー『ゾディアック』だったのだけれど、人間の心理のどす黒い部分を描くことには成功していると思う。正義の名のもとに手段を選ばず悪事に手を染めることの虚しさ、そして和解……そこまで持っていくためのストーリーの説得力が今ひとつ弱いと感じられる。もう少し「ベタ」な話に持っていっても良かったのではないか。主張したいことは分かるだけに、この映画を手放しで礼賛することは出来ない。
人の優しさや支えを思い出させてくれる。

偏見や差別など心に余白がなくなった人が過激に物語を加速させていくけど、周りの人達の支えがあることを常に忘れてはいけないのだと感じました。

終盤にかけての希望も、現実の厳しさを知るのですが「目標」と「ゆとり」が垣間見えたあたりに救いを感じました。

疑心暗鬼な気持ちや理解出来ない事への暴力が少しでも減ったらいいですね,,,
劇場公開を見逃し後悔←
今更ながらTSUTAYAでレンタルして鑑賞。脚本にとにかく引き込まれた。ご都合主義だとかそんなことは気にせずひたすらに引き込まれた。鑑賞後はとにかく余韻に浸っていました。

脚本力もさる事ながら、やはりミルドレッド役のフランシス・マクドーマンドの演技力。強さの影に見え隠れする弱さが上手く表現出来てたのかなと。
真の優しさを持つウィロビー署長、中盤までクソクソのクソだと思ってた人間味溢れるディクソン巡査も本当に良キャラ。大好きな映画です。

このレビューはネタバレを含みます

根源的な悪は別の場所にあるのに、怒りの矛先を間違った方向に向けてしまい、怒りが怒りを来す。見えない敵に苛立ち、憎しみ、目に見える第三者を傷つけてしまう。これ収集つくのかなぁと思ってみてたら、良い感じに終わっちゃうのね。久しぶりに見入ってしまった。
ラストがいい
Mito

Mitoの感想・評価

4.5
技巧派感
>|