スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

4.2
いやぁ、すごいものを観た!
観ていて色んな感情に襲われてしまった!怒りだったり悲しみだったり、希望を持ったり絶望したり…。ムカつきすぎてミルドレッドと一緒に発狂しそうになったり。笑
こうやって登場人物に移入できる素晴らしい脚本と演出と役者さんの演技力!に心の中で拍手喝采でした。
テーマは一見暗そうだけど、先の読めない展開で全く退屈してる暇無しでした!
ラストも『ここで終わったら最高の映画だッ』と思ってた所で終わってくれてにんまり。賛否両論ありそう。けど、サスペンス映画では無いから良いと思います。
まだまだ書きたいことあるけど、うまくまとまらないなぁ〜。
とりあえず、観てほしい。
面白いかった。子供を無くした親の本当の葛藤というか姿って感じ。けど登場人物にキチガイ多すぎ笑笑。
周りがみんなむちゃくちゃ良いって言ってるけど、そんなに好みでは無かった。クライムサスペンスだと思って観ていたのが敗因だと思う。最後の行っちゃう?みたいな感じと、もう別に怒ってない感じは好き。
2018 85本目
ずーっとちょっと泣きそうな感じ。
だけど湿っぽいお涙系ではない。
Filmoja

Filmojaの感想・評価

4.0
3枚の立て看板に込められた痛烈な怒り。
娘をレイプされ焼き殺された母親が、無能な警察に訴えるために掲げたメッセージ。
困惑と動揺、戸惑いと苛立ちが交錯する小さな町で、次第に孤立していく母親。ある事件を境に、主人公の置かれる状況はまったく別の展開を見せることになる。

とにかくエキセントリックな母親の行動に目を奪われがちだけど、その裏に潜む暗く深い悔恨に思いが至ると、他人事として片付けられなくなる。
末期癌を煩う署長と、その部下の保安官、別れた夫、教会の神父や地域住民。母親を中心に広がる怒りの連鎖が、偽善と悪意をえぐり出す。

無情に失われる不条理な命に対して、どう向き合うべきなのか、本作は答えを出さない。ただ人間の激情をありのままに映すことで、端的に赦しをも描いている点は見事だと思った。そして赦すということは、決して諦めることではない、ということも。

苛烈な人間心理を描き、正義の危うさに迫る衝撃の問題作。
うま

うまの感想・評価

-
みんないかれてる
素晴らし過ぎる脚本映画。
展開が1回も読めない。
演技もラストもカメラワークもすごく好きだ。
深く残る余韻。

フランシス・マクドーマンドの演技が素晴らしさを超えている事。
サム・ロックウェルの嫌なヤツを好演。
ウディ・ハレルソンがまた!いつも癖のある悪役ばかりなのに。
彼が残すそれぞれの手紙。

娘の部屋での「たられば」。
ファーストシーンの朽ちた看板。
鹿の美しさ。
冒頭、広告店に入るだけのカットをスロー処理する神経がわからん。
馬小屋での自殺シーンの貧相な照明。その後の手紙朗読シーンなどクソ映画の典型。
>|