スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

4.2
いやぁ、すごいものを観た!
観ていて色んな感情に襲われてしまった!怒りだったり悲しみだったり、希望を持ったり絶望したり…。ムカつきすぎてミルドレッドと一緒に発狂しそうになったり。笑
こうやって登場人物に移入できる素晴らしい脚本と演出と役者さんの演技力!に心の中で拍手喝采でした。
テーマは一見暗そうだけど、先の読めない展開で全く退屈してる暇無しでした!
ラストも『ここで終わったら最高の映画だッ』と思ってた所で終わってくれてにんまり。賛否両論ありそう。けど、サスペンス映画では無いから良いと思います。
まだまだ書きたいことあるけど、うまくまとまらないなぁ〜。
とりあえず、観てほしい。
脚本がよくねられている。性善説に希望が持てる。
アホなので内容が難しかった
私がキリスト教徒のアメリカ人だったらもっと色々思うところもあったのかなと

このレビューはネタバレを含みます

物凄い影響。
署長の手紙に泣いた。
終わり方にびっくりした。
サムロックウェルの演技が秀逸。てか、キャラ全員濃いな〜って感じの映画です。
メッセージ性が強く観ていてとても面白かったです。

原題は「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」で、名の通りミズーリ州を舞台にしています。ミズーリ州はアメリカの中でも、排他的な雰囲気を色濃く残す町で、低所得者が多いことからヒルビリーと言う俗称で呼ばれることも。

そんな彼らにスポットを当てた今作は、そんな中でも私たちは普通に生きているんだ、私たちはここにいるという事を、極端に象徴した映画だと感じました。

それを特に感じさせるのが、サム・ロックウェルと、フランシス・マクマドーンドの2人が演じるジェイソンとミルドレッドです。この2人の織りなす空気感をぜひ感じて欲しいです。

最初にも言いましたが、出てくるキャラがみんな濃い。どこか一癖二癖あるキャラばかりで久しぶりに深いキャラ作りっていうのを感じました。近年の中ではかなりエッジの効いた映画ですので、ぜひ観てみて下さい。
Ohu

Ohuの感想・評価

4.2
以前より気になっていた一本。やや蛇足とも言える箇所もありましたが、心に残る作品となりました。殊に主演女優賞を勝ち取ったフランシス・マクドーマンドの安定した演技(神父との対話シーンは強烈)に釘付けになり、助演のウディ・ハレルソンとサム・ロックウェルらとの掛け合いも良かったです。物語は至ってシンプルですが、役者たちの絡み合いによって肉付けされていく構成にぐいぐい引き込まれました(ウディ・ハレルソン扮する署長の嫁の顔が整い過ぎて若干注意力の妨げになりましたが)ターニングポイント後のサム・ロックウェルが美味しいとこ持っていく流れは良いんですが、序盤がちょっとやり過ぎなようにも感じました。予想していたほどテーマが重くもなく軽過ぎず、概ね予想通りの展開でしたが、見て損はない秀作だと思います
大くん

大くんの感想・評価

4.2
私はこの作品に関しては爆発的な良さがある作品ではなかったです!しかし、人に対する怒り恨みの感情!その隙間にある優しさの感情!それぞれが孤立して交わろうと必死に葛藤している、その感じが観ていて人の感情や身体の痛みについて考えさせてもらえる作品になっています!
Kamezow

Kamezowの感想・評価

4.5
久しぶりにすごい!と思う映画。
登場人物の誰もが素敵で、汚くて、人間くさい。明るい映画じゃないのに、観終わった後はなんか清々しい。
キタダ

キタダの感想・評価

4.0
2018.11.20
ソウタ

ソウタの感想・評価

4.0
なんか不思議な感じ
>|