スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

4.2
いやぁ、すごいものを観た!
観ていて色んな感情に襲われてしまった!怒りだったり悲しみだったり、希望を持ったり絶望したり…。ムカつきすぎてミルドレッドと一緒に発狂しそうになったり。笑
こうやって登場人物に移入できる素晴らしい脚本と演出と役者さんの演技力!に心の中で拍手喝采でした。
テーマは一見暗そうだけど、先の読めない展開で全く退屈してる暇無しでした!
ラストも『ここで終わったら最高の映画だッ』と思ってた所で終わってくれてにんまり。賛否両論ありそう。けど、サスペンス映画では無いから良いと思います。
まだまだ書きたいことあるけど、うまくまとまらないなぁ〜。
とりあえず、観てほしい。
village123

village123の感想・評価

4.0
娘をレイプされ、殺害された母親がいた。7ヶ月経っても警察の捜査に進展が無いことから、彼女は3枚の立て看板に警察署長宛のメッセージを掲示する。

謎解きミステリーやサスペンスでは無いので、犯罪捜査を期待して観るものではない。
被害者の母親と警察の人間関係が中心で、お互い無茶苦茶でどうなるものかと思っていたが、それだけで終わらなかったのが良かった。
淡々としつつも残り火が燻っているような執念を感じたが、ゆったりした音楽の影響か、不思議と心地よさも感じた。
本当は良い人たちの極み
somebody

somebodyの感想・評価

4.5
TOHOシネマズ #180204

人は良い人悪い人の一面だけでは語ることができない複雑なものなんだと、
正しい選択なのかどうかなんて道道考えればいいんだと教えてくれた映画でした。
うーん。
やち

やちの感想・評価

4.0
勧善懲悪ではない話

これ舞台は現代でいいのだろうか。
Nori

Noriの感想・評価

3.5
結局は何も変わっていないのだけど
怒りは怒りを増幅される
悲しみは悲しみを呼び込む
思いやりは思いやりを生む

ちょっとした思いやりを持つ事で、自分も生活や周りも変わる。
ayapork

ayaporkの感想・評価

4.3
言葉にしてしまうと陳腐な気がして。
>|