スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

はやと

はやとの感想・評価

4.7
音楽最高。演技も抜群。
脚本もgood。
YOU

YOUの感想・評価

3.8
観てる途中、心が苦しかった。
「悪いのはこの人!」
という人物がいなかったからかな?
いったいどうすれば、みんながうまくおさまるのか。
ハッピーになるのか。
このままいったらどうなるの?!

…と、辛い気持ちで観てました。
結局、憎しみからは憎しみしか生まれないってことなんですよね。
誰かがどこかでたちきってくれないと終わらない。
みんながずっと辛い気持ちのまま…。

ラスト。
彼らはきっと断ち切ってくれた…と、私は思ってます。
MINA

MINAの感想・評価

-
濃かった。
とても濃い人間ドラマ。
オレンジジュースを入れてあげるレッド、とても優しい。

カントリー、フォーク音楽が流れる中、こんなにハードな人間たちの心模様あるかね。火炎瓶投げたくなる。歯医者のシーン思い出すたびに奥歯が痛む。この年のベストに入った映画作品でした。憎しみからはなにも生まれないが、人間が憎しみを生み出し続ける限りまた、優しも生まれ続けるのではないかね。
期待値高めで観たけど上回った。
無茶苦茶なことだらけだけど、出演者みんな憎めなかった。
close

closeの感想・評価

4.6
めちゃくちゃおもしろかった

登場人物みんなユニークだし、それぞれちゃんと悩みを抱えている姿が見える。
広告張り出しただけで街全体人それぞれが徐々に変わって行く展開がそれぞれ奇抜

衣装、美術含めフレーム内のミネソタ州の片田舎っていう世界も人物とうまくあってて魅力的
たま

たまの感想・評価

4.5
怒りは怒りを来たし、赦しは赦しを呼ぶ。
善人と悪人に区別する様な単純な映画ではなく、人間の持つ複雑な面を炙り出している。善と悪だけでなく、愛も憎悪も後悔もあれば迷いもある。小さな箱にぎゅうぎゅう詰めに物を詰め込んだような映画。
発端はレイプ殺人であり、暴力シーンも多々あり、教会の虐待問題や、軍の海外派遣での蛮行、警察の黒人への差別的行動も、さらりとストーリーに組み込まれていた。とはいえ、やはり人間を描いた映画。
ラストシーンの描き方と台詞がこの映画をより一層深めていると思う。
そして、オスカー受賞の2人の演技に震えた。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

物語も(出来事の明かし方も含めて)面白いけど、たとえば炎上する看板を消火するシーン、並みのカメラなら人物の表情に寄りたくなるところ、冷徹に看板の距離を捉えるあたり、この映画のタフさを感じて好かった。
仁

仁の感想・評価

3.7
記録 2018.11.19
2018年11月19日
WOWOWで録画していたのを見ました。

昨年の話題作
前々から見たかった作品
やはり、面白かった。
圧倒されました。
ラストは、え…?
余韻がまだあります・・
しばらくこのままで・・・
>|