スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

はやと

はやとの感想・評価

4.7
音楽最高。演技も抜群。
脚本もgood。
うどん

うどんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

事件が解決しないのに、最後に残る幸せな余韻はなんだろう...

解決しなかったから-★1

怒りに飲み込まれて自分を見失うことの愚かさを教えられた気がしました。
終始辛く、苦しい映画だったけど、最後の二人の「あんまり...」の一言で背景の美しいグリーンのような爽やかな気分になれました!

映画のその後...犯人捕まっていますように。
sena

senaの感想・評価

4.6
ベテラン俳優陣の圧倒的な演技力。

3つの看板からここまで一人一人の物語がなるとは思わなかった。

複雑な心情が絡まっていて、
ラストまで圧倒されていた。
KH

KHの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

誰一人として報われない

強姦殺人で娘を失ったミルドレッドは8カ月たっても捜査に何の進展もない警察にメッセージとして看板を設置する。郊外の辺鄙な場所に設置された3枚の看板が次第に話題になっていきっていうストーリー

これは鑑賞後、心地の良い虚無感が得られました。
憎むべき対象がないと自分の煮えたぎった憎悪をどこにぶつけていいかわからないやるせなさ。これは偽りなき者のレビューでも書いたけど悪役とされる対象がいる映画はどんな胸糞映画だろうと案外平気なんですがこういう誰を憎むべきかわからない映画は結構きついですね、それに憎しみが連鎖していって最初の目的もぶれているんだけど振り上げた拳を何も進展がないのに下すことはできなくて泥沼というかみんながみんな弔い合戦みたいになっている。
相手を許すかどうかと考える人もいるかもしれないが自分は「自分自身にどう折り合いをつけるか」だと思った。
波空歩

波空歩の感想・評価

5.0
3人の人間性さることながら、登場人物の全員が凄まじく面白い。

気持ちや胸くそ悪いのに、終始心地良い。私にはそんな映画でした!

たわいもない会話はたわいも無いがそれも必要なのだろう。それがこの心地良さ滲むのかな。不思議。
キリン

キリンの感想・評価

4.1
タイトル通り、3つの看板から始まる物語。娘の為の復讐劇と思って観ていると、警察署長の抱える葛藤であったり、暴力警官の人間としての成長であったり、ブラックユーモアたっぷりの怒涛の展開で物語はあっという間に進んでいき、いつのまにか、えっ?こんなとこで終わるの?って所で終わってしまう。けど不思議と不満は無く、良い映画を観た満足感に満たされる。マクドナー監督が実際に旅行中に見た看板にインスピレーションを受けて作られた映画らしいけど、何気ない日常をこんな大作に作り変える才能にはただただ脱帽。

このレビューはネタバレを含みます

ネット考察により、なーんにも分かってなかった事に驚愕中...。タイトル、古い看板の映し出される順番、舞台となるミズーリ州、何よりも劇中歌と全て意味があった...。この映画は登場人物がことごとく勘違いを重ねた結果、事件解決から遠ざかってしまう物語だと。伏線まで理解すると最早唖然としか言いようがない。監督?脚本?とりあえず天才か。出来ることならそのサイトのURL貼り付けたい。誰か同じの見た人いませんか〜
酷い殺され方で娘を失った母親が
3つの広告看板にメッセージを残し、
犯人捜査が進まない苛立ちを見せるので
犯人逮捕、事件解決への流れのストーリーかと思いきや、良い意味で違った視点の映画でした。
暴力的なシーンや暗くて重い感じの中、
シカに話し掛けるシーンとストローの角度も気にして、
オレンジジュースをそっと置くとこ、
優しくて良かったです(´ー`)
母親と2人の警察官を中心とした人間ドラマの様だったけど、
登場する人全てが個性があって興味深かったです。
lidnm

lidnmの感想・評価

4.5
Mildred Hayes: This didn't put an end to shit, you fucking retard; this is just the fucking start. Why don't you put that on your Good Morning Missouri fucking wake up broadcast, bitch?
なばる

なばるの感想・評価

3.9
見終わった後に胸に沸いた感情をどう言えばいいのか。何も言葉にできなかった。とにかく、彼らが明日に向かってくれてよかったとしか。

誰かを許すことは、誰かを憎むことよりもずっとはるかに難しい。
それを痛感しただけに、あの病室で渡されたオレンジジュースを思い出して改めて涙が出た。
>|