スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

お涙頂戴系でもなく、魂を揺さぶる人情派系でもなく、ハラハラドキドキのサスペンスでもなく、胸深く突き刺さるものも無かった。私にイマイチfitしなかっただけ。

街道沿いの大型看板使って個人攻撃するってのもイマイチ、それが原因か否かはわからずもターゲットが自殺するってのも…

駄目駄目警察官が更生したようなしていないような。レイプで娘を失った母親の言動行動ともに完全にイッチャってるし…

終始バタバタしている感じで重厚感ありそうで無かった印象。

話題作、アカデミー賞ノミネート作品に釣られ鑑賞するも残るものは無かった。

⭐️教訓⭐️家族を送り出す時は、必ず明るく送り出そう。喧嘩したまま、有事で戻らぬ人になったら後悔が倍増しそうだから。
shima

shimaの感想・評価

3.5
監督マーティン・マクドナー渾身の作品。凄みがあった、、
苦しくて辛い作品、、見ていて辛かった、、ということでこの評価。

娘をレイプされ焼き殺された母親が主人公。

もうそれだけで、同じ年代の娘を持つものとしては、どんな内容でも、結末でも救いがなく苦しいのですが、この母親(フランシス・マクドーマン)の、やりどころのない憤りと復讐心と、、それぞれの思い込みや勘違い、ボタンの掛け違い、そんなことから負の連鎖が、、、

本当に悪いのは犯人だけ。
登場人物に悪い人はいないのに、、
ちゃんとみんな同じ方向を向いているのに、それが見えない、信じられない。
とてももどかしい。

人の心理って、こういう風に悪い方向に取り返しのつかない方向に転がっていくのかも、、と誰にでも起こりうる心情の変化の図式が見えたようで、怖かった。

つらくて息苦しい作品ではありましたが、凄みのある見応えある作品でした。

誰もが納得する安易な結末や落としどころではなく、どうして?という部分が実にリアル。フィクションだけどノンフィクションのようなリアリティがまた、、怖い。

ラストシーのその先は、、わたしは2人を信じたい。

飯田橋ギンレイホールでは7/27(金)まで。
mnyan37

mnyan37の感想・評価

4.7
許しの映画。
説教くさくなりがちな舞台設定やストーリーも、キャラクターの妙でユーモラスに魅せていく。
もはや爽やかさすら感じる。
全ての登場人物が、人間臭くて愛おしい。
Hakhakhak

Hakhakhakの感想・評価

3.8
意外と面白い
aikophone

aikophoneの感想・評価

3.5
んー。そこまで大絶賛されるか。

なんとなーく、2016年の「怒り」に通じたものがあるかなぁ。
犯人は誰なんだ?とかそんなところではない感じ。
一番最高なラスト
すごく良くできた脚本!伝えにくいテーマがこんなに面白く描けるなんて!
そら

そらの感想・評価

4.7
じわっとくるものが多かった。
深い、深ーい映画でした。
これ、映画館で見てたらやばかった。
ピーターディンクレイジってなんでも出来ちゃうのね。
Meg

Megの感想・評価

4.5
クライム映画かと思って鑑賞したら、素晴らしいヒューマンドラマだった。3枚の看板広告によって、3人の人生が予想外の方向へ変化していく。その途中で明らかになる3人各々の秘密が、また観客を「ああ、そうだったのか……。だからこんな事をしたのか」と納得させる。本当に巧みな脚本。そして俳優達の演技合戦も迫力アリ♪これじゃ助演男優賞に一作品から2人がノミネートされることも無理はないなと。
ラストが中途半端だったという意見も読んだが、私はあれで良かったんじゃないかと思う。きっと2人は殺さない。2人の止まっていた時間が動き出して、少しずつ明るい方へ向かうのだろうと感じた。だって笑顔だったもん。
プレーヤーは割とみんな狂ってるけど、それぞれにちゃんと味方がいるのが救い。町のみんなが知り合いでウェットな人間関係だからこそやり方が過激でも赦せるのか。。。
>|