スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

展開が面白すぎる
平岡

平岡の感想・評価

5.0
最高。脚本、演出、キャスト、全てが心底素晴らしい映画。
登場人物、全員が憎めず、全員に何らかの事情があって、打算的でもあり、そして全員、割り切れない想いを胸に抱え、毎日を生きている。

不条理な悲劇が起こった時、果たして当事者の自分も悲劇の一因を担っていなかったと言い切れるのだろうか。
もし、自分も悲劇の一因を担っていることに心当たりがあるとしたら、あの時こうすれば良かったなどと後悔していたら、自分の非を真正面から受け止めることは出来るのだろうか。
人は、傷付き、悲しみ、後悔している惨めな自分を真正面から受け止められない時、同情や憐れみを侮蔑と感じ取り、怒りで心に鎧を纏うのだと思いました。
大味な勧善懲悪が好きな方は観ないほうが良いです。
警察による人種差別、米映画界の性的被害にもリンクするいろいろなメッセージが散りばめられる中、誰構わずとハーコーな姿勢を貫き通し歯向かっていくミルドレッド(フランシス・マクドーマン)、エビング警察の署長ビル・ウィロビー(ウディ・ハレルソン)、レイシストなバカ警官ジェイソン(サム・ロックウェル)の関係性が次第に変化していく目まぐるしい展開が面白い。

亡き娘アンジェラの部屋にスリーピースバンド、NIRVANA「IN UTERO」のポスターが貼られてましたが、このアルバムに収録されている「Rape Me」という曲と事件当日、娘をなじって言い放ったミルドレッドの言葉がリンクしてたり、この後のウィロビーの行動やジェイソンが部屋で銃を抱えたシーンでカート・コバーンを連想せざるを得ない90'sオルタナを通過してない方にはピンと来ないであろう描写があります。あとFruitLoopsとオレンジジュースを欲すフード映画としても機能する大傑作を放ったマーティン・マクドナーBigUg!

復讐の話で辛くて誰も幸せにならないようなことが淡々と起きてくんだけど、人間のやるせない気持ちとか葛藤と変化が主演の3人中心に描かれてて何回か泣いた
優しさとか安っぽい言葉でない感情がたくさん描かれてる

ラストで母さんのあの表情があったからすっと気持ちが晴れた気がした
しんどいけどしんどいで終わらないいい映画だった
3人の登場人物の行動と話の展開が予測不可能な方向へ行き、このくだりははたして必要なのかと考えたり、なんとも言えない不思議な感情で観ていたけどラストシーンでやっとまとまった気がする。
演技はとても見応えがあった。
ちあき

ちあきの感想・評価

3.7
カタール航空ありがとう
久しぶりに刺さる映画を観た。たった三枚の看板でそれに関わる登場人物達の想い、善悪への考え方の移り変わりが絶妙に表現されているし、最後の終わり方もいい。個人的にはサム・ロックウェルに一票。

映画って、ええでんなぁ〜
emuco

emucoの感想・評価

3.8
怒りや憎しみからは怒りと憎しみしか生まれない。個々の「負の感情」が織り成す、「復讐の連鎖」がまざまざと描かれていた。

尾崎豊ばりに(?)悪事しか働かないこじらせ系おばさんのミルドレッド。その事情が事情なだけに、やってることはえげつないのに、どこか応援してしまう…

優しいオレンジジュースが差し出された瞬間に、自分を痛めつけた人間に対してこれはできないな、、感情に突き動かされるだけでないこんな優しい人間になりたいもんだな、、と反省したのは私だけではないはず…

それぞれのキャラクターに感情移入してたら収拾つかなくなる、なんとも気持ちの整理が忙しい作品だったけれどとても楽しめた。奥底に存在する猟奇的な感情を呼び起こされるような、人間のリアルを突きつけられる感覚を味わった。
ShoUcchi

ShoUcchiの感想・評価

3.7
展開が凄まじい…
最後はなんとなくモヤモヤが残ってしまった…
yama

yamaの感想・評価

4.4
すごいもの観た。
なにあの終わり方。最高。
>|