スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

3つのビルボード。3人の登場人物。
こんなにも感情移入に忙しい映画はない。なんてクソヤローなんだ、と思ってても、しばらくしたらやっぱいい奴だな、とか、可哀想だな、なんて思ったり。本当に、観客たる自分含めて、人間は勝手だと思う。
娘をレイプされて焼殺された母親は可哀想だけど、余命わずかな警察官を大々的に悪者とするのも可哀想だと思ってしまう。みたいな、ことが延々続くんです。
最後には差別主義者で、乱暴で、マザコンな警官ディクソンを見直す。こうなった時にもうこの映画にスタンディングオベーションでした。最高。

結局、あの3枚のビルボードは必要だったのかなあ。
また書きます。
最愛の娘を殺されて何ヶ月もたつが未だに犯人が逮捕されない事に憤りを感じ、母親のミルドレッドは警察に訴えるような、言葉だけの巨大看板を街の通りに出した。そこからやっと事態は動いていくが…


親は強い。最後があの終わり方かぁって思ったけど、こういう終わり方でよかったのかもしれない
mintx3

mintx3の感想・評価

4.0
エンディングまで観て「え、これで終わり?!」って思う人とはたぶん映画の趣味合わないかな…笑
健太郎

健太郎の感想・評価

3.6
ふーむなんでこんな脚本思いつくんだろうてくらい話しがよくできていた

これは本当に飽きずに一気に観終えると断言できる

ただ人物に感情移入しずらく感じた

これは3つの看板の裏側
つまり登場人物3人の裏の顔が表と違いすぎるからだと思う

フェミニストが観たら喜びそう

このレビューはネタバレを含みます

事の発端からクライマックスにかけてまで、登場人物のほぼ全員の状況が好転どころか最悪レベルなのに、最終的に何だかちょっと温かい気持ちになれましたばい。
おもしろい
人間って良い面と悪い面があるのだなぁ
nnewao

nnewaoの感想・評価

4.1
許すことと諦めることと。苛立ちをどうにかしたいのに、どうにもできない辛さ。

真っ赤な看板かっこいい。
toro

toroの感想・評価

4.6
怒りは怒りを来す(Anger begets more anger.)って話。

無知と純粋は紙一重。

みんな口が悪過ぎて笑える。
あはは

あははの感想・評価

3.5
オレンジジュースが温かかった。
>|