スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

3つのビルボード。3人の登場人物。
こんなにも感情移入に忙しい映画はない。なんてクソヤローなんだ、と思ってても、しばらくしたらやっぱいい奴だな、とか、可哀想だな、なんて思ったり。本当に、観客たる自分含めて、人間は勝手だと思う。
娘をレイプされて焼殺された母親は可哀想だけど、余命わずかな警察官を大々的に悪者とするのも可哀想だと思ってしまう。みたいな、ことが延々続くんです。
最後には差別主義者で、乱暴で、マザコンな警官ディクソンを見直す。こうなった時にもうこの映画にスタンディングオベーションでした。最高。

結局、あの3枚のビルボードは必要だったのかなあ。
また書きます。
ハト

ハトの感想・評価

4.2
暗そうな映画だけどなんだかやさしい映画です。
扱ってる題材は重く暗いけど、エンタメ性も高く「ええ!?」と声が漏れそうになります。とてもおもしろかった。
重い想いと重い境遇のぶつかり合い。
それでも強く生きていこう、分かり合えることもあるさ、というお話。
主人公の過激な行動が多いです。

嫌いだった人に助けの手を述べられた時って、それまでの自分にとても後悔するのことってあると思います。
この映画で自殺の原因を作った人からは労いの遺書を受け取り、火傷させた人には犯人助けを手伝ってもらったり。。
うまくまとまりませんが、そんなことをちょっと考えさせられました。

このレビューはネタバレを含みます

思いのほかケラケラと笑いながら観た。車のガラス越しに映る日の光や、イヤフォンやバーの店内でかかるポピュラーミュージック。物語の外にあるものが、登場人物達に作用する(ように見える)。それはとてもロマンチックだった。

でも、脚本と役者さんが大事で、写ってしまうもの達には興味がないのかしら。モヤモヤ。
Watson

Watsonの感想・評価

4.2
派手ではない繊細な作品であったと思います。登場人物、主に3人だったでしょうか、3人の変わりゆく生活・心情が大きく揺れ動く作品でした。3枚の広告看板がどんな意味を持つか、見ていくうちにだんだんと知っていくでしょう。怒りがあるうちは冷静に、とても大切な事だと気付きました。あの時こうしておけば良かったなど、『後悔をするな』と問いかけられている気がしてきます。
612aki

612akiの感想・評価

4.9
"anger begets anger"


展開が読めない怒りの連鎖に疲れてしまいそうになる。主人公も、彼女を取り巻く人達も、どこかズレていて。彼らがそれぞれをそう思っている様に。


だけど、どうしても赦せないものを抱えた彼らが、少しずつ赦され赦していくところから、もう愛しくて愛しくて仕方ない!


抱えてしまった解けない大きな固結びは、やっぱり解けないんだけど、すこし糸が綻んだ様な優しいラスト。
彼らに、あの街に、この先小さな幸せがたくさん訪れる様に願わずにはいられませんでした。


#スリービルボード #オレンジジュースー!!😭😭ってなる #ThreeBillboardsOutsideEbbing,Missouri #映画 #movie
ゆう

ゆうの感想・評価

3.8
予想していたお話と違ったが
人物描写が丁寧で、ストーリーに入り込みやすく、面白かった。
最後はこれで終わりか、と少し拍子抜けした部分もあった。
>|