スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

film65

film65の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

とても不思議な作品だった。
怒りがふんだんに盛り込まれている一方で、思わずクスッと笑ってしまうユーモアも描かれている。

あのラストの終わり方はとても良かった。
「怒りで終わり」じゃなくて本当に良かった。
殺すのは乗り気じゃない、でも恐らく少なくとも痛めつけてやりたいと考えながら二人が車を走らせているのだから、普通であれば沈んだ気持ちになるはず。でも重くなりすぎず、何だかこう清らかな心地が良い終わり方だった。
それがまたこの作品を不思議な作品にしているように感じた。
tonu

tonuの感想・評価

3.8
UltraHD Blu-ray(4K)、DTS-HD MA5.1chで見ました。
Miri

Miriの感想・評価

5.0
飛行機で観た。ウディハレルソンが元々好きで観たけど、アカデミー賞作品らしいなぁっと思った。的確なコレといった答えが無い、見る側が考えなければいけないラストが凄くいいなあと思った。好き嫌いが分かれそうな映画だけど、アカデミー賞作品らしい 映画だと思った。
おだ

おだの感想・評価

4.4
見終わった後に「いい映画だった。」
ではなく、鑑賞中常に面白かった。

冒頭のシーン、題名でもある3枚のビルボードを写すフィルムだけ別のものだったのかな?象徴的に映し出してて印象的。
変な映画〜って感じ

観終わっても「変だったなぁ〜」
って気持ちだったけど
時間が経つにつれあの感覚が強烈になっていくというか…

今とってももっかい観たい作品
にしても変な映画

それって誰も予想し得ないってことだろうし
だから面白いんだろうなぁ
deepimpact

deepimpactの感想・評価

4.0
 アメリカはメイフラワー号での上陸以来、フロンティアスピリッツという名の先住民虐殺を経て建国し、農業のための奴隷をアフリカから大量に輸入した歴史を持つ歪んだ国である。差別と殺人がアメリカの特徴なのだ。その歪んだ国の中でも特に差別の激しい片田舎を舞台にしたのが本作品である。
 ムラというのは村八分という言葉に代表されるとおり、共同体の利益や風習に背くものを迫害する。価値観の多様性を認めず、異分子の存在を許さない一元主義なのだ。アメリカは国全体がムラである。しかも銃社会である。銃を使って異端を排除してきた歴史がアメリカの精神性に深く刻み込まれている。
 登場人物たちは根っからの悪人という訳ではないが、ムラ全体を覆う差別意識と一元主義に人格をスポイルされていて、他人を許さない人間ばかりだ。しかし物語が進んでいくと、少しずつ互いを認め合う部分が現れてくる。まだまだ希望と呼べるほどの代物ではないが、僅かながらその兆しはある。
 自分だけ得すればいい、今さえよければいいという、不寛容に満ち満ちた現代のアメリカにあって、この映画の存在価値はもしかすると大きいかもしれない。
あたしを抱いてフランシスマクドーナンド
そしてこの映画のキャラクター全員に抱かれたい
そしてこの映画作ったすべての人に

観終わったあとはむしろサムロックウェルのキャラクターがじわじわ効いてくる

愛がある目でものごと見ると、話はとても不思議な方向へどんどん進むのよね

ああ感情が動かなければ脚本に意味があるものか

芸術はやっぱり感情を動かすものだよ

これはDVDほしいです
oyamasan

oyamasanの感想・評価

3.0
みんな暴力的なんだから~
RiN

RiNの感想・評価

4.2
映画作るの上手いなー!!!って終始思わせてくれる1本でした。
最初はね、ダッセェタイトルだなって思ってたんですよ。
「スリービルボード」ですもん、まんまじゃん、ひねれよ、ってね。
だけどね、映画を観ていくと、このスリーの意味、そしてビルボードの意味に気付かされる。

まずはスリー。
言うまでもなく3枚の広告のことでもあり、物語の3人の主人公のことでもある。
1人目は、娘を失った母親。
このひとの、「8歳以上の男性のDNAサンプルを管理する」って意見、もちろん非人道的だし非現実的かもしれないけど、実現したら泣いて喜ぶ女性多いだろうなと思いました。
2人目は、町民に愛される警察署長。
愛する妻と子供たち、そして町民や同僚にも愛される思慮深い人物でした。
ウディ・ハレルソンって本人ぶっ飛んでるのに常識人の役もすんなりいけてすごいですよね。
そして3人目、不良巡査にして、女主人公を目の敵にするマザコン野郎。
終始クズなんですが、アメリカ映画ってクズがいい仕事すると名作になる。

そんでもってビルボード。
もちろん広告という意味なんですが、映画の中ではかなり「報道」って意味でも使われていました。
事実と、事実を切り取って再編集した「事実風のニュース」たち。
メディアが民衆を煽ることについてかなり前から各所で問題になっていますが、ここ最近さらに酷いですよね。
そんな社会問題にも(主人公たちの意図せぬところで)しっかり釘を刺しているストーリーだったのかなと。
タイトルの意味をしっかり回収し、さらに映画としてもクライマックスを3人分用意し、余韻たっぷりのエンドロールに持ち込む。
映画作るの上手いなー!!!(2回目)
>|