スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

film65

film65の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

とても不思議な作品だった。
怒りがふんだんに盛り込まれている一方で、思わずクスッと笑ってしまうユーモアも描かれている。

あのラストの終わり方はとても良かった。
「怒りで終わり」じゃなくて本当に良かった。
殺すのは乗り気じゃない、でも恐らく少なくとも痛めつけてやりたいと考えながら二人が車を走らせているのだから、普通であれば沈んだ気持ちになるはず。でも重くなりすぎず、何だかこう清らかな心地が良い終わり方だった。
それがまたこの作品を不思議な作品にしているように感じた。
無能な警察を批判する三枚の看板を掲げる事で娘を死に追いやった犯人の捜査を促す母親❗️
それによって起こる色々な軋轢❗️
警察署に火を放った母親は虚偽のアリバイで罪に問われない事に違和感が…
そして犯人がわからないままエンディングを迎えるのは何なんだ❗️

消化不良❗️

オレンジジュース飲みたい❗️
bell

bellの感想・評価

3.5
記録用
MURSJ

MURSJの感想・評価

4.3
「先延ばし」が人生に救いを与えることもある。解釈と行動を他人に委ねず、性急な結論を下さず、苦しみ考え抜くことで、人は変わることが出来る。苦難を恩寵として受け止めるための現代の神話と、アメリカ的「自由」の表明。
自分ではどうにもならなくて、やりきれない思いをどうぶつけたらいいだろう?
もがき苦しんで、暴れれば暴れるほど、自分の思ってる方向とは別の方向へ向かってしまう。
見ているこちら側もそんなどうにもやりきれない思いに葛藤させられる。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.9
先がわからなくて面白かった!
Terry

Terryの感想・評価

3.8
2018/07/19 鑑賞
sorahi

sorahiの感想・評価

2.0
「この広告が刺激になればと」

期待して観たのだけと、ひどく嫌悪感の残る映画でした。
むやみやたらと刺激を埋め込んで作っているけど、中身は空っぽ。憎しみの激突を描いただけ。

3枚の看板も、結局「怒りが怒りを来たした」ほかに、いったい何の役に立ったと言うのだろう。

あわせて、随所ですごく差別的な意図を感じました。私だけ?
・犯人探し、あまりにもご都合主義的だし、なぜイラク帰還兵を暗示する?
・ウィロビーの後任の署長はなぜ黒人なの?なぜ人種が反目しあう姿を描くの?主題と関係ある?
・ミルドレットの理解者として小人を登場させる意味、何?

タネ明かしはあるのかも知れないけど、そんな現代アメリカ批評は興味ない。映画には人類普遍の真理を描いて欲しいです(私の希望)。

オレンジジュースの場面だけ、好き。

「期待させて悪かった」
これは凄い映画です。マクドーマンド強い。また観たい。観たいけど心がしんどい....
人間が良い!

サム・ロックウェルなんかすごくムカついてすごく良い!

なんだかわかんないけど、良い映画だったよ!
>|