スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

film65

film65の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

とても不思議な作品だった。
怒りがふんだんに盛り込まれている一方で、思わずクスッと笑ってしまうユーモアも描かれている。

あのラストの終わり方はとても良かった。
「怒りで終わり」じゃなくて本当に良かった。
殺すのは乗り気じゃない、でも恐らく少なくとも痛めつけてやりたいと考えながら二人が車を走らせているのだから、普通であれば沈んだ気持ちになるはず。でも重くなりすぎず、何だかこう清らかな心地が良い終わり方だった。
それがまたこの作品を不思議な作品にしているように感じた。
yondu

yonduの感想・評価

4.3
人間は許す事の出来る有機物である。そしてチャッピーはボコボコにした後で許す無敵の無機物。署長も母ちゃんもクソ警官も小人も看板屋も息子もみんな苦しんで許してそんでまた生きていくと。みんなで苦しみをシェアしている感。
まつ

まつの感想・評価

4.0
ヒューマンドラマ、母は強し。
yum

yumの感想・評価

3.6
小さな町で起きた事件を静かに淡々と描いているのに、何が次に起きるのか、予測できない展開はまるでアクション映画を観てるよう。
大胆な母親の行動には、愛情や後悔や怒りが計り知れないほど詰め込まれている。周りの主要人物も複雑な人が多く、話が失速することない脚本と、それを肉付けした俳優陣の演技がすごい。
誰もハッピーになる予兆が見えずパッと終わったのでその演出が気になり、その後が気になる、、。
pipipiyo

pipipiyoの感想・評価

4.0
感想をまとめるのが難しい。。

苦しんでいる母親に手紙を残す署長
その署長の願いを汲み取り、看板を維持する母親
怒り狂った母親が付けた火でヤケドしながらも資料も母親も守った警官
大ケガさせられた相手に飲みやすいようにジュースを差し出す人

レイプ犯探しはサブストーリーの様に感じました。
憎しみや復讐の連鎖を自分で止める。
なかなか難しい。
思ってたより静かだったけど最高の映画だった。
特にエンディングが好き。
登場人物それぞれに重みがあって、映画の魅力がより高まってる。
Toshiki

Toshikiの感想・評価

5.0
2018/12/15

思いがけず名作。
今覚えてる範囲なら、2018年見た映画で1番良かったかも
ラストとても熱い
たま

たまの感想・評価

4.5
あのラストはこれ以上ない救いでしょうよ。
>|