スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

yukkafilm

yukkafilmの感想・評価

4.4
いや、ひさびさにグッとくる映画を見た。映画館で見逃したというのもあるが、ちゃんと英字幕で見たかったのだ。

え?なんでこうなるの?って結末にはビックリ。まぁ、私はあの後もちろん二人でヤり遂げたと思いますが。

Mrs. ミルドレッツがもうシリアルママ並みのキレキレキャラで、アタイのビルボードの邪魔する奴は皆んなブッ殺すっ!てていなんで笑 あのー本当のシリアルキラーは一体誰なんでしょうかね笑 っていう疑問は沸々と生じたのですが。

ディクソンもあぁなんとも言えない絶妙キャラで、映画の前半あんなに憎たらしくてお前なんか焼かれ死ねと思うくらい嫌な奴だったけど、最後いきなりいい奴になんのは超不思議。

キャラ設定と展開の読めなさ、合間合間の笑い、それとフランシスマクドーマンドの熱演が絶好調な大変面白い映画だと思います。
アメリカ映画だけどSwearingがイギリス、いやアイリッシュ流だった。スラングは汚ければ汚い程良い。
eriii

eriiiの感想・評価

4.1
2018年見逃した映画シリーズ。
重めな物語かと思いきや、テーマは重いけど主人公は破天荒だし警察ははちゃめちゃだしところどころ笑えるところもあり、でも家族の物語もありちゃんと問題提起もしていて、ストーリーも面白い。
バランスの取れた映画でした。
この作品は人物像を多面的に切り取っていて、必ずしも正しくない行動をする人間が悪人ではないし、正しい行動をとる人間が善人でもない、人間には幾つもの表情があり、その人物の一面だけを見て判断する事は難しいと感じさせる作品に仕上がっている。
登場人物が一見矛盾しているような行動も、感情が揺れ動き続けている精神状態を強く表していて、芯の人間的部分はリアルでその人物しかわかり得ない行動まで発展していく展開にどんどんと映画の中に入っていけるような作品。
ヤマサ

ヤマサの感想・評価

4.3
イカれてるおかん
KKkkk

KKkkkの感想・評価

4.6
様々か感情、登場人物それぞれの感情がうまく表現されてて複雑な気持ちになるけど、最終的に勇気もらえるいい作品でした
KZ

KZの感想・評価

3.9
怒りと許し。
その形は様々。
ただ自分を許せない怒りは身を滅ぼしながら答えを求める。最後のシーンは滅びの美がある。
Hxx

Hxxの感想・評価

4.0
冒頭からこの町で何があったのだろう?と一気に引き込まれ、予想できない展開にどんどん先が見たくなる。
すっきりしない終わり方で後味が悪い感じだったけど、後からじわじわ来る。
アメリカの閉鎖的な地域での差別等について全く知識がなかったので、様々な解説に助けられた。改めてもう一度観てみたい。
pfeq

pfeqの感想・評価

3.0
出だしが神

これ見てる人どうせ見終わった後に見てるだろうから書いておきます。
ある人の解釈が有名になってますが、私が見て分かったことは
・署長が犯人
・レイプしている最中に血を吐いてしまい、焼くしかなかった
・その後奥さんとのセックスは騎乗位(吐いても大丈夫だからだろうけど、わざわざ遺書に書くな)
・別のレイプ犯に2人で殺しに行ったところで返り討ちに遭う可能性が高い
くらいです。

分からなかった部分
・オスカーワイルド
・シェイクスピア
・鳥がガンになるのかという話
です。多分もっと分からないんだろうけど、それくらいしか覚えてない

あとはもっともらしく色々解釈できるんだろうなと思いました
3枚の英文は文法がレイプされて死んだとしてはおかしいらしい(妹曰く)ので、死にながらレイプした と読めるらしいので3枚の看板からもう犯人は分かる感じになっているってのは合ってるのかなと思いました

楽しんで自分なりに推測するのが楽しいのかなと思います
>|