スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

4.0
‪「スリー・ビルボード」‬
‪やば、マジで傑作中の傑作だった…‬
‪やっぱ俺、フランシス・マクドーマンド好き。「ファーゴ」の時からファンなのですよ。ウディ・ハレルソンとサム・ロックウェルも好きすぎるわ。最高の役者だと思った。‬
‪この作品、意外と笑えた。いや、結構笑った。‬
K

Kの感想・評価

3.5
キャラクター全員個性強いけど誰一人として憎めない。
感情が目まぐるしく
最後まで引き込まれていく
暗いところから清々しささえ
人の様々な側面が描かれている
フランシスマクドーマン
濃い。とても短く感じた。この筋立てでお涙頂戴の美談になりました、なんてことはなくてクソ野郎もキチガイ婆さんもトゥインキー署長もあいつもこいつもみんなみんな生きていて殺したいほど憎いアイツも怪我をして苦しそうなアイツも同じアイツで人は触れ合ってすれ違って関係ないことで八つ当たりしてそれでも何かのきっかけで笑えるなら、それはそれで救いのひとつなんではないかな。
これは人間のドラマだと思う。美談ではない。人間の汚さと美しさだ。
キャスト全員が個性的で存在感がありました。
時間の経過と共にキャラクターたちへの印象が移り変わるのが気持ちよく、ブラックながらクスッと笑えるコメディ要素もあり面白かったです。

見てすぐ全力で勧めたのに「新聞やテレビはシェイプ・オブ・ウォーターっつってんぞ」と聞く耳を持たなかった親に買った円盤を見せたら「めちゃめちゃ面白いな。いつやってたんだ」と言われてブチ切れそうになったのもいい思い出です。

主人公の元旦那の彼女がめっちゃ好きなキャラです。
Hommy

Hommyの感想・評価

-
あっという間に終わる印象。凄く良かった。
負の連鎖がもたらす様々をつめこんでるけど、すこしも涙は出ない。ただ、硬く結ばれてしまったものが少しずつ解けていく感じで気付けばエンディング。よくできた脚本だし、キャストそれぞれ演技がうまい。スコアも映像もエンディングもよかった。
憎しみからはやはり憎しみしか生まれないってはなしです。
新作旧作合わせても、2018に鑑賞した中で暫定一位かも。笑
小さな街で3枚のビルボードを立てた娘を殺された女性とその犯人を調べる署長や巡査のお話

「"苦しむ俺を見て君は心を痛めるだろう"」
もやし

もやしの感想・評価

4.7
音楽が良かったな。

あまりにも意味合いが複雑すぎて、結果的に難しい映画に思ってしまった。脳が疲れた。



主人公の娘がレイプされて焼き殺された。
捜査は難航し、主人公は皆の言う、「道に迷った人かボンクラしか通らない道」にある古い看板に警察署の署長を批判するメッセージを書いた。
しかし署長は末期ガンであることを町中が知っており、町中から反感を買うことになり…



まずやっぱり見てて思うのは、世の中の不条理さについて。
基本的に世の中は理不尽であり、人の怒りや憎しみは強く蔓延り、人の思いは中々他人に伝わらず、嫌なことばかりが起こる。

でもそんな中でも人に伝わる思いや人の変化というものは確かにあり、それが人生を動かすこともある。


とても複雑なストーリーですが、結局のところ、この映画は世の中そのものの等身大のメタファーなんじゃないかと思う。
そう感じさせられる映画は少ないから、この映画はすごいと思う。



この物語の舞台の町が何とも閉鎖的で人間臭くて、とてもヒリヒリしました。

とても汚い台詞回しの連続でちょっと笑いそうになります。


個人的には自分が抱く社会観にとても近いものがありました。
辛い話ですが、最後の後味は不思議とそんなに悪くないです。


主人公が娘と不仲だったというのが何とも…
凄みのある話から、なんだか誰もが持っている優しさというか、愛というか、そういう部分を意識させるような雰囲気になっていくのが意外ながらとても心地よかった。
>|