スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

4.0
‪「スリー・ビルボード」‬
‪やば、マジで傑作中の傑作だった…‬
‪やっぱ俺、フランシス・マクドーマンド好き。「ファーゴ」の時からファンなのですよ。ウディ・ハレルソンとサム・ロックウェルも好きすぎるわ。最高の役者だと思った。‬
‪この作品、意外と笑えた。いや、結構笑った。‬
masakosama

masakosamaの感想・評価

3.3
息子がマンチェスター・バイ・ザ・シーの男の子。
コミュニケーションのシステムと人生の言い訳の話。自分の行動を、人生を誰しも正当化したい。譲れないという気持ちは、根拠によらず強いものだよね。

このレビューはネタバレを含みます

重く深い内容ながら、先が読めない展開や派手なシーン(署長自殺、窓からポイ、ビルボード炎上、火炎瓶などなど)が散りばめられていて、エンターテイメント性があって良かった。

▪️複雑な人間の心。
基本的には善良な心を持ち合わせている者たちが、立場の違いと、自分の内側の問題を上手く解消できないがために、他人を傷つけて負の連鎖に陥っていく。こういうごちゃごちゃした心を描いた映画、好きです。

▪️ミルドレッドの自責の念と、娘への想い。
ウィロビー署長が実は先が短いと告げた時、そんなことは知っているミルドレッドが「死んでからじゃ遅いでしょ(だから今ビルボードを立てた)」と言う。
後に娘が死んだ経緯を知ってから振り返ると「娘は死んでしまった。どうあがいても自分のしたことは取り消せない。だから、他人から批判されても、犯人逮捕のための努力をしないわけにはいかないのだ」と追い詰められていたミルドレッドの心に気づく。
一般的に考えてミルドレッドのしたことは正しくはないと思う。結局は他人(ウィロビー)を犠牲にして自分が救われたいというエゴ。でも、娘をレイプして焼き殺され、しかもそれが自分のせいだと思ったとき、一般的な「正しさ」とミルドレッドの中の「正しさ(何よりも犯人逮捕優先)」が食い違ってくるのは無理ないとも思う。

▪️レッドの優しさと強さ。
オレンジジュースをあげるシーンが一番すき。
どう考えても言葉一つで赦せるようなことじゃないと思うけど、レッドはそれをやってのけた。怒りは消えていなかったけれど、それよりも「すまなかった」と言ったディクソンの気持ちを汲んだ。怒りに負けず負の連鎖を断ち切った瞬間。

▪️「道道決めればいい」と言うけれど
ウィロビーはミルドレッドを
レッドはディクソンを
ミルドレッドは元夫を
ディクソンはミルドレッドを赦した。
そしてディクソンに「他に誰がやるんだよ」と言われて心から笑ったミルドレッドは、既に自責の念と憎しみとに捕らわれてはいない。
この終わり方、とても好きだなあと思った。
滝和也

滝和也の感想・評価

3.9
事件は燻っていた。
だが、三枚の看板により
怒りの炎の連鎖が
燃え上がる…。

その炎は思わぬ方向へ
延焼し…。

「スリー・ビルボード」

先の読めない過激な展開と延々と続く、怒りの連鎖と言う人の感情のぶつかり合いに、いささかヘトヘトになりました…。

そこにあるのは、アメリカ南部の田舎の現実なのかもしれません。未だ続く差別意識が根底に流れている上に、警察の怠惰や黒人への暴力が表層化している社会。本来最も信頼されるべき、警察を代表に信頼関係が消えた社会の病巣を抉り出してきています。

ぶつけどころのない怒りの行動を連鎖的に過激に描き出していく中で人間というものが本当に深く書き込まれていました。キャラのクセが半端なく、濃いストーリーです。

勿論、今作は行動することは是としていますが、後半その手法を否定して、自己を見つめ直すよう、諭してきます。神様=監督かの様に。怒りからの行動だけでは、何も生まれない…赦しの心をもって行動なさいと…。

多分にキリスト教的な観念であり、神の前では全ての人が平等であるとされているはずの国が全くそうでなく、皮肉めいた部分も感じざる得ない部分も多くありました。

ただ、考えさせられる映画であり、その結論は観衆に任せた、ある意味救いのあるラストだったと信じたいです。

フランシス・マクドーマンド、たまたま1本しか見たことがなく、これ程凄まじい演技をされる方とは知らず、驚きました。もう一方の主役、ウディ・ハレルソンの見事なクズぶり、そして無責任すぎるぜ、サム・ロックウェル(笑)と見事な芸達者が集まった作品でした。

社会派で皮肉めいた部分を良しとしない方も多く、また考えることを投げ込まれるため、賛否両論になりやすい作品だったことが、ファンタジーの体裁を取りながらも正面から差別を乗り越える愛を描いたシェイプオブウォーターにオスカーを奪われた理由かもしれません。しかし間違いなくそれに匹敵する重みのある作品でした。
satton

sattonの感想・評価

4.1
いやー、凄いものを見ました。よくこんな話思いつくなぁ。
3枚のビルボードが、様々な人の感情を動かし、衝突させていく。そして、怒りの連鎖が頂点に達したところで、「天啓」をも感じさせる決定的な転調のシーンが訪れるのだ。
赦しによって人は変われる。目を開かされたような気持ちになった。
救いのない展開なのに、なぜか希望を感じられるラストシーンも素晴らしいです。傑作。
pachi

pachiの感想・評価

4.0
娘が殺されてしまった母が、なかなか進まない捜査に腹を立て、家の近くの錆びれたOOH広告(道路沿いの看板広告)に意見広告を出したことから物語は動いて行く。
この広告をきっかけに、母と警察の対立が始まり、その周辺も巻き込まれていく。
ただ、憎しみは連鎖しない。
ミステリー謎解き系ともとれる話かなと思ったらそんなことはなかった。
『許す事』
これが一番人間にとって大切な事なのかもしれない。喧嘩してもどんなことされても先に『許す』ことができれば相手も変わる。環境を変えたければ自分が変わるしか方法はないと思ってますが、まさにそんな映画。何かがこじれるのって、この『許す』が圧倒的に下手な時や下手な人が原因なんだと改めて思いました!自分も改めて意識しなきゃなーと思わせてくれた映画。
#ぱち映画 #映画 #おすすめ映画 #おすすめDVD #movie #movielover #映画部 #映画好き #スリービルボード
milk

milkの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

遅ればせながら鑑賞。
ゲオにない!ということでTSUTAYA。

ラストははっきり描かれない大人ムービーです、ご注意。

田舎のアメリカ、人種差別とかまた日本人にはわからない部分はありつつ、3人の登場人物の気持ちの変化、とくに署長の手紙を読んでからはグッとくるシーンの連続。

オレンジジュースとワインのところは一度許せばいい、ってどこかの映画の台詞を思い出した。
とても良い。
>|