スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

SABO

SABOの感想・評価

4.0
色んな感情が錯綜するけど
道筋は1本なので見やすかった
言い切れない想いが漂い
あとは、任せた!って言われた感じ
終わり方が好きな映画
森翔也

森翔也の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「今 我々にできるのは
署長に敬意を表して
いつもの仕事をすることだ
よき警官たることだ」

と言いながら広告会社のレッドを2階から叩き落すシーンが最も印象深かったです。

ここで流れる優しい曲は「His Master's Voice」というタイトルで、Do you hear your master's voice?といった歌詞があり、これがディクソンの根拠だろうと思いました。
良い警官になれという署長の声が聞こえて、良い警官なら人を2階から人を投げたりしないだろう、けど署長の声が聞こえるからこいつを殴らずにいられない。

そんな、ディクソンの引き裂かれている心を表わしているように思いました。
奇妙でしたが、心温まる映画でした。
dandelion

dandelionの感想・評価

4.5
むちゃくちゃ、そんでおもしろかった展開がスピーディで夢中。オレンジジュースの件で優しくなれた
役者がいいからこの脚本が書けるわな。特にラスト。

看板に花をたくさん植えるのが印象的。

重いテーマなのに、所々温かな気持ちになる。
なに

なにの感想・評価

4.3
終わらせ方完璧すぎて鳥肌立った..
「道々考えましょう」って台詞で救われた。素敵。観る前は設定面白そうだなーと思ってたけど、それを軽々越えてくる本編115分でした。
薫

薫の感想・評価

4.5
予想も出来ない流れで厳しさと優しさの応酬が続く。
緊張と弛緩を何度も繰り返されたらたまらない(良い)。
多くは語りたくないけれど
生きていてきく自信になるような、人におすすめしたい作品だった。
並男

並男の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

題材はハードでシリアス。そして人としてかなりダメダメな人が多いけど、見終わった後、優しい気持ちになれる不思議な作品。この映画に込められたメッセージって意外と単純。「相手を許せるか?」って事だと思う。
広告マンがオレンジジュースのストローの向きを変えるシーンはシンプルな演出なのに繊細で涙が出た。
綿木

綿木の感想・評価

2.5
見てる最中は「絶対に評価4.5以上つけるぞ!!」って意気込んでたけど、その意気込みをぶった切るようなタイミングでエンドロールが流れ始めた😂

ディクソンとレッドかわいいね😆
映画としてはハード風描写が続くせいで重厚良作に見えがちだが、実は其れを支えてたのは圧倒的には芝居巧者なサムロックウェルとフランシスマクドーマンドの存在感。本当にサムロックウェルはヤバい。マジで上手い。
 
 
びっくりした笑
内容すべてが衝撃で完全に引き込まれてしまった。今までのどの映画よりもいい裏切られ方をさせられたわ笑
>|