スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

Mashiyan

Mashiyanの感想・評価

3.9
観てるこちらの感情が忙しくなる作品。
フランシス・マクドーマンドの演技が本当に素晴らしい。
ナオト

ナオトの感想・評価

3.9
重い作品だけどかなり観やすかった。
ええ"~!
そこでエンドロールですか…
参りました。
私も考えます。
正しいこと。間違ったこと。
恨むべき人。忘れられないこと。
でも抑えられない感情。
無惨な事故で亡くなった娘の話ではなく
残された母親のやり場のない悲しみ、怒り、を3枚の看板に託す、というお話。

最後私なら………。
感情の応酬▪▪▪憎しみ、愛、嫌悪、不満と不信、怒りと悲しみ。微かな救いがあるから、ただただ衝突し傷つけあう群像ドラマではないヒューマンドラマになったと感じる。でも、面白い映画っていう言葉は当てはまらないと思う。何度も観たくなる作品かどうかは個人差あり。
さりん

さりんの感想・評価

4.0
物事の善悪、人が抱く感情・行動、敵と味方
看板の表面よりも裏面が何度も映されるのにあらわれてるように表裏の作品だった
全く異なるように感じるものも実は表裏一体で、きっかけ一つで簡単にどちらにも転びうるな~
展開が二転三転するから全くダレなかった!
結末、私は好きです
推しメンが出てます。
makkkkism

makkkkismの感想・評価

3.7
暴力は悲しみと怒りをもたらし、また暴力を生み出すという、人間の嫌な感じを見事に描き、演じられていて、終始、Fワードを始め、平気で差別的な態度や言葉、人を傷つける言葉を吐き出す会話は、見ていて(聞いていて)イライラする。

そんな言葉で溢れるだけに、手紙の(ややウィットに富んでるけれど)あたたかみのある言葉が凄まじい。

言葉は人を傷つけることも出来るし、救うことも出来る。言葉にしなければ、声を上げなければ変わらない。でも、闇雲に怒りをぶちまけ、暴力を振るわなければ、その声が届かない社会は悲しい。

シリアスで、悲哀に満ちて、ユーモアもある映画でした。(でも、月曜の夜に見る映画ではなかったかも…苦笑。疲れました。)

ただ、なんとなく、全てが感情的すぎて、
今ひとつしっくりこないところもあったのはなぜだろう。
寝ろ君

寝ろ君の感想・評価

4.8
僕は愛の映画が好きなのですが、これがそうです。

オレンジジュース飲みたい。
ズッシリ…(ー_ー;)
>|