スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

娘を殺された母親が、犯人逮捕の為に周囲を巻き込むことで生じる人間同士のぶつかり合いを描く。

開始数分でこの映画にのめり込んだ!ヒューマンドラマ好きなら非常にオススメの作品!!

応戦し合う人間模様は、理解はできるもののとても悲惨、時に戦争の様だった。やられたらやり返す、さまざまな人たちの想いが噛み合わず悪い方向にばかり事が進む。
でも、この作品のポイントは亡くなった署長だと思う!!目には目を、ではなく相手を慈しむ想いと何よりあの手紙が、周囲を少しずつではあるが、次第にいい方向に変えていく。偶然同じ病棟に出くわした相手にキチンと謝罪したり、犯人逮捕に協力したり、そしてそこから周囲が悪から善に変化していく様がとても見応えがあった。

随所で発生するイベントもとても刺激的で終始飽きる事なく観ることができた。

結末が尻切れではあったが、きっとそこに至るまでの人間模様がこの作品の大事なところ!とても好きな作品!
流石の話題作だけあって、面白い。すごく惹きつけられる。
見事なまでにこっちの予想してない方に話が進んでいく作りに感心したし、サムロックウェルのキャラもほぼキチガイですごく好き。見終わって「あー面白かった」ってなると同時に、大絶賛されるほどか?とも思ったんで、いろんな解説探して読んだらびっくり。自分が理解してたのは表層2%くらいだったようです。

正直、わかりませんて、そんな深いとこまで。って映画。タイトルロゴのデザインにミズーリ州の地図が組み込まれてるのは最初から妙に気になってたんですがそういうことでしたか。他にもこだわって使ってる色、3という数字、それぞれの主人公の聴いてる曲、読んでる本、みんな重要な意味があったらしいですがもちろん何一つ気付けませんでした。これ、アメリカ人は一回見ただけで吸収できるものなのかな。

解説書いた人、凄いな。いくつかの解説の中には深読みしすぎて「それはさすがに関係ねーだろ」というのもあったけど、どうなんだろう。どこまでが監督の狙いなんだろうか本人にも解説して欲しいもんです。監督「ミズーリ?あの形カッコイイよね!」みたいなアホ解説だともらったトロフィー全部没収ですが自分は振り回されたお礼に星5進呈します。

もう先週くらいから毎日見てるけど、解説と照合しながら見るとまた面白いです。
展開の読めなさ!
3枚の広告板に準えたメインの3人の、最初は表面が見せられ、その表面に沿った物語かと思いきや、裏面があってね…という話に。
中盤の悪意の傷つけ合い(ではないのだが)のところは、泥沼化が思われてハラハラしたが、その予想すら裏切る。
復讐から、矛の収めどころ、へ。
akayuki

akayukiの感想・評価

4.8
ストーリーは割と序盤から意外な方向に進んでいき予想出来ない結末。
内容については少しでも触れると面白味が無くなるので、簡単なあらすじだけ見ていただき何の情報も入れずまっさらな気持ちで見てほしい。
登場人物の背景が見えるとその人の見方が変わるところが面白い要素の一つなので。
ある事件をきっかけに展開がガラッと変わりそこからはただただ作品に引き込まれた。

怒りの奥底にある深い悲しみ。
悲しみを怒りでぶつけなければ自分を保っていられない。
そんな人達を責めることはあまりにもむごくて私は誰も責める気にはなれなかった。
怒りに任せた行動は決して許されることでは無いけれど怒りって人間らしい感情なんだなと思えた。

ただ、怒りは連鎖して怒りを生むだけ。
これを止めるには誰かが「許す」という行いをしなければいけない。
許す行いはこんなにもジンと温かい気持ちにさせてくれるのかと、そう思えた作品。
ウィロー署長の言葉の力が素晴らしいので見ていただきたい。

娘を失い警察に戦いを挑む母親、フランシスマクドーマンド。
たくましく強くカッコイイ表の顔と後悔と悲しみに苦しむ裏の顔には魅了される。
私はこの作品で彼女が大好きになった。

そしてディクソン巡査、サムロックウェル。
前半と後半で顔つきが変わって驚かされた。
彼についても多くは喋れませんが、見ればアカデミー賞助演男優賞受賞も頷けるはずです。
むちっとした体つきも愛らしく、前々から大好きな俳優なので注目していただきたい。
母親がエキセントリックすぎる、という声もあるが誰が何と言おうと素晴らしい映画。人はいい面と悪い面がある、ということが様々なシーンで描かれている。深い怒りの行き場は…。赦すということは…。ラストシーンも文句なし!
おはぎ

おはぎの感想・評価

4.0
9月16本目
この映画の軸はレイプ殺人事件の犯人捜しではなく、その事件に取り巻く人々の感情の移ろい,内面で静かに燃え滾る復讐心を丁寧に描いた作品。「怒りが怒りを来す」本当にそのまんま。良い意味で大人向けの映画。
snoopy

snoopyの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

主人公は怒りを来し、署長は優しさを来す。周りにもそういう人が集まり伝染する。
殺人に行くラストは、結局怒りが勝った様にみえるけど、乗り気ではなさそうだし、優しさがまだ燃えてない、希望があるラストだと思った。
猫出てこない
>|