スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

さりん

さりんの感想・評価

4.0
物事の善悪、人が抱く感情・行動、敵と味方
看板の表面よりも裏面が何度も映されるのにあらわれてるように表裏の作品だった
全く異なるように感じるものも実は表裏一体で、きっかけ一つで簡単にどちらにも転びうるな~
展開が二転三転するから全くダレなかった!
結末、私は好きです
人間とはかくも素直で面倒くさくて身勝手でしんどい生き物なんだろう。
登場人物それぞれの思いがあって、それぞれの思いやりがあって、それぞれの抱えてるものが重なって、世界が出来ている。

娘をレイプされて殺された口と態度が悪い母親。
その事件の管轄であと余命数カ月の警察署長。
警官になる事を目標とするすぐ怒る部下。
そしてその周りの人達。

環境が変われば行動が変わる、行動が変われば関係が変わる。
これはまた映画を見ないと語れない。
色々なものが詰まった極上の映画でした。
わりに

わりにの感想・評価

4.5
破壊の時間だよッてくらい潔い破壊っぷりも楽しめるが、シリアスでドライな持ち味もあってかなりよかった。
やり場のない怒りというか悪くない人たちが諍い憤る、無茶な行動にでる感じが遣る瀬無い。
人の温かみや強さも描き、冷徹に慣れるところも丁寧に描いていていい。
そして破壊がすごくいい。女子アナにビッチというのから息子の頭にシリアルかけるのから男女問わない股間蹴りから火炎瓶複数投げから。もうワインの瓶が横にあるだけでハラハラするよ。
あと消火器のシーンが辛かった。

好きなシーン
OP
看板描き
神父罵倒
ビリヤード
パトラかわいい
くま釣り
オスカー・ワイルド
スクールメイト股間蹴り
火を消す小男
オレンジジュース
看板の予備
鹿
まほぴ

まほぴの感想・評価

3.7
「怒り」と「赦し」の映画。
三つの看板広告を発端に小さな町の中に感情の波紋が広がっていく。事実の受け取り方と、それによって引き起こる行動が人によってここまで違うのか、と、ちぐはぐなところに変なおもしろさがあった。結末や展開よりも、登場人物の変化の過程を味わうのが良い楽しみ方かも。
hope

hopeの感想・評価

4.5
まだ終わらないで!もっと観させて!
あぁ、終わっちゃった…。
余韻に浸って気付く、あれで終わって良かったなと。

ディクソンに対する印象が最初と最後でこんなにも変わるなんて。ディクソン、良い!
脇役から主演まで全員演技がすごい。
面白かった、すっごい考えさせられた。
署長の手紙は泣けたなぁ。
オレンジジュース飲みたいなぁ。
kkc

kkcの感想・評価

5.0
記録
moridon

moridonの感想・評価

4.3
サスペンスの皮を被った1人の男の成長物語。優しいオレンジジュース。

真犯人の正体を監督はしっかりと明示している(と私は思っている)のですがそんなことはこの映画にとってオマケの要素でしかなく、どうしようもないこと、どう頑張っても解決しないことに我々はどう向き合っていくべきなのか、必要なのは怒りなのか愛なのか、はたまた赦しなのか、激しい描写とは裏腹に優しく語りかけてくる素晴らしい作品でした。

バーでの男の発言を耳にしたディクソンが彼に殴りかかるわけでもなく店の外へ出て冷静に男の車のナンバーを確認するシーン、おまえ…成長したやん…ってなりました笑
k

kの感想・評価

-
結構好き
>|