スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価・動画配信

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

riekon

riekonの感想・評価

5.0
重くて苦しくて
色々な怒りが怖い作品だけど
とてもよかったです😊
皆さんに魅せられました〜
F.マクドーマンが素晴らしかったね😭
常に不機嫌そうな表情で
人に弱さを見せない
時に怒りが爆発し💥
ひとりで泣いて…
たまに見せる弱さに何度も泣いた😭
W.ハレルソンも
S.ロックウェルもよかったね
このふたりにも泣ける😭
ああ…って気持ちもあるけど
最後もよかった😊
ここ最近観たヒューマンドラマ系ではダントツ
T

Tの感想・評価

4.1
主人公悪役関係なく汚い言葉を使い差別的であり暴力的、むしろ主人公も悪役も存在しないこの人間臭さがたまらない。

3つの看板からスタートする物語であるが、3人の登場人物にフォーカスしながら予想だにしない方向へと進んでいく。明確なラインはなく、気がついた時にはある人物視点で見てしまっているのが脚本の妙。

この映画が面白いのは登場人物の印象がどれも最初に抱いていたものから一転するところ。特にディクソンが変わっていく様は心を揺さぶる。サムロックウェル素晴らしい演技だった。

ヒルビリー、ミズーリ州、この映画が社会的な意味を持つことは明らかだが、結局真犯人が誰であるかがクライマックスでもそんなに気にならない、そして気がつくとある人物に感情移入している、私は腐った世の中でも毎日を噛みしめながら生きている人々におくる人間賛歌のようにも思えた。
okd0812

okd0812の感想・評価

3.9
良い意味で予想を裏切る展開のストーリーが面白かった。

映画を通じて伝えたいメッセージはお互いに憎しみを持ち続けても前に進めない、どこかで相手を赦さないと憎しみの連鎖は終わらないということなのかなと思いました。

ラストの終わり方含め、色々と考えさせられる映画でした。
おたえ

おたえの感想・評価

3.5
これ心身共にパーフェクトな状態じゃないと見ちゃいけないやつだ。映画にしてはあまりにも重すぎる。
実際の世界では悪い人がこらしめられてハッピーエンドで終わる物語ばっかりじゃないしね、、。そう言った意味で映画味がない映画というか、エンターテイメントではない映画だった。
たしかに現実では憎しみや負の感情が絡まりすぎて連鎖を止めるのはあまりにも難しいけど見てて辛いよ、、。
見てて辛い、、
ym

ymの感想・評価

3.7
スコアは暫定。
もう一度観てスコアを付けたい。
105

105の感想・評価

4.0
最後は
、、、うん、まあ納得。
って感じ
eri

eriの感想・評価

3.6
オレンジジュースの優しさにほろり。人間の美しいところも愚かなところも、見事に演じ切った俳優陣が抜群に良かったです。
サムロックウェルの優しい表情が忘れられない。
gantz2020

gantz2020の感想・評価

3.9
レイプ殺害された娘の捜査の停滞に納得できない母親が3枚の広告板を道路に出して警察(署長)を非難する。そこから問題が発生、拡大して様々な人達を巻き込み傷つけていく…

母親の怒りの矛先がどんどん変わっていき、行き詰まっていく様子に胸が痛かった。
彼女は犯人を逮捕して欲しいと言う目的以外に、疎外感に我慢がならなかったのだ。(現実でも犯罪被害者の遺族がインタビューに必ず答える「事件が忘れられるのが辛い」)
ラストも考えさせられる、余韻の深い映画だった。
ここでもサム・ロックウェルが良い演技。
今までほのぼの作品ばっか見てきたからか、強烈。その一言。
とは言え初見では趣旨を全く理解できず、ラストは完全に( ゚д゚)ポカーンとなった。が、レビューを見てなるほどと思った。そうかサスペンスじゃなくてヒューマンドラマなのか。そう思えば確かに人物描写に物すごいこだわりを感じる。
あの鬼気迫った演技・表現だけでも見応えある。正直何度かスクリーンから目線を外した(全員急にキレだすから怖い)。
生身の人間性というか泥臭い感じが、日本の化粧とかアイドルとかアニメとかのきれいに作りあげられた人工的な世界と対照的で良かった。
>|