スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価・動画配信

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

CONAN2

CONAN2の感想・評価

3.0
冒頭から 独特な雰囲気と演出‥ とてもシリアスに創ってはいるけど、作家が作った感がプンプン漂っている‥ そこがどうにも鼻につく‥ 微妙にリアリティーに欠け ラストも難しく創りすぎ‥
seven

sevenの感想・評価

-
記録 (字幕)

フランシス・マクドーマンドの演技の凄みといったら。。。

人間なんてそりゃ一言で語れないよな、
色んな人出てくるけど母ちゃんには共感するし、でもアレはアウトだし、クズ警官にもそりゃ良いところの1つはあるだろうし、っていう具合に。
途中やらかした母ちゃんだけど高校生相手に容赦無く股間蹴り上げるところは好き。
popshow

popshowの感想・評価

4.4
はじまりから、おわりまで、最高に良かった。映像もキレイだし、内容も素晴らしい!!!
3

3の感想・評価

-
暴力といえばモラルからインモラルへの切り替えとして考えられがちだが、本作では暴力が行使される度に団結や分離、覚醒や内省など様々な機能が働き、物語の色を次々に変化させていく。
シェイクスピア的戯曲に白人至上主義のアメリカ南部の空気を組み合わせ、「記号的でないリアルを、しかし普遍的であれ」といういいとこ取りを上手いこと達成している名作。ドカンとくる感動はないが、こういう職人芸を見せてくれる監督に僕は弱い。
Kadobon

Kadobonの感想・評価

3.9
導入部の時点では、分かりやすい「娘を殺された母親の復讐劇」なのかと思いきや、そう単純に事が運ばないところが面白い。

しかし、欧米のブラックユーモアのセンスはやっぱりイマイチ理解できないんだよなあ。
KoSato

KoSatoの感想・評価

3.9
話として展開がなかなか読めず面白かった!
Rui

Ruiの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

賞も多く受賞し特に評論家からの評価も高く俳優陣も素晴らしい。しかし、個人的には何も得られることもなく観たことを後悔した作品。主人公に一切の感情移入もできず何を伝えたいのかもはっきりしなかった。
XXXXX

XXXXXの感想・評価

5.0
アカデミー主演女優賞、助演男優賞を獲得した、マーティン・マグトナー監督の力作!!
フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル主演。

娘をレイプされ、殺害された中年女性のミルドレッド。地元警察への批判メッセージを書いた3枚の広告を道路に並べる。煮え切らない警察に怒りをぶつけるミルドレッド。しかし、事態は予想外の方向へ向かい始める...。

フランシス・マクドーマンドの大熱演が光る今作。惜しくもアカデミー作品賞は逃したものの、近年製作されたハリウッド作品では特によく出来た秀作。全編に漂うブラックユーモアと殺伐とした雰囲気が、今の世相にすごいマッチしてました。特にマクドーマンド母ちゃんが、警察署に火炎瓶を投げつける辺りはかなりゾクゾクしました。
オレンジジュースの場面も良かった。

サム・ロックウェルの、生粋のクズだけど何処かとぼけた警察官や、ウディ・ハレルソンの署長役も非常に味わい深かった。
個人的な見解だけど、3枚の広告はSNSを使った個人攻撃を連想させ、怒りは怒りを来すと言うセリフにもあるとおり、現代社会の憎悪という、感情の負の連鎖を見事に演出してる(のではないかと思う

復讐は復讐を生むと言う普遍的なテーマをうまく昇華させているものの、フランシス・マクドーマンドの暴走っぷりも、結局人間性を失わずに理性を取り戻し、何処か爽やかなラストに繋げている辺りも、本当に大切なのは人間性と言うメッセージに繋げてると思います。
差別主義者のサム・ロックウェルも、署長のある行動により、人間的に大きく成長していく過程も良かった。敵対していたマクドーマンドお母ちゃんとロックウェルの和解の過程も良い。

今まであまり見たことが無いタイプの映画で、近年の殺伐とした現代社会を本当にうまく描いた作品だと思います。
個人的にはかなりどハマりした作品で、劇場鑑賞後も繰り返しBlu-rayで鑑賞しています。
2018年オスカーを総ナメした、『シェイプオブウォーター』は、あまり好きではない作品なので、本当に今作に作品賞を取ってもらいたかった...。
buccia

bucciaの感想・評価

3.5
『怒りは怒りを来す』by チャーリー(ミルドレッドの元夫)

この『スリー・ビルボード』は怒りと許しをテーマとしたメッセージ性の強い作品です。怒りは憎しみを生むだけ。娘をレイプされ殺された母ミルドレッドの怒りもよく分かる、敬愛するウィロビー署長を看板で批判するミルドレッド達に対するディクソンの怒りもよく分かる。でも、怒りの矛先が違うんだよぉ。憎むべきはレイプ犯なのに、お互いが現実を受け入れる事ができず憎しみあい、その結果事態が思わぬ悪い方向に向かってしまう、まさに喜劇のような映画でした。そして、ラストはお互いがようやく現実を受け入れ許しあい、ある意味ハッピーエンドではあるんだけど、なんだこのモヤモヤとした終わり方は!こういう演出は蛇足なのかもしれないけど、結局レイプ犯が捕まらないから観ているこちらはなんか気持ちがスッキリしない終わり方でなんか歯がゆかったな。

さすがアカデミー賞主演女優賞や助演男優賞を受賞するだけにあって、フランシス・マクドーマンドやサム・ロックウェルの迫真の演技は見事でした。めちゃくちゃ見応えのある作品だけにアカデミー賞作品賞や監督賞が獲得できなかったのは残念でしたね。私的には『シェイプ・オブ・ウォーター』より『スリー・ビルボード』の方を評価したいな。でも、どちらが面白いかと聞かれたら『シェイプ・オブ・ウォーター』なんだけどね。

あと、やっぱりウッディ・ハレルソンはいい役者だねえ。この作品でもミルドレッドとディクソンとの関係性を動かすターニングポイントとなる重要なウィロビー署長を演じています。出演シーンは他の役者に比べ断然少ないだけど、かなりのインパクトを残しています。愛する妻と子供を残してある選択をしたことは勝手すぎると思ったけど、それまでの彼の苦悩や後の行動を考えるとなにか熱いものを感じウルっときましたね。
i

iの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

町中の人たちが署長が膵臓がん患ってるのを知ってるってことに田舎みを感じた。

「女は二度決断する」では犯人を殺すのが終わりだったけど、この作品は犯人を殺すのがスタートになるのかなって思った。
>|