スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価・動画配信

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

怒りと許しがテーマの作品。
主要3人の怒りと許しが丁寧に描かれていて素晴らしい。
一見逞しい女性に見えるも、様々な葛藤に苛まれている女性をマクドーマンは巧みに演じれていた。
怒りの連鎖を断ち切り希望の満ちたエンディングである
こういうヒューマンドラマは嫌いじゃないけど、ちょっと期待しすぎた。
mike

mikeの感想・評価

3.8
1番悪いのは娘をレイプした犯人だよね…
誰も悪くないのに…って思いながら見てました

重めの内容だったけど
母親の行動がヤバすぎてそこまでやるのかと驚きました👀
母親以外の登場人物も演技がすごくて強烈です

作中に
怒りは更なる怒りを生む
ってあったけどまさにこの言葉がこの映画を表しているなと
haru

haruの感想・評価

3.8
オレンジジュースに癒された
クライムサスペンスって言うからめっちゃシリアスなんかと思ったらめっちゃ笑えるし思ってたのと全然違かった…
登場人物はヤバイ奴ばかり。
いくら娘が強姦殺害されたとは言えとち狂いすぎやろと思いつつ、やはりここまでなってしまうんだなと。面白かった!
皆んな演技べらぼうに上手いからまんまと登場人物各々に抱く感情振り回された〜。ルーカス・ヘッジズ、作品で見かける度あっ!よく見るけれど何々出てたっけ!ってなるので作品の空気感に馴染むのが達者過ぎるというか良い役者さんだなと思いました。
まあとにもかくにもフランシス・マクドーマンドの存在感!
そしてサム・ロックウェルも素晴らしい!
いやー、凄く良かった。笑って泣いてた。
事件とその解決のグロいサスペンスと思い込んで映画館に足を運んだが、全く違った。そういう思い込みもあってか予想しない展開の連続で、人間の悪いところが滲み出た面白い作品だった。まずはミルドレッドの怒りの矛先…ズレてるもん。でもわかるよ、わかる。音楽の使い方も希望の持たせ方もズレてる…最高。監督恐るべし。俳優も素晴らしかった。

次絶対言いますのタイミングでの"Thank you"。わかってるのにずっしりきたなー。
こんなに素晴らしい作品を見逃すところだった。今まで観てなかったのは、例えば「敢えて孤独な戦いを挑んだ母親の、娘への強い想いとは?」「何故これほどまで犯人逮捕に執着するのか?」などのコピーが原因。は?そんなの、娘を酷い形で奪われたら、当たり前やん!バッカじゃない!と思ってた。
 あらすじの「母親と警察の諍いが思わぬ事態を巻き起こす」という文言も何だか。そんな、こじらせ母と分からずや警察のお話なら観たくないと思ってた。
 ところが!全く違っていた。これ以上ないくらい、母も警察も、真っ当な人間だった。紆余曲折しながらも、ぶれることなく地に足が着いた演出の数々に感服する。
 耐えがたいほどの、それこそ、死ぬより辛いと思うほどの苦痛を味わい、何かを失った者たちだけが辿り着く境地。(この過程の一つに、別の軸として、署長の問題提起を入れたのは本当に見事)
 人の心の再生、内側からの蘇生に、細胞レベルまでフォーカスした作品だと思う。
wasp松

wasp松の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

娘を殺され、
捜査が進んで
いない事に
批判も込めて、
娘が殺された
道路沿いに三つの看板
(スリービルボード)

これで警察が動き
犯人探しの話が、
始まる・・・・

アレ?
えーと犯人探しが
始まる・・・
アレまだ??

そういう主題の話では
なかった!!

ヒューマンドラマ
意思の強い
母、とてつもなく強く
我が強すぎて
孤立、
それでも真っ直ぐな気持ちに
ガンで死んで行った署長の
ココロを動かし
その署長をしたてっていた
おバカ部下も署長の遺言と
自分がボコにした広告展の
お兄ちゃんに優しくされ
影響して人探しに
協力してくれる
ジョジョラビットでも
最後いい奴だった
サムロックウエル
備忘録ザ・ムーンにも
でてた。


怒りが💢あっても
人を許すのがこの映画の
主題と、思う・・

それぞれの人間模様が
面白かった、
あんなけ意思の、
強い人なら何にでも
なれそう😁
凄い演技力‼️


でもねー
最後は犯人ハッキリ
して欲しいかったな😭
>|