スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

ひで

ひでの感想・評価

4.7
人を深く傷つけた人間にこそ贖罪と善意の意味が分かる気がした。

役者たちの演技に圧倒された2時間。
Rin

Rinの感想・評価

4.3
観て良かった。

無法地帯なの?ってくらいのやばさだけど、今のアメリカの問題が端々に出ている

終わりもあれで良かったと思う。
これからのことは誰にもわからない
fampia

fampiaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


徐々に被害者と加害者が分からなくなっていくような展開。
登場人物1人1人が何かしらの犠牲者に見えるような魅せ方も巧みだった。

どこにぶつけていいか分からない憎しみや悔しさ、悲しさを仮初めの対象に注いでいるんだな、と。

彼らがどこに向かっていくのだろうと、ずっと見つめてしまうような、ラストの余韻の残り方も好きでした。
俳優陣の演技力に圧倒された作品
3枚の看板をきっかけに始まるストーリーにのめり込むこと請け合いの良作です
素晴らしい作品です。でも決して心地よい作品ではない。
娘が強姦された上に遺体を焼かれた母親が進展のない捜査への抗議として警察署長を糾弾する!
のだけれど、糾弾される側の署長はとてもいい人で、糾弾する側の母親は人格破綻者。行動を起こしても決して状況が良くなることはない。
でも、手がかりがないから、何もできることはないから、ただただおとなしく待っていろ、と言われて納得できはしない。犯人が自由の身であることは耐えられない。その気持ちはわかるのだけど…。劇中いろいろなことが起きるので気が休まる暇がありませんでした。
ファーゴと併映だったのでフランシスマクドーマンドの演じる役の落差が半端じゃなかったです。
ragii

ragiiの感想・評価

4.1
とりあえずサイコー!!
これめっちゃ好きです!! ストーリーは
娘をレ○プされ火をつけられて殺された母親が町外れにの3枚の看板に警察(所長)への抗議の広告を載せたことで始まります。

とにかく、脚本と演者の演技が素晴らし過ぎる!!!! 炎のように剥き出しの感情を振りまいている主人公を筆頭に序盤と中盤以降で見方が全然変わる警察署長、レイシストの警官など、一癖も二癖もある登場人物を置きながらも大きく動きがあるでないストーリー展開の中で、人間の素晴らしさや愚かさ、愛や信頼、成長など、色んな心象を見事に描いてあります。

もう、フランシス・マクドーマンド(アカデミー主演女優賞受賞)、ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル(アカデミー助演男優賞受賞)が最高です!

図らずも2.3度涙腺緩まされました。

映画の良さをうまく言語化できないのが歯痒いけど、映画館で観れて本当に良かった。
sasa

sasaの感想・評価

4.0
わーこれは観てよかった!
出てくる方々が凄すぎる。
怒りは怒りを来す、、、
本当その通りやね。
フランシス・マクドーマンド、マカロニウエスタンみたいでかっこよかった。元夫の若い彼女もアホっぽいけど愛せる子だった。広告屋のレッドも泣かせるやつ、好きだ。
終わってみたら、みんなそれなりにいい人。
常に殺気だっているマクドーナさんのたまにみせる優しさがとてもよかったです。ところで暴力が割とまかり通ってしまう所はアメリカの田舎らしさなんでしょうか。だとしたらアメリカの田舎には住みたくないなと思いました。
GijoeGo

GijoeGoの感想・評価

4.0
そこはかとない緊張感に息がつまる。
しかしそこに人間の面白さが垣間見え厚みのある作品。
重いテーマだが丁寧な人物描写、巧妙なシナリオで観るものの心を掴んで離さない。
南部が舞台のせいかカントリー調の曲が沁みる。
ブラックユーモアであり非常にヒューマニズムに満ちた作品。