スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

朝野

朝野の感想・評価

3.4
2分に1度ため息するおじさんが近くにいて途中字幕が頭に入ってこなかった
ゆりな

ゆりなの感想・評価

4.0
映画って非日常を体験できるひとつのツールだと思うんだけど、ハッピーじゃなくても多くの人に体験してほしい作品でした。

今年のアカデミー賞の2番人気である本作。東京国際映画祭で人気過ぎて観れなかったけど、すごく東京国際映画祭で好まれそうな内容だった。良い。

登場人物の怒りも物語の結末もどこへ向かうの?と、終始ハラハラ。やばいロックバンドを見つけたときみたいな、スピード感と興奮。

サム・ロックウェルにぜひアカデミー賞獲って欲しいですね。
恐ろしい映画なのに、オレンジジュースのシーンが最強に泣けます。
くろあ

くろあの感想・評価

3.9
みんな根はいい人ばっかり。
表情があまりかわらないひとばかり。
Namirich

Namirichの感想・評価

4.4
怒りとか復讐とか、そういった感情とか行動の負の連鎖の中で、それとは裏腹の愛情との関わり合いがひたすら連続で描かれていた。

もっととんでもない方向に進むのかと思いきや、きちんと事件と繋がった着地だったし、舞台や登場人物はほとんど序盤から増えていないので、すごい脚本だと思った。
あっと言う間に終わってしまった。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

4.2
どちらかというと静かな映画なのに一寸先も想像できない展開。
いろんな感情が混ざり合ってなんとも言えない。けれども分かったことは、これは「怒り」と「赦し」の映画であること。オレンジジュースのシーンはもう本当に胸が苦しくなった。
mmm

mmmの感想・評価

4.0
機内で観たけど、超!集中してみてしまった。
超超集中。
いい感じに裏切ってくる展開。
みんな人間臭いんだけれど、それがまたよくて。
あーーーーいいもの観た!

オレンジジュースのシーンは
終わったあと巻き戻ししてもう一回観てしまったなぁ。(その場面巻き戻しかよ!笑)
あとストローの向きも。

主人公の服、赤多いなと途中で気づいて、もっと色にも注目しても面白いのかも!と思ったから次は映画館で観たいと思う!
そして、
終わり方。
あのあとのストーリーも観てみたいけど...
あれがいい!あれがいいんだ。
話したくなるやつ。
「憎しみ」から「愛情、暖かみ」へ。

正直ぱっと見ただけだと何が言いたいか全然わからなくて、もやっと感あったけど、ある意味人間らしさが思いっきり表現されていて、愛から生まれる憎しみ、憎しみからでた暖かみ、色んな感情がでてる映画。
もやっとがあるからこそ、本来のところが見えるというか。

でも誰かと話したり、filmarksの意見とか見て、じわじわきたのが本当の話ですが。笑
ゆち

ゆちの感想・評価

4.1
記録。登場人物みんな怒ってて、感情にストレートだった。警察署長の自殺は話の都合上することになったような感じで、違和感があった。個人的にはラストの先をもう少し見てみたいと思う終わり方だった。
ひな

ひなの感想・評価

4.5
素晴らしかった。
曇り空の下、ただ温かい向かい風が吹いている感じ。
人間関係の描き方に過不足がなく秀逸。
音楽も素晴らしい。

恐ろしく快作 という言葉がぴったりである
本編が終わり、エンドロールが淡々と流れる中ではらはらと涙が落ち続けて、ああもうなんか遣る瀬ねえな全部めんどくせえな嫌んなっちゃうな人間生きてるだけで超えらいじゃんやっぱ疲れたよもうやだよ〜やだやだやだ〜つって五歳児みたいに両手脚をバタつかせたくなった。心情とは裏腹に、席から立てなくなって、じんじんする瞼を自分で揉むことしかできなかったんだけどさ。まず言いたいのは、本編の素晴らしさと楽曲の使い方の素晴らしさ。カントリーフォーク、生活の中の憎しみ。うつくしさと恐ろしさの相対性。いやらしいほどに、整った映画だったな。

怒りは怒りを来す、とは人の合言葉。ライフイズビューティフォー、ラブアンドピースなんて言葉より、私たちに近しい合言葉。あいつがむかつく、こいつがむかつく、日常に散りばめられた小さなヘイト達から、あいつが憎いこいつを殺したいっていう振り幅の上下がない怒りまで、私たちが生き物である限り飼いならすほかない感情。やさしい人間でありたいと思う反面、怒りにも正直でありたい。怒る、ということが全て悪い感情だとは思わない。私は怒れる。だから人を慈しみ心から思いやることができる。そう思うから。全然関係ないけど、私はいま歯医者に通ってて、怖くなったら親指に風穴あければいいんだと思った。町医者を殺す。丁寧に麻酔して下さい治療されながらワニマ歌いますよ全く。

今年は始まったばっからしいけど、今日を今日をで生きてるから忘れない映画になってる。もう。怒りも涙も優しさも愛しさも