スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

いちご

いちごの感想・評価

4.5
ストーリーも深みがあって面白かった!!脇を固める俳優陣の演技の上手さも見所の一つ。
まえだ

まえだの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この映画の目的は「メディア批判」でも「警察批判」でもない。私たちのあり方を批判していると思った。
その批判を批判と感じさせず、私たちにストンと落ちるようにまとめられたこの映画は最高だ。

「道々考えること」がこの映画のテーマだが、一見して上の二つの批判がテーマに見えるのは、その二つに私たちがすべき事を任せ切ってしまっているからだ。

もちろん任せることで、私たちは他のもっと重要でない事を考えることができる。そのように分業してきたのが近代であるし、それによって発展してきた。
しかし、メディアや警察が機能しなくなった時、私たちはその対処法を全く忘れてしまっている。

ちょうどそれは、私たちが高度な技術によって処理された水道水を毎日使っていて、蛇口をひねれば水が出てくる代わりに、人間が何世紀もかけて培ってきた井戸の使い方は忘れてしまったように。

メディアは問題に火をつけることには長けているが、その扱い方を知らない。
炎は人間を温め、生かすことができるが、人間を真っ黒に焦がすことも、憎い看板を焼くこともできるのに。
かれらは火を付けて問題には近づこうとはしない。
鎮火した看板の前で「問題に終止符が打たれた。」と現実を直視しないアナウンサーに主人公が「ビッチ」と吐き捨てた時、
私たちがミルドレッド側に立とうとするか、それともカメラの奥で朝食を食べながら今日の仕事のことを考えるかが問われている。

警察は人を裁くことを独占している。(正確に言えば逮捕権)しかし、それは警察があくまで善であるという前提に基づく。警官が圧倒的暴力で人間を殴りつけたり、もしくは組織ごと敵に回したとき私たちはその前提がどれほど危ういかを知る。そのとき私を守ってくれるものはない。映画『パージ』のように無法地帯に放り出される。
その危うさを知り、自ら警察を裁いたのがミルドレッドだ。

私たちはあまりにも人に任せすぎてしまっている。「道々考える」とは問題を自分自身のこととして考えることだ。「メディア」「警察」という間接機関を通してではなく直接私たちが考えるということだ。

この映画では直接考えることを「2人」の関係で表現している気がする。

ビルとミルドレッド
レッドとディクソン
ディクソンとミルドレッド

2者の直接的関係であるからこそ、二項の前者は後者を赦したのではないか。社会の中でどれだけ犯罪的なことであろうと。

そこに私たちの希望と「道々考える」ことの難しさが描かれているような気がした
Chiyo

Chiyoの感想・評価

4.0
深い映画でした。
人の深さやその人の本当の姿が徐々に見させてくれるストーリー展開は素晴らしい👏
人と関わって生きていくことって、こんだけ難しいんすよ。ってことをまじまじと感じた2時間。
性善説。きっとどんなクズにも良心あるって説得された感じ。
怒りは怒りを来すけど、許しも許しを来す。
Nico

Nicoの感想・評価

4.2
終わり方!
うーん!
となりましたけど、きっちりオチのあるものばかりが良い作品ではないですものね。

3つの広告が立つことから物語が転がり始め、当事者やその家族、友人だけでなく大勢の身辺に起こる出来事がまた事件につながる…というように、展開につぐ展開がスリリングで、先が読めません。
舞台となる町は美しく音楽は硬派で、俳優の喋らない演技が映えて、甘えや媚びを感じない名作でした。
物語の方向性が途中から分からなくなり、すっきりしない結末に終わる。行動が空回りしてしまう人間らしいキャラクター達が好きだ。彼らはこれまでどんな人生を送って、これからどんな風に生きるのだろう。素直に面白い!と言えないが、なかなか心に残る映画。
サキ

サキの感想・評価

4.5
その⑥

結末の予想はある程度ついていたけど、そこにいくまでが予想外の連続だった。

ミズーリ州の背景を後から読んでさらに納得。

ディクソンにはびっくりした…
し、ミルドレッドの表情がなんとも切なかった…

フランシス・マクドーマンド、アカデミー主演女優賞、納得です
mikio

mikioの感想・評価

3.4
ディクソンへの思い入れが180度変わる映画で、ほんとに人間臭い映画

テンポよく見ることができてさすがアカデミー賞にノミネートするだけあるなって感じ

思ってるより、暴力的〜
YM

YMの感想・評価

3.3
機内で鑑賞。17年のアカデミーでは異生物間性交で有名な『シェイプ・オブ・ウォーター』さんにグランプリを取られノミネート止まりだったけど、僕はこっちの方が好きですね

フィクションなのか、ノンフィクションなのか曖昧で、劇的展開がない物語と俳優らしさが欠けた(名演技故に)キャラクター達、ミズーリ州という舞台から地味に見えがちだけど、裏を返せばとてもリアルでこの映画の存在感が生き生きと感じられる

ファーガソン事件等が実際にあったこともあり、社会的なメッセージと説得力も十分。最近の映画史的意味を重要視()しすぎてるアカデミー賞さんはどう考えても『シェイプ』ではなくてこっちを選ぶべきだったのでは?あのクソしょうもない恋愛映画より遥かに素晴らしいような気がしました。
ともき

ともきの感想・評価

5.0
素晴らしい。下手に感想書くのが恥ずかしいくらい。
映画館に行くことが少なくなってしまって、行くとしたらほとんどがマーベルとかのアクション大作ばっかりになっちゃったけど、こーゆー作品だって映画館でちゃんと観たいよね。反省。