スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

pappo

pappoの感想・評価

2.4
どんなに強い怒りもいつかは解ける時が来る。
そんな人間の強さを信じさせてくれる作品でした。
YAE

YAEの感想・評価

4.5
人を赦す事の大切さを学んだ映画でした。続きが気になる終わり方でしたが、あの終わり方が一番な気もします。
kazuyo

kazuyoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛と相手への思いやりと敬意は
人が人として生きていく中でとても重要なんだな。
ウィロビー署長が全てを教えてくれたと思う。ハレルソンすき。
物語に余計な描写はひとつもない。
言葉やシーンに無くても、表情とか行動で表現されているから
登場人物全員の心の動きを自然と理解する事ができた。演技派最強。
Maki

Makiの感想・評価

3.8
重いし結局スッキリはしないけど、全員が自分の正義のために動いた結果という感じがまた悲しい
Motiyuki

Motiyukiの感想・評価

4.0
重ためな話ですが、会話が軽快で、ちょっとクスッとしてしまいました。
途中から雰囲気が結構変わります。最後には、そういう映画だったかー!って思いました(笑)ちょっと思っていたのとは違いましたが、私は好きです。終わり方も少し希望があり、余韻が残ります。
TheListof

TheListofの感想・評価

3.8
レイプされて殺された娘、その母親が警察への不満を広告に載せちゃうお話。

何と言ってもフランシス・マクドーマンドだね。この人の演技は本当に上手い!映画全編を通して物凄い存在感。シーンによってはおっさんにも見える(笑)

そしてウディ・ハレルソンとサム・ロックウェル、この2人がいてこその映画でもある。特にサム・ロックウェルは「この人こんな俳優だったっけ?」といい意味で思わざるを得ないほど。ただ個人的には雲のジュウザみたいな髪型のディクソンママが好き。

ウディは相変わらずの怪演。むしろ彼が退場した後、その手紙によって色々と物語が動きだすから彼こそが物語の主人公と言えないこともない。ドラマ『トゥルー・ディテクティブ』でも刑事を演じてたからその印象で見てたらこっちの方が全然普通にいい警官だった。

総じて面白かったけど色々とメタファーがある気がして頭の悪い自分には全てを理解するのは不可能。最後もあれからどうなるの?

一度でいいから俺も「最高のセックスだった」って言われたい!
オレンジジュースのとこ、泣けたね。

でも、オレは人間出来てないから許さんよ。ボッコボコ。法に触れない手段で破滅させてやるから、部屋の鍵でもかけとけ。
Ryoji

Ryojiの感想・評価

4.2
この作品で初めてフランシス・マクドーマンドを知りました。

主演女優賞に選ばれるのも納得の演技で、どんどん物語に引き込まれていって、フランシス・マグドーマンドじゃなかったら作品賞とか取れなかっただろうなと勝手に思ったりしました😅
らぎ

らぎの感想・評価

-
もうぐっちゃぐちゃだぁ…
途中から何と戦っているんだこの人らは犯人探せよと思いつつ…

不当に大切なものを奪われた人たちの憎悪と悲しみの行く先…どうしようもないって分かっててもそうせずにはいられないんだろな
自分だったらどうするかな?
世界中のレイプ魔たちを片っ端から殺す旅に出るかな?
わからない。犯人が分かればやりようもあるけどなあ、分からないんじゃあ苦しみに耐えかねて自殺する気がする。そら警察に八つ当たりもしたくなる。

チェンジリング見たときも思ったけど、本当にどうやって生きていくの、、??
残りの人生、憎悪と諦念と悲壮に彩られてなるべく思い出さないようにしながら生きるしかないのんか?人間でいること、つらすぎるのだが?

愛があるから復讐が生まれるわけでして
愛があるから幸せになれるわけでして
憎悪の連鎖を断ち切れとか簡単に言うけどさ、そんなん無理。だって人間だもの…
chibee

chibeeの感想・評価

3.8
メリカのミズーリ州の田舎町を貫く道に並ぶ3枚の広告看板
そこにメッセージを載せたミルドレッド
彼女は7ヶ月前に何者かに娘を殺害された
娘の事件に関して犯人の手掛かりを何一つ発見出来ない警察に不信感を抱き、抗議の意をメッセージに込めたのだ
そのことを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間に埋まらぬ溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる
そして事態は思わぬ方向に転がっていく、、、

サスペンス作品を期待してレンタルしたのだけれど、予想と外れてヒューマンドラマだった

怒りの連載から生まれる後悔

自分の大切な人を殺した犯人を目の前にした時、あなたならどうする?