スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

飛行機の機内でちょうど真ん中で終わってしまい、続きが超気になっていたスリービルボード!
FODで観れたので課金。

アカデミー賞主演女優賞納得のマクドーマン!
彼女の色んな人たちへの怒り、怒りすぎて色々やらかしすぎてもうひくにひけないっていう葛藤、全部表情で語ってしまう力が素晴らしい!!

怒りだけじゃなくて、許すことで人は成長できるんだなと
思わせてくれる良い映画でした!
JunOtsuka

JunOtsukaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なんて物をみせられたんだ。

タイトルの付け方から、「田舎町に起こった優しい奇跡」みたいなもんだと思うやん?とんでもない予想外見せつけおってからに。

どちらも間違ってない、でもこのままではいけない。とでもいうような、苦しく気持ちの悪い心象をベタリ、ベタリとペンキのように観客の心に塗りつけながら話が進んでいく。
わからなくはない、でも、それはダメだろ、と、思った途端そちらもあちらも、、、
誰も聖人ではなく誰も悪人ではないが、噛み合わない心根が、狭く窮屈な田舎町の檻の中でお互いを傷つけ合う。
最後まで少しもスッキリさせてはくれないが、要所に見せるそれぞれの人間の美徳が、心を打つ。所長も、宣伝屋も、警官も、母親も、みんな最後に「許してあげる」事を示す、ほんの小さな行為が、塗られたペンキを乾かしていくよう。

所長が少し綺麗すぎる見せ方をしている事、父親に良さや葛藤をみせ切らなかった事が少し引っかかるが、重箱の隅なので忘れます。

人間ドラマが好きな人にはまず文句なく勧めますが、結構えぐってくるので、健康な状態で観るのをオススメします。

このレビューはネタバレを含みます

すごい話だよ。

1つの事件に関わる3人
それぞれの心に事件の影があって。
それでも生きている、その生き様。

ポスター会社の兄さんは あんな事されても良いやつだし。
新たに心を寄せてくれる男性の存在も良かった。

犯人よ、アイツであれ!!と思ったよ、、

最後サムロックウェルとフランシスマクドーマンドが一緒に車に乗り込んでからの会話と笑顔が素晴らしい。
maverick

maverickの感想・評価

4.6
こういう映画がアカデミー賞などでしっかりと評価されるのがアメリカの凄いところ。汚い言葉上等、暴力的でお世辞にも上品な映画ではない。けれどアメリカという国そのものを皮肉った内容で、テーマはもの凄く深い。もちろんただの暴力的な映画などではなく、心に響く素晴らしい作品である。見た目は上品じゃないけど中身は上質だから。登場人物それぞれがただのキャラクターではなく、ちゃんと生きている人間なんだと感じさせる。娘をなくした母親も悪徳警官も一辺倒で描かれていない。このキャラはこういう人物だからというお決まりのセオリーを、がんがん裏切ってくるような展開が非常に面白かった。それがあざとくもなく、「あぁ人間だなぁ・・」と納得させられる秀逸さ。非常に良く出来た人間ドラマだ。そこに映画としての面白味もしっかり加味されていて、コアな映画ファンもライトな映画好きのどちらも唸らせる作品。アメコミやエンタメ映画ばかりと警鐘を鳴らす批評家も黙らせる1本であろう。アメコミ、エンタメ映画も盛り上がっていて、なおかつこんな単品作品も作れるのだからアメリカの映画業界は素晴らしいですよ。
すしす

すしすの感想・評価

4.5
どいつもこいつもどこもかしこもどの台詞もどのシーンもいちいち魂揺さぶられる
人間は100点でもないし、0点でもない。
及第点、もしくはギリギリアウトの善意や悪意がいろいろな物語を生んでいく。
でもこれが人のリアルなのだろうなという感じのあれでござんした。
かな

かなの感想・評価

4.6
最後の台詞に映画の全てが込められていて、だらだらとした後日談もなく、それがぐっときました。
人は間違うことも多いけど、そこに気づいた時点から軌道修正して何度でも自分を更新していけるんだって励まされた。
HOPE

HOPEの感想・評価

4.0
やはり色んな意味でサム・ロックウェルはサム・ロックウェルでした。
人間らしい。
Misa

Misaの感想・評価

2.8
演技の凄みには圧倒される。ただ共感はできずのめり込むこともできずストーリーにも良くも悪くも圧倒された。
生々しい人の感情をこれでもかと描きながら、作者は底のところで人間を信じているのだろう。死者の存在も大きい。