スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 370ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

takame

takameの感想・評価

3.0
なんか周りで好評だったけど、自分にとっては解釈を残した結末はすっきりせずいまいちでした。
理解できなかった。
めり

めりの感想・評価

3.6
何が正義で、何を犠牲にして、一番大切にしたいものは何なのか。誰のどの視点で物事を見るかで、一つの事件が全く違うように見えてくるのが面白かった。見ていて苦しい、でも目を離せない映画だった。

三枚の看板という所から、こんなストーリー、人間模様を描き出すところにまで発展させる脚本が凄すぎる。
JunKasai

JunKasaiの感想・評価

4.0
題名の通り、存在感のあるビルボードとエビングという町での出来事がテーマかなと。
映画の中で、外界のモノを拒絶するかのようにこの町から終始離れないところが感慨深さをより膨らませているような。
そして、最後の終え方も、この映画の象徴的なものの1つかも。
ミルドレット、署長、ディクソンがお話の中にとても溶け込んでいた。
ア

アの感想・評価

4.3
終わってみると、とてもやさしい映画だった。少し捉え方が違うだけで大きく評価が分かれそうな作品。これはもう一度観なきゃいけない
ninomi

ninomiの感想・評価

3.9
元々復讐の物語だと思った。でも、違った。Learn to forgive.
深すぎて人物に移入できなかった。
200本や300本映画見たくらいで理解できるものではないのか…。長く感じた。
ただ心が本能的に(?)揺さぶられて感動する場面がひたすら多い。理解はしてないけど。
ビルボードから始まり、後半は死んだ所長が二人の心に住まい続けて影響力を与えた。
点はつけにくい笑
誰かの為にどう生き、どう死ぬか。そして、希望と絶望は常に隣り合わせ、そう思わせる作品でした。脚本、演技、映像、音楽のどれもが秀逸。必見です。
鹿むら

鹿むらの感想・評価

4.4
2018/011

久しぶりにいい映画を観たなあ
最初は怒りが大きなテーマなのかなと思ってたけど、いろんな形の愛に溢れる映画だった。
ラストの問いかけるシーンも、愛あってこそだったと思うからきっと大丈夫
mycan

mycanの感想・評価

3.8
緊張感がハンパない!!!
心筋梗塞起こすんじゃないかと途中から心配になるくらいな!
(心理・クライムサスペンスやホラーに弱いからワタシ…)

アメリカの闇満載。
人種、ジェンダー、政治、宗教、、、
もちろんアメリカに限らない人間の闇でもあるんだけど。
…終始息苦しい!

どなたかが言っていたけど、出てくるのが頭悪い人ばっか。(⁰▿⁰)
その頭の悪さに、苦笑いレベルのと
狂気レベルのがあって、その違いがまた恐怖。

以下、ネタバレ要素あるかも? ⚠️

そんななかで、ニュートラルなRed君がわたし的には救いだった。(見るに耐えない場面もあるが…。)
あと看板屋の黒人男子が可愛かったし、閉塞感でいっぱいの話しのなかで、一服の清涼剤だったな。

あとミルドレッドのひとりスリッパ・トークで、Crucify (him/ them / someone ←なんだったか忘れた) と言ってたから、
とにかく誰かの贖いが必要だったのかな、と。

絵ヅラ(色使いや構図)もかっこいいし、音楽の使い方も印象的。(歌詞が掴めてないけど。)

すごい映画なんだろうけど、鑑賞後の爽快感はないよね!アハハ
hirokom14

hirokom14の感想・評価

5.0
見終わったあとに「なんていう作品だ!」と感じた。傑作!!

登場人物たちの言動がボディーブローのようにじわじわと効いてくる気がする。誰かにとっての正義が誰かにとっては暴力になっていたり、一人一人に人間として色んな側面があったり、一概に良い悪いでくくれない。アメリカ南部の町の閉鎖的な雰囲気、差別、暴力、警察の捜査への疑問など、社会への問題提起も感じられて深いなと思った。

先の読めないストーリー展開で期待を裏切られるけど、どんどん目が離せなくなって、起承転結のハッピーエンドではないのにラストはとても爽やかな気持ちになる。脚本と役者さんの演技力が秀逸!見終わった後に余韻が残る。

怒りは怒りを来す、ゆるすことについて考えさせられる。すごい映画を観れて嬉しい!