スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 370ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

愛、かなしみ、にくしみ、ゆるし。
すべてが小さな寂れた街で交差して、突き動かされる。
好きです。
完璧な人間なんていない。

映画が始まってから、とにかく先の読めない展開で、最後は誰も想像できないような結末に自分はやられたし、感動した。

主人公であるフランシス・マクドーマンド演じる母親のブレない芯の強さの中に垣間見える寂しさ、悲しさ、悔しさはとても印象に残った。劇中で何度もファックが飛び交うが、ブラックジョークやユーモアもあったり、人間の弱さや強さといった人間臭いところも魅了されました。役者陣の演技も素晴らしかった。

人情こもった一杯のオレンジジュースには心揺さぶられた。
いとJ

いとJの感想・評価

4.0
町山智浩曰く「暴力爆笑ほのぼの心あたたまるハートウォーミング系」。

確かにグッとくるポイントも「何だコイツ!!?」みたいなとこもあり、どんどん予想を裏切られていく。「お前、こんなおかしいやつだったのか!!」と思ったつぎには「いくらなんでも優しすぎる……いい奴もいるんだな……」と、サスペンスにしては比較的淡々としている感じなのに、見ているこっちの気持ちは忙しい。

ラストの余韻の残し方というか、もっと先まで観たいのに!と思わせるあの感じは結構好き。
てっきり、真犯人を見つけることが目的かと思いきや…

実は、『デトロイト』と同じで、南部の田舎町における白人警官の公権力を悪用した黒人や女性に対する暴力と、それによる住民同士の憎しみ合いがテーマ。

「本当の愛とは?」「お互いを理解し尊重するとは?」
ということを問いかける内容で。

もう、「映画人はみなトランプが嫌いなんだよ」ってメッセージ性が臭って、どうしようかと。

面白いけど、人に勧めにくいなぁ。
いぶき

いぶきの感想・評価

3.8
アカデミー賞ノミネート作品。

題材は重たいのだけど
重すぎない演出なのにも関わらず2時間でお腹いっぱいになる満足感と充実感が凄い

オレンジジュースで泣かせる映画って初めてみた!

前半は概ね満足でとても良かったんだけど
後半につれ話が色々な方向に向かっていくので
個人的には波に乗れなかった感じ

個々の心情が変化していく様子はとても良かった
yuki

yukiの感想・評価

4.8
2018年劇場鑑賞7本目。

ブラックユーモアに溢れ、泣ける要素もふんだんにあり、先の展開が読めず、私の好きなタイプの作品だった。こんなに感情をつついてくるとは思ってなかった。

娘を殺されたミルドレッドの気持ち(殺され方がまたしんどい)は痛いほどわかるし、捕まらない犯人をなんとしてでも捕まえたいのもわかる。最後の言葉は死ぬほど後悔してるだろうし。

捕まえられない怒りの矛先を警察に向け、行為がどんどんエスカレートしていき単なる‘被害者’ではなくなっていったときに観客はミルドレッドから離れていくんだけど、ここらへんの上げ下げがうまい。
それぞれのキャラクターがいいタイミングで裏切ってくれるので、心がざわついたままなんだけど、それがなによりおもしろい。

ミルドレッド、署長、ディクソンとしっかりキャラクターが作られていて、この3人の不思議な関係性がとてもいい。チキチータ聴いてるディクソンとかね。ラストもとっても好きだった。

フランシス・マクドーマンドが圧巻の演技だったのは予告編だけですでに垣間見えてたけど、サム・ロックウェル史上最高の演技だったと思うのでオスカーあげたい。本作のサム・ロックウェル超いいし、このディクソンがこの作品の要と言っていいぐらい重要なポジションだった。

「俺に善人役やらせるなんて監督も変わってるよな(笑)」とか言ってるウディ・ハレルソンも素敵だった。
オレンジジュースにはやられたよケイレブくん。
許すことも描かれてるのがいいんだよねこの映画。
いずみ

いずみの感想・評価

3.3
クソファックカス野郎と言っているならクソファックカス野郎映画の展開にしないと…。周りが言うほどではなかった。
きっと誰にとっても良い人間も誰にとっても悪い人間も居なくて、その差から軋轢が生じることもあれどそれを解消するのもまた、人と人との繋がりなのだと思った。

憎まれてる奴らも誰かにとっては大切な人で、ディクソンは母親やウィロビー所長に愛されてるし、ウィロビー所長は家族や町の皆に愛されてる。町中を敵に回したミルドレッドですら愛してくれる人達がいる。

予告ほど痛快じゃない。むしろもやもやすることの方が多い。でも最後には少し救われた。
カトウ

カトウの感想・評価

3.2
全然落とし込めないんだけど(だって誰にも共感できないの)ただもう『サムロックウェル!!!!』って言いたい気持ちに溢れる。
sato

satoの感想・評価

4.5
こちらが予想するであろうことを次々と裏切る潔さ。脚本の素晴らしさと濃い役者陣の圧倒的な存在感。とくにサム・ロックウェルの成長には泣かされたし驚かされるばかり。。絶妙な余韻を残すラストも大好きです。