スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

KokiF

KokiFの感想・評価

4.4
Absolutely brilliant!! Martin McDonaugh does it again!

This is one of those really intriguing stories where one person’s action change the entire motives of the town’s people. Francis McDormand’s decision to put up billboards about her deceased daughter’s rape case causes anger, sorrow, and complexity amongs the people of Ebbing Missouri.

The first half of the movie really focused on Woody Harrelson, who plays the head police chief of Ebbing. The billboards start stirring up mixed emotions for him leading to some unpredictable outcomes.

Sam Rockwell plays one of the police officers in Ebbing. He was someone that started off unlikable. Racist, bigot, and abusing his authority. The billboards change his way of thinking too. Him and Francis McDormand butts heads about the billboards at first.
But once you get to learn his relationship with his mother, and other aspects of his life, you feel bad for the man.

Francis McDormand is given the lead in this movie. She plays a mother in despair, but doesn’t play it the way where were supposed to be sympathetic towards her. She makes some questionable decisions throughout the movie. She’s not a likable person in particular which was really interesting.
It’s the kind of character that doesn’t feel right to be a main character, which is why this movie works so well.

The way this movie progresses was very unpredictable and fun to watch. The way it ended made me want to watch this movie even more.

【Three Billboards Outside Ebbing Missouri】
殆ど嫌味なくらいベストなタイミングでエンドロールが流れるムービー。

決して赦されることのなくなったものから赦しを請う代わりに、(自らにとっての)正義を追い求めることに取り憑かれ、遂には復讐に手を染めてしまった二人が、復讐相手に赦され、正義でも復讐でもない(Not really)道へのドライヴを始めるまでの物語。

例えその道が(どこにも辿り着けない)ループしたものだったとしても、これはハッピーエンドなのだ、多分。
ところどころ笑わせようとしてるのがすき。
最期もよかった、、
不二子

不二子の感想・評価

3.8
アメリカの歴史や裏事情を知らない人間には難しかった。


あまりバックグラウンドを知らない私には難しかったが、流れは基本的に静かで繰り返しみて理解を深めたくなる映画。

オレンジジュースのシーン、火災のシーン、そしてなんと言ってもアメリカ版のポスターの素晴らしさを感じた。

出てる俳優、女優は個性豊かでそれぞれに問題を抱えており、それが次々と問題を呼ぶイメージ。

好き嫌いは分かれるだろうが様々な社会問題を暗喩し、問題提示をする、幅広く楽しめる映画なのでは。

日本語版のタイトルは少し疑問。
朝野

朝野の感想・評価

3.4
2分に1度ため息するおじさんが近くにいて途中字幕が頭に入ってこなかった
ゆりな

ゆりなの感想・評価

4.0
映画って非日常を体験できるひとつのツールだと思うんだけど、ハッピーじゃなくても多くの人に体験してほしい作品でした。

今年のアカデミー賞の2番人気である本作。東京国際映画祭で人気過ぎて観れなかったけど、すごく東京国際映画祭で好まれそうな内容だった。良い。

登場人物の怒りも物語の結末もどこへ向かうの?と、終始ハラハラ。やばいロックバンドを見つけたときみたいな、スピード感と興奮。

サム・ロックウェルにぜひアカデミー賞獲って欲しいですね。
恐ろしい映画なのに、オレンジジュースのシーンが最強に泣けます。
くろあ

くろあの感想・評価

3.9
みんな根はいい人ばっかり。
表情があまりかわらないひとばかり。
Namirich

Namirichの感想・評価

4.4
怒りとか復讐とか、そういった感情とか行動の負の連鎖の中で、それとは裏腹の愛情との関わり合いがひたすら連続で描かれていた。

もっととんでもない方向に進むのかと思いきや、きちんと事件と繋がった着地だったし、舞台や登場人物はほとんど序盤から増えていないので、すごい脚本だと思った。
あっと言う間に終わってしまった。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

4.2
どちらかというと静かな映画なのに一寸先も想像できない展開。
いろんな感情が混ざり合ってなんとも言えない。けれども分かったことは、これは「怒り」と「赦し」の映画であること。オレンジジュースのシーンはもう本当に胸が苦しくなった。

このレビューはネタバレを含みます

3枚の大きな看板から始まる設定がミステリアスで興味深い。予想していたジャンルは、ミステリー調で謎解き要素やどんでん返しが強いのかと思っていた。けれども「大切なのは愛だ」とか語り出して、全くもって期待していなかったハートフルな要素が出てきてびっくり。

ミルドレッドが看板を通じて怒りを表明したことによって、間接的にも直接的にも街中の人間関係が変化をしていく。その事によって出会った人、助けてくれる人、結果的に傷つく人。色んな感情を持った人との交流が生まれる中で、最終的に想いを共有して同じように戦ってくれる人が現れる。

『デトロイト』を観たときは「警察って…」と思ったけど、『スリー・ビルボード』の世界の警察は誰もが根に温かさを持っている。それぞれのタイミングで、それを差し出してくれる人達だった。

映画館で鑑賞直後は「そこで終わるんかい」と思って処理をし切れなかった。けども、余韻が残るので、時間が経つほど、あーだったのかなぁーと想像することを楽しめる映画だった。