スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

あんなに怒ってたのにそれは赦すんだってところがリアルだった
1人でも違う行動に出てたら違う結末だったのかな〜
CryingWolf

CryingWolfの感想・評価

4.4
とても面白かった!
心の機微が緻密に書かれていて、俳優さんがそれを説明せずに演じていて。
ゾクゾクする〜
evane

evaneの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

えっ、こんなとこで終わんのってのは思ったけど。
だってこれじゃぁ主人公がやり過ぎでしょ。
警察に火つけてさ大火傷おわせて。
確かにディクソンは嫌な人種差別野郎だったけど、警察はちゃんと仕事してたやん。
ウィロビー所長もいい人で。
ただただ主人公が嫌な奴やん。
みんな演技抜群やけど。
主役はさることながらイーサン・ホークが素晴らしかった。いい感じに歳とったよな。
サン

サンの感想・評価

3.5
展開がゆっくり。人の気持ちも同じなのかも。
どんなに辛いことがあっても、少しずつ癒える日が来る。恨んでばかりでは、自分も進めない。
え?ここで終わる?というラストが印象的。でも、こういうの好き。

最愛の娘が残虐な殺され方をされ、一向に逮捕されない、、、
憎き殺人犯は勿論のこと、煮えきらない警察、、、憎しみはどこへ、、?

ただ、ちょっと、オカン、やりすぎではない?よくも無事でいられるなぁ、、

またクソ巡査、日常の態度から嫌いだったけど、、、
(これ以上はネタバレになるのでー)

色んな思いが交錯し、
一つの方向へ向かっていく。

単純ではなく、深い深い、、、
観る人によってラストのその先は、違うのかなぁ。難しい、、
がり

がりの感想・評価

3.5
【人間の根本にある暴力と愛】
娘をレイプされ、焼かれて殺された母ミルドレッドによる、署長ウィロビーへの、あるいは世の中への怒りに満ち満ちた訴えかけが真っ赤な3つのビルボードに掲げられる。
それと同時に、いつも何かにキレるディケンズの、やり場のない暴力にも焦点が当てられる。警察という権力を奪われることで、あるいはウィロビーの愛ある手紙に触れることで暴力のあり方を知る。
ウィロビーの書いたミルドレッドとディケンズへ愛に溢れた手紙は2人の怒りを包みこむ。ミルドレッドとの怒りとディケンズの怒りのぶつかり合いは最終的に同じ方向へ向かう。
物語に惹きつける入り方と、展開の予想がつかないストーリーが面白い。まだ捉えきれていない表現描写がありそうなのでもう一度見てみたい。
9

9の感想・評価

4.3
人々の感情が揺れ動きぶつかり合う映画。
怒りが怒りを来す。
かなり見入ってしまった。
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
いやあ、これは良い。
観る前の母ちゃんが正義で、って言うイメージをまるっと覆される。えーっとアレよね、主役というか物語の中心はスリービルボードよね。正義の見方の話ですな。
母ちゃんは寧ろそれに振り回され、追いつめられ、暴力警官はそれに巻き込まれ何故か改心し、署長はそれで何がしかの覚悟がつき、街の人たちみんな何かの影響を受けてく。いいすわ。この二転三転具合。お芝居もいいし。ホントにどうなるかわからん、っていうのがよい。おもしろい。
えっ・・?これで終わり?
というラストだったが、「桐島」的な映画だと知りなるほどなーと。
復習を目的に物語が始まりWho done it で興味を持続させるけど、様々な「赦し」が結局テーマなの深い。

▲以下、好きなシーン
・オレンジジュース飲む?
・急所キック(男女平等)
・🔥🔥🔥🔥
🔥 😢🎧 🔥🔥
nnn1909

nnn1909の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

炎上マーケティングの話

結局は娘や所長の死に焦点を当てていて、
死とかそりゃ観てる方は心は動くよなあと思うし、半面じゃあそれに価値が無いのかというとそうじゃ無いとも思う。
それは人と同じことしたくない!って作り手のこだわりなんじゃないかな。受け止め方にも死ぬ人の在り方にも映画にしてチンケじゃないものはあると思う。

この映画においては娘の死とビルボードによって巻き起こる様がいい