スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

ma

maの感想・評価

3.9
もう映画の最初から最後まで、怒りと許せない気持ちがずっと漂ってる悲しい映画でした。
被害者の母親は、様々な行動を起こすんだけど、過激なあまり共感できないところもある。でも無表情に行動にうつしてる姿を見ると、娘を殺されたらこれがいたって普通の反応なのかもしれないって思わせられる。とにかく悲しい映画だった。
レッドがオレンジジュースを差し出すシーン、グッときた。こんな人になりたいなぁ(>_<)
普通の映画/脚本の映画とは思うが、刺さった。ラストの Amy Annelleは反則。
どこか「間違った」部分を持った人々が、その人固有の「正しさ」故にボロボロになっていく様を描いている。非常に優れた脚本とは思うが、演出は忠実な映像化にとどまっており、映画的な飛躍はそれほど感じなかった。それでも、この脚本には惹かれるものがある。
人々はみんな銃を持っている。その銃口は他者に向くか自分に向くかという違いはあれど、彼ら彼女らに攻撃性が存在していることは違いない。その銃口が下される時は否応なしに感動した。
あと、私だけかなあ。いくつかのキーワードから「沖縄」の現状に惹きつけて考えてしまった。主義主張により分断される人々、互いに傷つけあっているけど、諸悪の根源は傷一つ負わない状況とか。
HEIDI

HEIDIの感想・評価

3.8
ストーリーは、観ていて辛くなるのであまり好きではない。基本的に警察はクズすぎたけど、結構良い終わり方だったなあと思う。
大好きな「幸せの法則」では自由奔放な母親役を演じていたフランシスが、今回はレイプされて殺された娘を持つ母親役。とても良かった。
ゆーき

ゆーきの感想・評価

4.0
冒頭、看板3つある!
スリービルボードだーーっていう安直さでみてたらスリービルボードっていう言葉の深さを知った。
3つの看板から始まる3人の人物の物語。
Sumika

Sumikaの感想・評価

3.2
ストーリーはあらすじ紹介の通りで、特にどんでん返しがあるわけでもない。少しバイオレンスちっくなのと、個人的に最後はモヤモヤした感じで終わるので、期待以上の映画ではなかった。
るい

るいの感想・評価

-
抑えきれない怒りの奥底の部分を見ている感じ。それぞれの心情が伝わってくるから、目をつぶりたくなる、やるせない場面が際立ってた。
めぐみ

めぐみの感想・評価

4.5
脚本も演出も演技もすごい。
迷い戸惑いながら成長していく人間くささがなんとも言えないくらい感動した。
人種差別だったり実際にあった問題が背景にある重いお話なはずのに、
たまに少しふっと笑いそうになるシーンもあった。
こういう時うまく表現したいのに自分の語彙力のなさに困る。
これ以上書いてもうまく書けなさそうなのでここまでにします。
最後に、
私はこの終わり方大好きです。
morft

morftの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やっと見れた。スリリングなポリス系アクションサスペンスを勝手に想像してたんだけど、いい意味で違ってた。たった3つの広告をきっかけに動き出す(動かされる)小さな小さな田舎町の人々。 怒り続けることを生きる糧としている母ミルドレッド。死に直面している署長。差別主義者のディクソンたちが、それぞれの出来事の中でそれぞれに覚醒していく。。。

それぞれにあんなことやこんなことがあったり、
いろんな要素が盛り込まれているので、見終わった後に反芻して、一個一個 自分なりの解釈で紐解いてくのが楽しい系の映画なのかもしれない。エンディングも含めて。落ち着いたらもう一回観てみよう。

P.S.
ミルドレッドを覚醒させたアホ女子の言葉、
調べたのでメモ。
“anger begets greater anger.” 字幕では「 怒りは怒りを来す(きたす) 」
怒りは怒りを生む…ヨーダも言ってたね。

P.S.
誰かが書いてたけど、例の容疑者についての軍の揉み消し説。ありなんじゃね?と今思った。真犯人でなければ、なんであの男はお店にもわざわざやって来て暴れたんだろう。。むむむむ。
golgoman

golgomanの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ミズーリ州の田舎町で起こった少女の殺人事件。被害者の母親であるミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、いつまでも事件を解決出来ない警察に業を煮やし、3枚の看板にウィロビー署長(ウディ・ハレルソン)を批判する内容の広告を出す。
ミルドレッド、ウィロビー、そしてウィロビーを慕う無能でマザコンのクズ警官ディクソン(サム・ロックウェル)。そんな3人を中心としたお話。


とーっても上手に出来た話だなーって思った。そらもうあからさま過ぎるくらいに。
犯人は誰だとか、そういう事じゃないんだねこの映画。観る前は単なる復讐劇と思ってたけどさ。
愛だとか、怒りだとか、赦しだとか、そういう人間的な事を描いた話だったと思う。
後半それがもろに描かれてて、ちょっとゾワってなっちゃったけど。
展開も読めなかったし、単調なようでいて飽きさせない程よいテンポ、そんで何より主要の3人の役者さん達。
ほんと良かった。



【ウィロビーが命を絶った理由】
自分の命の終焉が見えて絶望したわけじゃなく、仕事に疲れたわけでもない。
衰弱していく自分の看病を続ける家族を思って、そしてそれが最後の思い出として残ってしまう事を不憫に思ったし、自分自身もそれはイヤだったから。このシーンが自分の中で一番愛を感じたシーンだった。
自分がウィロビーの立場だったらどうするかなーってちょっと考えさせられたりした。
なんにせよ、彼はこのお話の基盤となるキャラクターだったと思う。


【ミルドレッドの行動】
犯人を捕まえたかった。もちろんそれはそうだと思うけど、それ以上に彼女を突き動かしてた感情は後悔の念だったんじゃないかと思う。娘との最後の会話で放った言葉が『レイプされればいい』。そしてそれが現実となってしまう。母親としてこれほど後悔する事はないんじゃなかろうか。
いつまでも事件を解決してくれない警察に対する苛立ち。こうしてる間にもどこかでのうのうと生きてる犯人への怒り。
それ以上に娘に対する申し訳なさと、自分に対する怒り。後悔。娘の為に何かをする事で赦しを得たかったんじゃないかな。


【焼かれてしまった3枚の看板】
説明するまでもなくこの3枚の看板はミルドレッド、ウィロビー、ディクソンの3人を表してるんでしょうな。激しく燃える看板の炎を必死に消そうとするミルドレッド。なんとか2枚の看板の炎を消すも、最後の1枚は燃えきってしまう。それはウィロビーの名が書かれた1枚。
燃えきってしまったというよりも、ミルドレッドはその3枚目の看板の消火を諦めた感じじゃない?膝から崩れ落ちてさ。
なんだろう、うまく説明できないけど、あの看板は主要の3人を象徴するのと同時に、ミルドレッドの感情も表してると思うのよね。その看板が燃えてしまう。そんでさウィロビーって愛とか赦しを象徴してた感じがするのよ。その看板を前に膝をついてるミルドレッド。なんというか、怒りに任せて行動するのはやめなさいよ。みたいな事を表現してたんじゃないかなって思った。わかんないけど。なんかそんな感じに見えた。
だもんで個人的な解釈だけど、最後ミルドレッドはあの男を殺すには至らなかったんじゃないかなと。ディクソンに気持ちを確認してたから迷いはあったと思う。でもディクソンのあまり気乗りしないけど、、、という返答を受けて、『道々考えましょ』の時点で答えは固まったんだと思う。
ただ、個人的な思いで言うと、犯人とっ捕まえて銃でズドンのがスッキリしちゃうかな。
人間だもの。


【一点だけ腑に落ちない点】
あのレイプ男がミルドレッドのとこに来たシーンさ、結局あいつは犯人じゃなかったわけじゃん?じゃ何しに来たのよ?って事さ。あいつは犯人じゃなかったけど、物語の結末としては必要な人物だった。それを印象付ける為にあのシーンがあったんじゃないかなーって。だってそれ以外にあいつがミルドレッドのとこに行く理由あるかね?ちょっと強引だなーって思っちゃったんだけど、どうだろか?


何度も言うけど、上手すぎるくらい上手く出来たお話でした。(嫌味じゃないよ。)
飛行機で観た。ホントに普通だった。俺の感覚がおかしいのだろうか…