スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

mmm

mmmの感想・評価

4.0
機内で観たけど、超!集中してみてしまった。
超超集中。
いい感じに裏切ってくる展開。
みんな人間臭いんだけれど、それがまたよくて。
あーーーーいいもの観た!

オレンジジュースのシーンは
終わったあと巻き戻ししてもう一回観てしまったなぁ。(その場面巻き戻しかよ!笑)
あとストローの向きも。

主人公の服、赤多いなと途中で気づいて、もっと色にも注目しても面白いのかも!と思ったから次は映画館で観たいと思う!
そして、
終わり方。
あのあとのストーリーも観てみたいけど...
あれがいい!あれがいいんだ。
話したくなるやつ。
「憎しみ」から「愛情、暖かみ」へ。

正直ぱっと見ただけだと何が言いたいか全然わからなくて、もやっと感あったけど、ある意味人間らしさが思いっきり表現されていて、愛から生まれる憎しみ、憎しみからでた暖かみ、色んな感情がでてる映画。
もやっとがあるからこそ、本来のところが見えるというか。

でも誰かと話したり、filmarksの意見とか見て、じわじわきたのが本当の話ですが。笑
ゆち

ゆちの感想・評価

4.1
記録。登場人物みんな怒ってて、感情にストレートだった。警察署長の自殺は話の都合上することになったような感じで、違和感があった。個人的にはラストの先をもう少し見てみたいと思う終わり方だった。
ひな

ひなの感想・評価

4.5
素晴らしかった。
曇り空の下、ただ温かい向かい風が吹いている感じ。
人間関係の描き方に過不足がなく秀逸。
音楽も素晴らしい。

恐ろしく快作 という言葉がぴったりである
本編が終わり、エンドロールが淡々と流れる中ではらはらと涙が落ち続けて、ああもうなんか遣る瀬ねえな全部めんどくせえな嫌んなっちゃうな人間生きてるだけで超えらいじゃんやっぱ疲れたよもうやだよ〜やだやだやだ〜つって五歳児みたいに両手脚をバタつかせたくなった。心情とは裏腹に、席から立てなくなって、じんじんする瞼を自分で揉むことしかできなかったんだけどさ。まず言いたいのは、本編の素晴らしさと楽曲の使い方の素晴らしさ。カントリーフォーク、生活の中の憎しみ。うつくしさと恐ろしさの相対性。いやらしいほどに、整った映画だったな。

怒りは怒りを来す、とは人の合言葉。ライフイズビューティフォー、ラブアンドピースなんて言葉より、私たちに近しい合言葉。あいつがむかつく、こいつがむかつく、日常に散りばめられた小さなヘイト達から、あいつが憎いこいつを殺したいっていう振り幅の上下がない怒りまで、私たちが生き物である限り飼いならすほかない感情。やさしい人間でありたいと思う反面、怒りにも正直でありたい。怒る、ということが全て悪い感情だとは思わない。私は怒れる。だから人を慈しみ心から思いやることができる。そう思うから。全然関係ないけど、私はいま歯医者に通ってて、怖くなったら親指に風穴あければいいんだと思った。町医者を殺す。丁寧に麻酔して下さい治療されながらワニマ歌いますよ全く。

今年は始まったばっからしいけど、今日を今日をで生きてるから忘れない映画になってる。もう。怒りも涙も優しさも愛しさも
ひ

ひの感想・評価

4.0
怒りは怒りを来す、また許しも許しを来す
みんな善人じゃなくかと言って悪人でもない
オレンジジュースのシーンは映画史に残るでしょってくらい印象的 あのシーンから凶器は凶器じゃなくなった
笑えるシーンがちょこちょこあって外国の人が大声で笑ってたのも良かった〜
終わり方もまじで完璧で、めっちゃ面白かった!!とはならん地味っちゃ地味な映画だけどじわじわくるかんじ

このレビューはネタバレを含みます

ただただ引き込まれて見てしまった

この映画に悪者はいなかったと思う

主要人物3名それぞれに
良い感情、悪い感情を持ちながら見ていたと思う

とにかく感情の変化や考え方の変化が伝わりやすい描写だった

事件は別物だが、映画の主軸は所長の人間性だから生み出したものになっていると思う

終わり方は物騒な事をしに向かう道中だが綺麗に感じた

好きな映画でした!
Anchored by Rockwell, McDormand, and Harrelson’s phenomenal portrayal of their respective beaten personas, Three Billboards is a simple tale of vengeance; and how exercising forgiveness in most cases is the better option.

Three Billboards Outside of Ebbing, Missouri is an exercise of how relentlessly bleak and cruel a plot can be. Beyond any doubt it is not a film for the faintest of heart—Three Billboards torments its inhabitants with heart-wrenching situations, establishing it as one of the angriest and the grimmest tale in recent memory. Despite all that, the film is still one of—if not—the funniest comedy of 2017; That wondrous balance of rage and suffering with comedic tenderness is what allows it to linger between the line that segregate it from being an enjoyable black comedy and complete torture porn. It is a film that reminds us even in the darkest and bleakest of night, a chuckle or two is the remedy we desperately need.
f

fの感想・評価

4.5
登場人物一人一人の心を感じられる素晴らしい作品だった。どんよりする映画かと思いきや、緊張感と笑いの要素の絶妙なバランスが成り立っている。ちょっとやそっとじゃ太刀打ちできない強さのフランシス・マクドーマンドは最高だし、サム・ロックウェルには泣かされた。
けーな

けーなの感想・評価

4.7
映画として、素晴らしかった。サスペンスのように見えて、実は、濃厚なヒューマンドラマだった。やはり、マーティン・マクドナーの脚本が素晴らしいからだろう。

そして、キャスティングが、実に見事だった。主役のフランシス・マクドーマンドが、はまり役で、彼女以外の人が演じることが、全く想像できない。そして、なんと言っても、サム・ロックウェルが、素晴らしかった。悪名高き警官ディクソンの、心の動きを実に上手く表現していた。また、アカデミー助演男優賞に同時にノミネートされている署長役のウディ・ハレルソンも、とても素晴らしく、2人共にオスカーをあげたい。他にも登場する全ての人のキャスティングが、それぞれぴったりで、とても良かった。

署長からミルドレッドとディクソンに宛てたそれぞれの手紙のシーンや、ディクソンが入院した時のシーンが、とても良かった。