スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

怒りがトリガーとなって、主要人物に変化が現れる。その変化は人それぞれ様々な形で現れるが、最後にはみんなが一つになっていく。そんな映画。
aarrrssss

aarrrssssの感想・評価

3.8
あまりこうゆう映画は好きではないけど、これはおもしろかった!
が、最後、、、!
taketin

taketinの感想・評価

4.5
骨太なドラマ。登場人物の描き込みが素晴らしく、入り込める。フランシス・マクドーマンドとサム・ロックウェル凄く良かった。
終わり方は最初拍子抜けしたけど、改めて咀嚼すると凄く良かったと思う。
そんな終わり方?
って思ったけど。その後二人がどうするかはわかるでしょって、ことですね。
復讐の無意味さというか、虚しさが伝わってくるけど、ちょいちょいジョークもあって見易い映画でした。
小男と広告会社の男がキーマンですね。
どこにもぶちまけられない怒りの煩わしさと、許しがたい事を許す難しさ。
そういう事なのかな…何だか分かりきれてない。もう1回観たい!
映画館で見逃してやっと見れた。
フランシス・マクドーマンドはもう本当に素晴らしい演技。
サム・ロックウェルはまたこんな役かー期待裏切らないな、って思ったけどそれで終わりじゃなかった。
人ってこうありたい。
憎くて憎くて仕方ない人とも交わることは出来るんですね。
終盤、元旦那の所へ行くとき、あんなに威勢の良かった元旦那がビビってたのがおかしかったけど(笑)あの場面もいいシーンでした。

このレビューはネタバレを含みます

見終わった直後の印象は「え?これで終わり?」
でもじわじわと良さがわかって来る映画だった。

娘が殺されたというのにまるで調査が進まないことに憤り、三枚の看板を立てた母親。たった三枚の看板が街を騒動に巻き込んで行く。
主なストーリーは娘を殺した犯人を見つけるというサスペンス的なものだけど、そこから派生した差別問題が胸を打った。

ラストは軍の圧力によって殺人犯がもみ消されたか?と疑問に思わせる、正直言えば胸糞悪い展開だったけどそこがすごくリアルだった。
人間は多面的な生き物であること、正しいはずの行為をしても傷つく人がいること。とても、現実に即した映画だと感じた。
ハト

ハトの感想・評価

4.2
暗そうな映画だけどなんだかやさしい映画です。
扱ってる題材は重く暗いけど、エンタメ性も高く「ええ!?」と声が漏れそうになります。とてもおもしろかった。
重い想いと重い境遇のぶつかり合い。
それでも強く生きていこう、分かり合えることもあるさ、というお話。
主人公の過激な行動が多いです。

嫌いだった人に助けの手を述べられた時って、それまでの自分にとても後悔するのことってあると思います。
この映画で自殺の原因を作った人からは労いの遺書を受け取り、火傷させた人には犯人助けを手伝ってもらったり。。
うまくまとまりませんが、そんなことをちょっと考えさせられました。