スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

今の映画泣くようなのじゃなかったよね??って言われる私なので他の人はどうかわかりませんが無茶苦茶に泣きました………
署長の思いと、怒りは怒りを来す。けど…と言うポイントで。
さんご

さんごの感想・評価

3.2
娘を殺された母が3枚の看板を出した事から物語が二転三転。

必ずしも警察が悪い訳では無いけど被害者に出来るのは待つしかないのか?
それをぶち壊す様に行動にでる母。

最後のシーンも警察ではなく普通の2人が手を組んで、行動にでる。

結局警察は無力なんだなぁ。
と思ってしまう映画でした。
momo

momoの感想・評価

2.8
田舎街、かつ治安がむちゃ悪い。そんな街で行った殺人事件。主人公の身から出た錆のような話で感情の置き所がなくなる。どちらかというと、サムロックウェルが印象に残った。
ゾロ

ゾロの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

面白かった
前評判が良かったので、気になっていた映画
勝手にミステリーと思っていたら、ヒューマンドラマだった

母親、警察所長、警官 この三人のキャラクター設定が良い

市民との接し方や思考、行動、評判三者三様でありながら、心情の移り変わりや影響しあっていくところは、演技も良いし見応えがあった

ストーリーも二転三転するし、市民もみな個性的な設定。気になるセリフは、そんな脇役からだった

怒りは〜
ただ、梯子を〜 など

ラストまで、色々考えさせる好きな展開
フランシス マクドーマンド始め 役者さんたちの深い演技に のめり込みました。
娘が酷いことをされた悲しみ 苦しみも伝わってくるし、また思いもよらない展開に 関わった人たちもまた巻き込まれていく。
やりキレないことも 多いけど
実に人間臭いし、自分だったら、、と強く考えさせられる作品でした。
akrutm

akrutmの感想・評価

3.5
評判が良かっただけに、期待外れで残念でした。ストーリー展開や効果的な音楽で飽きることなく最後まで観れましたが、それ以上は何も感じるものはなく、もう一度観たいとも思えません。とにかく主人公であるミルドレッドの人物造形が漫画チックで、あり得ないような行動を取ったり、表情に乏しかったりと、全く感情移入できませんでした。映画全体で fucking などの下品な言葉が必要以上に使われているのも気になりました。いくら閉塞的な田舎町だからと言って、これはないでしょう。アカデミー賞のレベルもこんなもんかと考えると、悲しくなりました。
tomoko

tomokoの感想・評価

4.5
ミズーリ州の治安の悪さに、カルチャーショック。
とても観やすかったのと、観ていて引き込まれました。
たま

たまの感想・評価

3.6
一人一人の心情の変化と、連鎖する感じがつながりあっててよかった。
Ben

Benの感想・評価

3.8
重いね。。考えさせられました。アメリカの田舎には住みたくないな。とりあえず本当にすぐみんな手が出る。笑
でも自分が嫌な事されても、それでも相手の気持ちに立つ事が出来るのはすごいと思った。署長も、窓から投げれられたレッドも。。
PearlAnzzy

PearlAnzzyの感想・評価

4.5
凄い映画。

展開が読めなくて、
どうなる?
どうなる?って感じ。

俳優陣も凄い演技で吸い込まれた。

日本でやるなら、
大竹しのぶか?