ダンボの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「ダンボ」に投稿された感想・評価

ころぴ

ころぴの感想・評価

3.7
ダンボが凄く可愛い!٩(๑>∀<๑)۶
つぶらな瞳
耳を引きずりなから歩く姿も
くしゃみするところも
可愛いんだけれども

お母さんと離されてしまうの
もう、可哀想すぎーっ(;´༎ຶД༎ຶ`)
お母さんを殺す!?
団長、お父さんそんなの止めてよ!
゚(゚´Д`゚)゚。━━━ン!!!!
もうもう、こういうの嫌
悲しすぎる

お母さんと離された後
子供たちと共に頑張って
初めて飛んだダンボを見て
感動の涙で泣けちゃうし
もう、泣きっぱなしーっ(笑)

人間のせいで子供を守ろうとした
お母さんを猛獣扱いして
あんなペイントさせる見せ物も
許せない😡
最後の燃え盛る動物園は
真っ赤に染まり
悪者の転落とともに哀愁が漂う様が
見応えありました…
こういうことって
少なからず現実にもありそうで
考えさせられます…

空中ブランコのスター、コレットが
美しくてスタイル良くて
強くて、優しくて
とっても素敵!
最後の皆の団結もよしよし!
٩(*´꒳`*)۶°˖✧

お話はハッピーエンドで
ホッとした(笑)
家族で見るといいですね✨
ヴィジュアル最高さすがティム巨匠だったけど、彼らしい描写が弱く物足りなさもあった
ダンボかわいいし、エヴァグリーンが美人すぎたので満足だし、コリンおじさんが良パパすぎてご馳走さまでした。(語彙力)
mizuho

mizuhoの感想・評価

3.8
2歳の息子と一緒に観た。「パオーンがんばってるね」と小声で話しかけたら「うん、パオーン」って小声で言っていた。息子かわいい。
こわいシーンもあって心配になったけど、手を強く握ってきて、でもそれで大丈夫みたいだった。知らないうちに、色んなことを考えて、感じるようになってるんだな。
大人も子どもも楽しめる、いい映画。
COCO

COCOの感想・評価

1.5
こんな平日にダンボ見てきました。
あまり語るまい。
私はオリジナルダンボをこれからも愛でていくよ…
phevvitz

phevvitzの感想・評価

3.6
ティモシーがほぼ全く出ないし喋らない。象が頭良すぎるし人間の言葉を理解してる。この2点の印象が強いです。ただし「ピンクの象」が出てきます。アニメーションでダンボを観たことがある方はこのシーンだけでも見てください。
ダンボの実写って
どうなるんだろう、って思ったけど
意外としっくりきた。

ティム・バートン監督の
独特の感じはちょっと少なめかも?

最後はほっこり。
noc

nocの感想・評価

3.7
記録用、IMAX2D
ダーク要素の濃い独特な世界観のファンタジー作品の巨匠『ティム・バートン』
✖️
王道ファンタジーで子供から大人まで幅広く愛される『ディズニー』

どちらもファンタジーはお得意の分野ですけど、
割と対局にある二つの世界感が融合したらどーなるの? って言う結果が今作だったのでは無いでしょうか。🤫

ティム感全開な作品では無いけれど、
どこかティムっぽさを残しながらディズニーに寄せて来た様に感じました。


ストーリーに大きな改変は無いかとは思いますが(アニメ版は子供の頃に観たきりなのでうろ覚えですが)、
ダンボが売られた先の大きなサーカス団🎪の
"ヴァンデヴァー遊園地ドリームランド"内の冷たさや独特な雰囲気にも、
完全な子供向けファンタジーでは無い大人よりのファンタジー感が見て取れます。


サーカス🎪と言う場所自体が日常生活から切り離されたファンタジーの世界なのですが、
人とは違うマイノリティーな個性(身体的特徴、特技など)を持つ人や動物達が織り成すエンターテイメントでありファンタジックなショーであり、
どこか後ろ暗さの残るダークなファンタジーの世界でもあるのです。

そこに『ダンボ』と言う大きな耳を持つ子供の象。

その異形に戸惑い恐れ蔑み嘲笑うかの様な人々の形にならない黒い感情を、
空を飛ぶ特技で一掃するかの様に、
大きな翼の様な耳を広げ悠々羽ばたくダンボの姿と子供達との友情が、ファンタジー感を煽ります。


アニメにも登場した『ピンクの象🐘』も幻想的な感じで、ある意味素敵でした。
(クマのプーさんにも登場するズォウとピンクの象は同じ様にちょっと不思議で不気味なイメージでアニメでも印象的でしたね♪😊)


配役も、ティム・バートン過去作に出演をした経験のあるエヴァ・グリーン(ミス・ペレグリン)や、マイケル・キートンを起用するなど、
相性の良い俳優を使う事で安定感を出しつつも、
役柄のイメージからか、何度もタッグを組んだ"ジョニー・デップ"では無く、"コリン・ファレル"を起用する辺りに寂しさと新鮮さを覚えました。


完璧に子供向けの作品とは言い難いけれど、
サーカス🎪や遊園地🎡のワクワク感が味わえ、
ダンボとジャンボ、そして子供達のダンボを思う気持ちが上手く描かれた、
雰囲気のある作品に仕上がっているのでは無いでしょうか。

ティム・バートンの作る世界感のダンボも、
私的には好きな世界感の作品でした。
まる

まるの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作とは結構ストーリーが変わってる。ダンボメインでなく、人間のサーカス一家メイン。
ちょっと人気出なかったけど、実写ターザンほど残念ではなかったかな。
小さい子がこの映画を見たら、多分ヴァンデバーは悪役として目に映る。けど、もう子供ではない私からは、ヴァンデバーを悪として糾弾することは出来ないなぁ…
>|