ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

4.0

あらすじ

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

べりす

べりすの感想・評価

4.5
めちゃくちゃ久々に良いなって映画見た。
トゥルーマンショーじゃないんだけど、誘拐されてずっとその与えられた人形劇の世界しか知らなかった主人公。
てか、兄弟の友達も警察官もみんないい人過ぎて涙出た。
出てきた環境によっては自殺しちゃうんじゃないかとか途中思った。
でもほんといい人たち、理解してくれてほんとに仲間としてみてくれる友達、わかりあえないと思っていてもちゃんと家族で理解しようとしてくれた家族、裏切らない実の家族、かなりの逆境だろうにすごく素敵だった。
トゥルーマンショーは現実世界に出るまでのお話だとしたら、こちらは出てからのお話かな?
内容的にすんごくハードでもないし深いわけでもないんだけど、その唯一の人形劇に視点をおいていてすぐに時間は過ぎてった。
心が暖かくなった!
Moeka

Moekaの感想・評価

3.6
周りのみんながあたたかい。
もちろんジェームズも。
あ〜映画っていいなって思えた🐻

ただ、冷静に考えると怖い話だし誘拐はだめだよ、、、。
Azurin

Azurinの感想・評価

4.5
テーマが重いのに見終わった後はホッコリ…
恐るべしブリグズビーマジック!

色んな葛藤があってなかなか素直には受け入れられないだろう所を、やはり、個を尊重するアメリカ…羨ましい…


メジャー復活したマークハミルの声優キャラ的演出には、本国の人達、やられた〜て感じやったやろうな♪
Ellieeeee

Ellieeeeeの感想・評価

3.7
誘拐犯夫婦に25年間監禁されたのち、実親のもとに戻り、現実世界と向き合うことになる少年の物語。
設定は「ルーム」を思い出してしまったけど、世界観はこれまでにない感じで、見てて新鮮さを覚えました。

出てくる登場人物が全員とにかくいい人!設定は不気味ですが、ストーリーとしてはとても心温まるものでした。

"え?グリブズビーを知らないの!?"
当たり前だと思ってたことが当たり前でなくなったときの恐怖といったら…。
レレレ

レレレの感想・評価

3.6
いい人しかいない。隔離してた人すらいい人のよう。
25年間隔離されてたにしては受け入れるの早すぎるけど、そこも含めてブリグズビーベアのお陰なのかな。
全体的にほんわかして心温まる感じで終わるけど、ちょっとストーリーが綺麗すぎるかなーと思った。
スーッと喉越し良く終わった感じでした。
とにかくジェームスの妹と友達達が良い子達ばっかり。特にスペンサー良い奴です。

最後、ジェームスの中のブリグズビーの存在が変わった気がして、新しい一歩を踏み出せた、そんな終わりが良かったです。
よかった。嫌なやつが1人もでてこない系映画。
あと映像のタッチがかわいい。

監督と主演が小学校からの幼なじみということで、そんな2人が映画を作ったっていうのが映画の中の話とリンクする。斬新。
両親が疲れてる時は足のマッサージをしてあげよう

こんなんズルいわ!!
お気楽コメディだと思って観たらさー
絶対泣くじゃん!!

生まれてすぐに誘拐されて25年間誘拐犯に育てられた主人公の話。

そりゃあ、誘拐はとんでもない犯罪ですよ!ダメ!絶対!

でも、その子の為に毎週一本、ブリグズビー・ベアという教育番組兼、ヒーローSFドラマを撮影してた誘拐犯。

そして、25年それしか見てない主人公に、本当の両親が・・・・

もちろん、誘拐されてた時と現実のギャップでハートフルなコメディなんですけどね。

妖怪涙腺崩壊爺は、主人公の純粋さと友達の優しさ、前の両親(誘拐犯)と今の両親(本物)の愛情と苦悩に、涙という黒部ダムは決壊ですよ。

出てくる人に悪いヤツがいないのホントの好き。
主人公の純粋さがみんなの心を変えていく。

25年間毎週一本しっかりした番組を撮り続けた誘拐犯兼ウソ両親。
ダメだけど、しっかり愛情込めて育てたから、こんなピュアな主人公。

あまりのピュアさに戸惑う本当の両親。
必死に主人公との距離をつめようとします。
が、なかなかうまくいかない。

でも、愛情がすぺて。優しさがすべて。

ダメだ!うまく書けないけど、泣いちゃうのよ。

観たら優しくなれる映画。
仕事や学業で荒んだ心を優しくほぐしてくれます。

いや、そもそも、俺が病んでるだけなのか?

このレビューはネタバレを含みます

あらすじ
これって「激ヤバ」だよ!

偏見とか先入観にとらわれずに、あるがままに、ありのままに、相手を受け入れる関わり方がしたいって、ずっと思って僕は生きてきたんですけどね。
でもなかなかこれがけっこう大変で、意識しないとすぐに偏見とか先入観まみれになってしまう。もとの人格にちょっとだけ問題があるのだろう。まあちょっとだけに違いないが。

だから、アフロ友人のスペンス君みたいに、誘拐されたとかなんとか関係なく「ブリグズビーベア教えて!」って言えるのは憧れるんですよね。
真の両親みたいに、誘拐されて戻ってきた洗脳された息子ではなく今目の前にいるブリグズビーベアが好きな息子を受け入れるのって尊敬してしまうんですよ。

僕にとっては、泣ける映画というよりもこうやって生きたいという人生の指針を再認識できた映画です。

あと、なんだかんだ映画としてふつーにめっちゃ面白い(これってとても重要)。
>|