ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価・動画配信

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

4.0

あらすじ

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

くぼ

くぼの感想・評価

5.0
やっぱり着ぐるみって夢ある。

切なくて悲しくて好きと可愛いと楽しいと愛で溢れててピュアですごい良かった。映画作りの映画って愛あって良いよな。
せっかくの創作の世界だから、あったかくて優しくて全面的な肯定の世界で気持ちいいのくぼは好きだなぁって思った。
ジェームズはもちろんだけど、スペンサーとエリックと刑事さんと誘拐パパ良いキャラ。
面白かった!
リリ

リリの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

感動を言葉にするのが難しい、不思議な作品

とにかく『思いやり』が詰まっていて温かい

最後、成仏したかのようにグリブズビーが消えるところが切ないけどフフッとなった
コトリ

コトリの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

3倍イカれたトゥルーマン・ショー🥳
ギャグに走ったルーム🥳
めちゃくちゃ優しい世界🧸
知哉

知哉の感想・評価

4.3
序盤は、「これルームやん」と思って観てましたが、中盤辺りからドンドン引き込まれる。

最後の方は泣きまくりました。

登場人物がみんな愛に溢れてる!
R

Rの感想・評価

3.8
この作品のプレチケ企画?の告知がたくさん流れてきて気になったのでユネクで観た!周りの人があったかくて安心した いい意味で純粋で素直だから悲しい思いしないかヒヤヒヤする場面がちらほらあった くまかわいい🧸
a3HN

a3HNの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

誘拐されて良かったなんて口が裂けても言えないけれど

これからの人生はそんなイカれた台詞が言えるくらいの人生にして欲しい

素地はもう十分過ぎるくらいある

あとメレディスの"忘れて"がサクッと流されてたけどめちゃくちゃ刺さった気にしないジェームスが逆につらい、、、
無いなら創ればいい。

毒ガスにより人類が滅亡した世界で、両親から愛を一身に受けて育った主人公の唯一の楽しみは親が見せてくれる教育番組『ブリグズビーベア』だった。道徳から算数まで社会を生きる上で欠かせない知識を不思議な熊が教えてくれる。

しかし、彼が見ていた番組にはとある秘密が…

最高。
ものづくりをしている側も、見ている側にも突き刺さる究極のオタク肯定映画。

自分に影響を与えた作品があればあるほど今作に対する愛が深まっていく。

僕も自分のブリグズビーを大切に被っていたい。
toilet

toiletの感想・評価

4.2
ブリグズビーベアー最高。

赤ん坊の時に誘拐され、ほぼ監禁状態で外のことを知らず育てられたジェームズ。彼の唯一の娯楽は毎週送られてくる教育番組である『ブリグズビーベアー』。
だが、ある日警察が誘拐犯であった両親を逮捕。外の世界へ連れ出されたジェームズは本当の両親のもとへ戻るも、どこか馴染めない彼はこの先どうなるのか…というストーリー。

正直、記憶の定着した時から近くにいたら最早それは親です。ジェームズ自身も虐待を受けていたとか辛い目にあったわけではなく、それが普通と思い育ってきたので、偽の両親に対して恨みなど思うわけもなく。傍目から見れば、とんでもない異常な状況ではあるのだが。

外の世界に出たジェームズの純粋さにユーモアがあり、先の展開が気になる作り方で非常に楽しめました。ヴィジュアルが絶妙に気持ち悪いブリグズビーベアーでしたが、観てるうちに何故か愛着を感じてしまい、観終わった後にはすっかりブリグズビーベアーの虜になってしまいました。

奇妙で君の悪い切り口の作品ですが、なかなか味のある素晴らしい作品です。マーク・ハミルの存在感もとても良かった。
>|