ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

4.0

あらすじ

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

白畑伸

白畑伸の感想・評価

4.8
スーパーポジティブな作品だったな〜。
映画に限らず娯楽というものは
観る側とともに作る側を救うことも
あるのを思い出させてくれた。
nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

3.3
こんなやつに友達できねぇだろ!と思うものの、主人公のピュアさに惹かれる作品。
ブリグズビーベア観たくてしょうがない笑
しか

しかの感想・評価

5.0
あっさりしていて、未完成な感じとか、磨かれていない感じとかつっこみどころも沢山あるけど、それも計算されてるのかなとも思うような。
いい意味で素人感があって、私の理想の映画でした。
なんか変なのって笑えたり、あったかい気持ちになったり、短い時間にぎゅっとしていて、変な後味のない。
面白かった!
ふふい

ふふいの感想・評価

3.7
あとで書こ〜っと
登場人物の愛が溢れた作品だった。それは良かったのだけれど、登場人物が現実の人々とは乖離しているようにも思ってしまった。主人公が成長するような展開も見たかったと感じた。
YDK

YDKの感想・評価

3.8
ルーク出て来てビックリしたw
心がほっこりする系代表映画😊

『ブリグズビー ベア』全部観てみたいなー…

みんなで映画作ろうぜww
温かい気持ちになる作品でした
彼の世界の全てであったブリグズビーベアが世界にないとわかった衝撃と、実はそれを自分のために誘拐犯が作ったいう事実、またその続編を自分が作れると知った感動

事実を聞かされたあのシーンは僕のお気に入りです。

また彼の誘拐犯である両親やブリグズビーベアに対する考え方と周囲の考え方の乖離が大きくて見ていて辛くなる部分が多かった
カウンセラーの女性が一番彼の心情から遠いところにいるのは流石に辛い笑
カウンセラー失格すぎる

その反面たっぷりの愛情で育ち、悪意を感じてこなかった彼にとってはそこまで誘拐犯の両親は悪に見えなかった

人体実験さながらの監禁生活とその後の彼の広がった世界はとても対照的
誘拐犯の母親はやるなら全力で最後までやれと思ったけど流石に疲れるわね

兄弟でパーティに行くシーン何故かへレディタリー思い出して精神的にしんどかった笑

自分の中で勝手に期待値を上げすぎてがっかりしてしまうケースが多くこの作品もその一つになってしまった

誰かのレビューや予告編とか見過ぎないようにしないと
たま

たまの感想・評価

3.8
見終わった後でじわじわと来る感動作。
きれいごとだけど、それで許される作品。
>|