ブリグズビー・ベアの作品情報・感想・評価・動画配信

ブリグズビー・ベア2017年製作の映画)

Brigsby Bear

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:97分

4.0

あらすじ

「ブリグズビー・ベア」に投稿された感想・評価

や、や、優しい世界〜
この後ジェームスがどういう人生を歩むのか色々考えちゃう。でも人と共に生きることを覚えたから、きっと大丈夫だよね、と思える。久々にこんなハッピーエンドらしいハッピーエンドを観た気がする。

あとマークハミルのオーラの無さが良かった。
主人公の、パラダイスから落ちてきた感がものすごい。
あのままパラダイスにいられたらよかったのに、という気もしないでもないけど、
あのパラダイスがずっと続くことはあり得ないから。
その未来を想像すると、せつなくなる。
“地上”での素敵な出来事の数々は、その罪滅ぼしなのかな。
はやし

はやしの感想・評価

4.0
当時観たかったけど映画館行けず見逃してたので、やっと。
思い出してよかった‥

想像してたよりも重くなく明るく描かれていて、
ブリグズビーベアも含めて登場人物のキャラが良く(誘拐犯の育て両親も含め)、
尺も短いので余計な事を考えずに観られた。
本当だったら絶対許せないことなんだけど、
誰も悪人がいないかのように描かれていて、
育ての親(誘拐犯)達も悪くない人のような。
もちろんちゃんと罪には問われてるけど。
ギャグというかおとぎ話というか。
前の両親が作った虚構、ブリグズビーベア
の続きを映画として周りの皆と作り上げる。
映画作りが現実世界の生活を再構築してるみたいな?
面白かった。

ブリグズビーベアの番組、
すっごい良いし、子供番組感あって面白い。ビジュアルも。歌も。
テレタビーズ好きのわたしとしては胸キュン♡

調べたら、アメリカでの興行収入がめっちゃ低いんだけど、
題材的にアメリカでは受け入れられないのかな。
もしくはインディーズすぎたのか。
もっと観られてても良さそうなのに!
Miyu

Miyuの感想・評価

-
個人的に、大傑作だ、、
シチュエーションの設定のされ方からジェームスの人柄、登場人物まで全員最高。
稀有な創造性は誰にも奪われない、
最高の仲間がいれば、あとはやるだけ!
なんて最高な個人的な物語!
これこそ、自分の大切にしたいこと。
映画の役割。
ありがとう、ブリグズビー・ベア!!!
lilmaasa

lilmaasaの感想・評価

3.7
みんながみんな優しくてほっこり。
ジェームズくそ可愛いすぎる🧸Dope and shit
作るっていいね。
mm

mmの感想・評価

4.0
完成した映画の手作り感があるところ
が良かった。

テーマソングが気になって
また聴きたくなる。

被り物とか小道具がよく出来てて
楽しい。

ブリグズビーTシャツ欲しい!
新田畳

新田畳の感想・評価

4.0
とても面白かった。
大人が作った狭い世界(カルト)を子供が内在化してアイデンティティにしてしまうという点では「星の子」と共通する部分があって興味深かった。

「正しい世界を経なかったお前は間違っているよ」という簡単で乱暴な着地点に子供を押し込めない筋書きも良かったし、結構重い題材なのに終始明るい展開だったのも良かった。

刑事がまさにそうだったが愛嬌のあるおじさんキャラっていいな、と思う。
wws

wwsの感想・評価

4.8
いくつ賞賛の言葉を並べても足りないくらい素晴らしい映画でした。
挙げればきりがないほどの魅力の中から絞りに絞って二点。「誰も悪者がいない」こと、そして「天才的なビジュアルセンス」について。

登場人物は、誰もがちょっとした面倒臭さを持っていたり、間違いを起こしたりするけれど、みんなその間違いをきちんと認め素直に謝ることができる人たち。人を信じることの格好よさが、あくまでしぜんに小気味よく挟まれる。
大抵のことは謝って償えばちゃんとやり直せる、ということを描きながら「本当に悪いのは自分の過ちを認められないこと」という作者の感性がさりげなく伝わってくる。
なお、妹や友達とキャンプに行くシーンはこの映画屈指の名シーンでした。

そして、やはり美しいものに正義は宿る。
ブリグズビーベアの弛緩しきったゆるゆるなデザインに私の琴線は引きちぎれるくらい揺さぶられました。狙ったってあんなにちょうどいいダサかわいさになんてならないでしょう。
他にも劇中の撮影シーンや、完成した映画の絶妙なクオリティも抜群の美的センスだと思いました。

そう、秀逸な邦版コピーのとおり、大切なことはすべて彼が教えてくれた。
すべてにおいて監督やキャストのセンスが光る抜群に素晴らしい映画。
アイラブ・ブリグズビーのTシャツ、ウルトラ欲しい。
>|