あき

セブン・シスターズのあきのレビュー・感想・評価

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)
4.1
一人っ子政策の中、7つ子達が隠れ住みながら共同生活。7人は月曜~日曜とそれぞれ名付けられ、外に出るときは該当する曜日に一人の女性として成りきって生活をしていくという設定。
主人公の女優がすごい!
7つ子+カレンの8役をこなし、アクションに濡れ場と体も張り、時にかっこよく、時に可愛く見えたり、色気があったり、老けて見えたりと感心しながら見てました。

ありえないけどありえそうな世界観と先が気になる展開、主人公がとびきり強いわけではないので、アクション部分も常にハラハラ。要所要所に生々しいシーンもありますが面白い作品でした。