セブン・シスターズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

僕が大好きな近未来のSF世界観で、アクションと本で読んでみたいミステリー。
ハラハラドキドキ!!
ヤス

ヤスの感想・評価

4.0
20180828
なかなかない設定の映画だったので、気になり鑑賞。
今までにない話と、7つ子を演じる主人公で画面に釘付けになり、とても楽しめました!
サラ

サラの感想・評価

3.6
ナオミラパスはリスベットのイメージが強いのでやっぱり短髪で強い女性が似合うわ。私なら日曜がいいわ〜なんて呑気に観てましたが、痛々しい闘い方だし容赦ない!ピンチをどう切り抜けるのかがドキドキです。
近未来7つ子はないとしても人口過多と食糧不足はあり得るので、怖いですね。
siyi

siyiの感想・評価

-
2018/08/28 7役すごい。サンデーがしんじゃうところが苦しかったな。
設定がすごくいいのに細部が大雑把。想定していたよりも面白かっただけに実に惜しい…

・何曜日が誰なのかキャラを掴むまでが大変
・彼は何曜日の男なのか?(いい意味で)
・水曜日の強さがジョンマクレーン級
・日曜日が思い出せない(顔は覚えてる)
・金曜日が一番かっこよかった(金曜~って叫ぶレベル)
・私の推測が正しければサンデーとサタデーは学校行ってない

このレビューはネタバレを含みます

WOWOW📺
1人7役!すごかった!
ちゃんと違いわかるし。
面白かったけどグロいシーン多かった。
まさかのMonday…
面白いねぇ〜
ノオミ・ラパスが7つ子ちゃん、7人の人格を演じ分ける〝おそ松くん〟もビックリな荒業をやってのけた異色のSFアクションスリラー!

急激な人口増加による資源枯渇を解決するための一人っ子政策。厳しい監視体制の中、違法な二人目以降はより良き未来まで冷凍保存。そんな世界に生まれた7人姉妹。父の教えにより月曜から日曜まで各曜日の名を持つ姉妹はそれぞれ週1日外出し、同じ人格を演じて監視の目を逃れて生きてきた。が、、、
もうこの設定だけで面白い!

序盤こそ7人の顔と名を一致させるのに少し時間かかったけど曜日を追った丁寧な展開とノオミ・ラパスの圧巻の演じ分けにより自然と別人格に見えてくる。水曜のタフさ、木曜のキレ者感、金曜の頭脳、土曜の可愛げなどそれぞれの個性がとても魅力的!ウィレム・デフォー演じる父との幼少期のエピソードも姉妹の絆をサラリと深める。
演じ分けに加え体を張った本格アクションまでこなすノオミの底なしの幅に魅了されるし、やっぱ只者じゃないなこの人wこれで1人分の出演料は可哀想だよ〜w
のうみさん主演。1人7役で頑張ってます!頑張り過ぎじゃない?もっと肉つけにゃ!

人口増加・食料及び燃料の不足・異常気象・というか極めて平均的、優等生的なディストピア状況の中、欧州連邦は遺伝子組み換えで収穫量の多い作物を実用化。しかしその副作用として子供が多くなってしまったので、止む無く政府(←何処のかは言及無し)は一人っ子政策を実施。2人目からはコールドスリープにして豊かな未来の可能性に託す事にしたのです。
基礎設定は萩尾望都のSF短編みたいな雰囲気です。で、主人公は邦題の通り、7つ子ちゃんで産まれてしまったので、止む無く彼女らを匿い育てる事にしたお爺ちゃんがウィレム・デフォー!デフォーなのでした!!!7人なのでそれぞれに曜日の名前をつけるアイディアもデフォー!!!さすが冴えてる!
…で彼女達は成人後、名前と同じ曜日の日に出勤、1人の人物になりすまして生活しています。食費7倍とかゾッとしますね。お風呂の順番も揉めそうだし、まだ読んでないハイキュー!のネタバラシして月曜日が水曜日を泣かしたり、穂先メンマやわらぎの減り方で取っ組みのケンカになったり…のうみさんはそんな事しない!!
ある日、出勤したきり月曜日が帰って来ない…。残りの六曜日は失踪した彼女の行方を探るうちに政府(何処の!)に追われる身に…。

なっかなか良いよー!のうみさんのキャラの使い分けも愉快ですし、アクションも楽しいー。未来世界のイメージも、除湿されたブレードランナーみたいでまずまずです。何より脚本が、めちゃくちゃよく出来てる!…って訳では無いのですけど、凄く頑張って、絡まんないよう、楽しませるよう試行錯誤されているのが窺えます!ところどころ「?」は有りますけど、まあ、ちょっと目を瞑って…かなり瞑ってあげれば問題なし!
邦題が中学英語っぽい感じで格好悪いのがイメージを悪くしてる気がしますね。原題の方がなんとなくマザーグースとかみたいで好きかなぁ。

まあ、細かい問題点は有りますが、全然楽しめます。『デイ・ブレイカー』とか『レポゼッション・メン』みたいなワンアイディアのB級映画が好きならば文句無しのおススメです。超大作みたいのを期待しなければOKです。
ところで、Blu-rayの映像特典で語られていたのですが、なんでも元々は主人公が男性の話だったらしいのですよね!なんだよ、それ全然観たいよ!!イケメンの七変化(『チョン・ウチ 時空導師』みたいなの)見せろよー!
…取り敢えず、ジャック・ブラック版とニコラス・ケイジ版をリクエストします!!
もしかしたら近い将来
自分たちも直面するかもしれない課題
というかすでに直面している
解決方法が極端すぎるが
とある国も同じ方法を採用した歴史がある
マサ

マサの感想・評価

4.0
ノオミラパスに拍手!
これは、面白い。
よく出来た作品。