セブン・シスターズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

他にはない設定、無駄のない展開、そこそこのアクション。全体的にしっかりとしたSFでした!これは面白い!
7人が個性溢れてて、それを演じきるノオミラパスが凄すぎる…。
共有してたはずの個人がだんだんと崩れていき…この話の流れは読めなかった(笑)
原題が秀逸だと思った一作でした!
「ミレニアム」3部作から気になっているノオミ・ラパス主演、且つ一人7役を演じ切った話題作。
最後までどうなるのか?ハラハラさせる近未来SF映画でした。
殆ど出っぱなしなので、彼女のファンには最高の作品です😍
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.8
七つ子姉妹VS一人っ子政策。
全然同じ人に見えない!ちょいと長いが、姉妹が力を合わせて生き残るために闘うのが熱い。良い設定を存分に生かしたスリリングなサスペンス。
近未来の発展っぷりが生体認証と、手のひらディスプレイぐらいっていうのがしょぼいけど、それはそれでリアルなのかも。
Xi

Xiの感想・評価

3.5
なんの予備知識もなくて、始まってから、あれ?間違えて違う映画をレンタルしちゃった?と思いました。近未来が舞台だとは!
途中から黒幕に気付いてしまうけど、面白かったー!
7役って凄い!本当に7つ子が存在してるみたいでした!女優さんって凄い〜そして撮影大変だったろうな〜
あんな鏡…欲しくない!笑
人気者でも名演技者でも、生理的にどうにも好きになれない役者ゎいるものだ

因みにオイラの場合ゎ
キルスティン・ダンストとか
メリル・ストリープだが、それでも共演者ゃ作品自体に惹かれてみることもある

ノオミ・ラパスも苦手なのだが、作品のタイトルに惹かれて見たら、正解だった🎵

「7sisters」と聞いて、米国石油メジャーを想像するだろうが、今作ゎ七つ子の未来SF

全体のストーリーゎ想定内だが、後半の姉妹間の葛藤描写が巧く、かなり楽しめた❗

(^^)/
こたつ

こたつの感想・評価

3.9
面白い
主人公が完全な一般人だったからどうやって危機を切り抜けるのか、ハラハラしてみてました。

まぁちょっと展開が読みやすかったのは少し惜しいです
YUkaKO

YUkaKOの感想・評価

4.2
何だこの発想は、なかなか今まで見たことないから映画。面白い。
退屈せずに楽しめた!
ノオミラパス凄い。
june2527

june2527の感想・評価

3.5
面白かった
途中から仲の良い姉妹の心理戦になっていって、最後の終わり方もスッキリ。
あらすじ読んで思ってたのと良い意味で違う!となりつつも姉妹の話に落ち着く良作スリラー。今まで映像化できなかった作品の映像化を実現させたノオミ・ラパスのすごさを堪能できる。
AtoZ

AtoZの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

イロモノ的な、設定だけ面白いのに見たら残念な感じかなと思って見たけど、
いやーこれは面白いぞ?

設定おもろいのに開けたら残念シリーズには散々ガッカリさせられてきたので、
ガッカリしないだけで嬉しくなる。笑

少し先のストーリー展開は結構予測がついてしまうんだけど、
全体の流れとしてどうなるんやろう?っていう好奇心でぐいぐい見られる。
姉妹で力を合わせて戦う!みたいな感じかと思いきや
姉妹バンバン死んでいくし(´・_・`)

大きな流れとしては、下層のものが巨悪と戦う!的な勧善懲悪ものなので、
勧善懲悪大好きな私は楽しめた。

彼氏さん万能やな!
姉妹は死にまくるくせに、彼の物分りの良さ、そしていち職員のくせに戦ったら異様に強いところに関してはご都合主義すぎるやろ!な部分もあるけど、
カレンにベタ惚れなところがかわいいのでオッケー←

黒幕に関しては
ミステリ慣れしてる人はすぐ分かるんだろうけど、
私にとっては避けたい黒幕だったので、
なんだか複雑な気持ちになった。

自分の子供のためなら親はなんでもするんかしらんけど
だからといってお前それはどうなん。
と、わりと腹が立った。
あんだけガツガツに自分の姉妹殺しておいて、「この子達は奴らに渡さないで」は都合良すぎるやろ!
くそやろーやん!
動機と結末がもうちょっとマシであって欲しかった。

家族の絆系の話は好きだけど、
どんな愚かで非道な行いも
「子供のため」という免罪符のもと
納得されたり許されたりするのは反吐が出る

へー、子供のためやったら兄弟殺しても美談になるんや?ふーん?

そういうわけで結末にはかなりモヤモヤするけど
作品としては良作だと思います。