Annie

私がモーガンと呼んだ男/私が殺したリー・モーガン ジャズ史に刻まれた一夜の悲劇の真実のAnnieのレビュー・感想・評価

2.5
音楽は全く聞かない。
ジャズも全く知らない。
そんな私だけど、予告がカッコよくて、気になって観に行った。

天才ジャズトランペッターのリー・モーガンが、大雪のライブハウスで内縁の妻・ヘレンに銃殺される。
現実の出来事を、ヘレンのインタビュー(録音)、彼らの友人達の出演、そして当時のリーの演奏で探るドキュメンタリー。

わたしには、全てはリーがヘレンから離れた(浮気した)ことが原因に思えた。

ヘレンは、殺すつもりはなかった、と言う。
友人達は、とても仲の良い2人だった、と言う。
でも現実は、ヘレンがリーを銃殺した、ということ。

リーは死んでしまったから、なぜ彼がヘレンから離れたかはわからない。
そのへんの事実が解明されないモヤモヤが残ったし、あまりジャズに興味ないこともあり、個人的には評価低め。
けれどヘレンにとっては、「私が殺したリー・モーガン」であり「私が愛したリー・モーガン」なのだ。そう断言できるほどに、彼女の口調にはリーへの愛が溢れているように感じた。

でも、リーの珍しいライブ映像とか満載らしいし、出てくる友人達も有名ミュージシャンなので、ジャズ好きな方にはきっと貴重な映画だと思う。

ヘレンの、まるで夢を見ているかのようなコロンコロンした可愛らしい口調と、仲良し夫婦だった2人を惜しむ友人達の表情が印象的。