masa

友罪のmasaのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.2
TOHOシネマズ日比谷の試写会にて。

少年Aを演じる瑛太の演技。もう、これにつきます。

ジャーナリストの夢に破れた益田(生田斗真)は、寮のある町工場で見習いとして働き始める。
同じ日に鈴木(瑛太)という男も入ったが、彼は自分のことは一切語らず、他人との交流を拒んでいた……

内容は瀬々監督お馴染みの重厚な人間ドラマ。俳優たちの個々の演技力はほんと凄いものがありました。

原作を読んでいないのでなんとも言えませんが、ストーリーの焦点が散漫になっていて、本当の表現したいことが、稀薄になってると感じたのが残念。

瑛太がすげぇー。
演技をみる映画。

友達が、過去に世間を騒がした殺人事件の少年Aだったら……
とても重厚で重たく大事なテーマだった。