cano

友罪のcanoのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
4.0
主役二人以外の背景も描かれていて見応えがあるし、人それぞれに納得のいくというか割と自由な解釈ができるお話なんじゃないかなぁ。

ある猟奇殺人犯と、その親族、友達、恋人、周囲の人間、被害者家族。それぞれの背負っているものと、未来を突きつけられる物語。

殺人犯は
社会に適応するために必死で生きてるのか、それとも何かを隠すために平静を装っているのか、疑心暗鬼と緊迫感でドキドキした。

純粋な子供のような、発達障害のようにもみえる、瑛太の熱演から目が離せなくなる。

最近あった『羊の木』を思い出すけど、何倍もこっちの方が好き。