KOU

友罪のKOUのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.1
”罪を犯した人間は幸せになってはいけないのでしょうか”

今作に通底するテーマだと思います。
ただ個人的には期待していた分、随分と肩透かしを食らってしまった印象。
言いたい事は分かるしやりたい事も分かる。だけど其々の言いたい事を象徴する演技や展開があまりに直接的すぎる気がしました。
監督曰く、敢えて原作から改変したらしいキャラクター達の関係性と職業は正解だったと思いますが、それにしても一同に会しすぎじゃね?と思います。
ラストの慟哭や分かりやすい喜怒哀楽表現に少々のやりすぎ感も感じた。

内容が内容だけに楽しみにしていましたが、残念。
その中でも瑛太は群を抜いて素晴らしく、『ヒメアノ〜ル』での森田剛に勝るとも劣らない怪演っぷりと悲喜交々の表情作りは流石だなと。