太田康裕

友罪の太田康裕のレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.5
ボロクソ書くのに点数が高めなのは、諸般の事情です(笑

まず長い。2時間超える上映時間は長すぎ。それでもラストまでたどり着けるのは編集の巧さかなぁ。

テーマが犯罪加害に関わるモノの全部盛りしちゃって全体がぼんやりしてしまうのも減点。
タクシー運転手パートとか、刑務官娘の中絶とかはメインストーリーと全く接点がないので要らないんじゃないかなぁ。

そして、この作品最大の問題は加害者側の視点で友情や愛情を描く、つまり「普通」であることを描いてるハズなのに鈴木に何故軽い知的障害(らしき)設定を入れるのか?
結局、猟奇殺人はサイコパスやら障害者が犯すって暗に言ってるようで甚だ不愉快。

それから、使ってる音楽とその入れ方や走る軽トラをドローン撮影とか感情出しながら歩く人物にスローモーションかけるとかなんだか「怒り」で見た表現がずいぶんある。(いや、瀬々監督のフィルモグラフィ追えてないので、もしかすると「怒り」がこちらの監督のマネしてるのかもなのだけど)

うーん…期待していたのだけど、終始物語の緩急が一定だったりと、つまらなくは無いけど面白くも無い。
うーむ…