サラリーマン岡崎

友罪のサラリーマン岡崎のレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.6
瀬々敬久監督は常に何かを背負った人々を描く。

今回背負ってるものは「罪」。
それは犯罪の「罪」だけではなく、
普段の中で誰かを裏切ってしまったとか、
子供を放置してしまったとか、
些細なことでも「罪」と捉える。
なので、観客我々は少年Aとは違うが自分が抱えている罪に対しても向き合えるようになっているのだ。

そして、その罪を背負ってもなお、「生きたい」と思うこと。
社会的に言えば矛盾だけど、これは矛盾なのか?
その罪をもう起こさせないために、
まさに「友罪」として、共に次の将来へ向き合うラストはその矛盾と感じられるものを解放してくれる。
だって、友達には生きててほしいじゃない。

話としては大体予想通りに進むし、
これといって大きな展開があるわけじゃないけど、
自分もこんなことあったなと少し罪を思い出す。
その罪に少し向き合える時間をこの映画はくれる。
ただ、クソ暗い…。