しぐまん

友罪のしぐまんのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.0
働く町工場でできた友達が殺人鬼ではないかと疑い、また自分自身も過去の罪に苦しむ益田を中心に、罪を犯した少年達を更正しようと頑張る者、息子が事故で小学生を死なせてしまった事を悔い続ける者、様々な苦悩を抱える人物達の物語。

罪と罰というものが全ての話のテーマとなっているが、いかんせん同情というか感情移入できるのが益田(生田斗真)しかおらずにいまいちのめり込めなかった感。
複数の人々のストーリーは別に群像劇のように繋がっているわけではなく完全に独立していて、(1つのテーマを多角的に撮りたかったのかもしれないが)わざわざ話を分散させずにもっと各々の心情を深く掘り下げてもらいたかった。

ラストの益田のセリフも益田以外の他のストーリーとは特に関係無いので共感はしたが、それで締めるのはなー...という感じ。