レク

友罪のレクのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.0
贖罪をテーマに法治国家による犯罪の境界線と過去に犯した罪と罰を多視点と多角度から描き出す。
罪を犯した者しかわからない苦しみ、様々な罪の重さを訴えたかったのはわかるが、メインストーリーとサイドストーリーが乱雑に入り交じり、メッセージ性を曇らせてしまったように思う。

演技は文句ない。
一方でその主演から脇までの演技が上手いがためにより下手さが浮き彫りになる山本美…ゲフンゲフン。
佐藤浩市と富田靖子の家族問題の掘り下げは果たして正解なのだろうか?
そこに時間を費やしメインストーリーに絡ませることで、視点がブレてしまったようにも見える。
なぜならタイトルは「友罪」にも関わらず、その上記に挙げた2人の役どころは家族の罪と贖罪がテーマだからだ。
そこに時間を費やすのなら、一層のこと省いてしまってメイン2人に焦点を当て、友情が育まれる描写や各々の人生観を掘り下げてほしかったというのが本音である。

この点が甘かったということから、感情移入しにくい内容にさらに壁を作ってしまったのだろう。
原作未読の為、あくまで映画としての評価しか出来ませんが、登場人物を絞り、人物像や心理描写をしっかりと描く。
そして上映時間を90分程度にしていれば傑作に成り得たかもしれない非常に惜しい作品だ。