遥美沙樹

友罪の遥美沙樹のレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.8
難しい作品です。こちら側に「もし」を問いかけられる原作を、主役2人がよく演じたと思います。「もし被害者だったら」「もし加害者だったら」「もし被害者の家族だったら」「もし加害者の家族だったら」…。一度でも罪を犯した人間は、一生その十字架を背負い幸せになることすら許されないのか、一度でも唯一の友人が助けを求める手を振り払ったことで、亡くしてしまったら一生その罪を背負わなくてはならないのか。いろいろな立場から考えさせられます。富田靖子演じた先生役の立場もまた、痛い。
同じ痛みを持つから友達なのか、友達ってなんだろな。そんなことをエンドロールと共にぼやっと考えさせられます。ただ、作品自体に絵力はなく、これは予算だけの問題なんだろうかとかも考えたり。