TOSHI

友罪のTOSHIのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
-
誰にでもなかった事にしたい過去はあるが、人間は決して過去から逃れる事はできない。刑事事件それも、殺人となれば尚更だ。インターネット上で過去の事件に関する事実や憶測が晒され続ける現代では、“忘れ去られる権利”は無いに等しいだろう。かつて重大な事件を起こした少年Aとその友人の物語かと思ったが、もっと複雑で、罪の意識を抱えた人達の群像劇、贖罪の連鎖の物語だった。瀬々敬久監督ならではの、重厚な人間ドラマになっていた。

元雑誌記者の益田(生田斗真)は、埼玉の町工場に職を求め、同年代の鈴木(瑛太)と同時に試用期間に入る。益田は慣れない仕事に苦労するが、鈴木はいくつも資格を持っていて、即戦力になっているようだ。鈴木は無愛想で、他人との交流を避け、他の社員から毛嫌いされている。何を考えているか分からない不気味な男を演じさせたら、今の日本映画界では瑛太が一番だろう。独特の存在感だ。
益田は学生時代にいじめを受けていた友人が自殺したことに、罪の意識を感じていた。友人の側にいたが、いじめる側に回ってしまった時に友人は命を絶ったのだった。刑事上の罪ではないが、“友を裏切る罪”を犯したのだ。罪の意識を和らげるためか、今でもその友人の家族を訪ねては、息子の代わりをしている。共通点は何も無いように見えた益田と鈴木だが、人に言えない過去を持つという共通点のせいなのか(二人共、毎晩夢でうなされている)、同じ寮で暮らす内に少しずつ友情を育んでいく。

物語は二人を中心に、他の人物も絡んで広がりを見せる。鈴木が帰り道に出会う、男から追いかけられていた美代子(夏帆)は、元恋人の達也(忍成修吾)に騙されてアダルトビデオに出演した過去があり、人目を避けて暮らしている。また作業中に指を切断する事故を起こした益田を病院まで乗せたタクシー運転手の山内(佐藤浩市)は、息子が交通事故で二人の子供の命を奪ってしまい一家離散した過去があったが、息子が結婚しようとしている事に困惑する。そして、かつての連続殺人犯・少年Aこと、青柳を担当していた、医療少年院の更生官・白石(富田靖子)は、仕事を優先し愛情を注げなかった娘が妊娠し、中絶しようとしていた。ある者は二人に深く関わり、ある者は一時を共有する(山内と白石の娘のエピソードは、本筋に上手く絡んでいない感があったが)。

入院中の益田を見舞いに来た、元恋人で元同僚記者の清美(山本美月)は、最近、近辺で起きた猟奇的な事件が、かつての少年Aによる殺人と重なる部分が多いことを話す。益田が記者を辞めた理由が分かるが、果たして事件は少年Aによる再犯なのか、益田は行き詰った清美を助けるため始めた取材の過程で、鈴木がかつての少年Aではないかと疑っていく…。

登場人物は皆、自分或いは自分の家族がした消せない過去に悩まされている人達だ。加害者と被害者の関係は、法的に責任を取った時点で解消されるが、罪を償った人間も贖罪を考え続けなければいけないのか、幸せに暮らしてはいけないのか。
益田の退院祝いの会で、アニメソングをカラオケで歌う鈴木を撮った、スマホ映像が鍵となるが、酒を飲んで楽しそうに歌う姿が印象的だ。人生に絶望している人間でも、生きていく以上は、酔ってカラオケで盛り上がるという、ささやかな幸せに身を任せてしまう物なのだ。
加害者であっても刑期を終え法的な責任を取ったならば、幸せを感じる事があっても良く、結婚して家庭を持っても良い筈だが、その幸せを感じる事ができるなら、同時にそういった幸せを被害者から奪った重大さを理解しなければいけないというのが、本作の投げ掛けだろう。
罪を犯した人間は罪を償ったなら、幸せを感じる事があっても良いが、その分、幸せを奪った人の事を考え続けなければいけない。そんな生き地獄のような状況で、やはり人と人の繋がり、そんな自分を理解して支えてくれる友人が唯一の希望になる。そんなメッセージが、意外な展開の末の、ラストの鈴木の複雑な表情に込められていると感じた。