OneEyedJOKER

友罪のOneEyedJOKERのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
-
本作品、色々な事がごちゃごちゃと起きるのだが、それらがうまく噛み合っておらず、散漫なまま ひとつに纏められずに終わっているんじゃないかと思った。

一見、現実の物語やら過去の事件やら、それに付随した色んな事が複雑に絡み合って起きているようにみえるのだが、実は起きている事柄は描かれていても、それを起こす人物の心情や動機が殆ど映し出されていない様に感じる。

例えば、本作のテーマとも言える『友への裏切りという罪』を描くには主人公2人の『友情』が不可欠であると思うのだが
実際 作中では友達と言いながらも、その様な心理描写が垣間見えない。

観終わった後に、何やらはっきりせずもやもや感が抜けきれない。

しかし罪に対して贖罪を考え、どういう風に償うかを悩み続ける人々の姿が描かれているようには思える。

犯罪や憎しみの連鎖というものを描いた作品が多い中、これは贖罪の連鎖を描いた物語の部類なのだろう。

罪というものには、ありとあらゆる側面があることを、この映画は教えてくれている気がした。