友罪の作品情報・感想・評価

友罪2017年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

「友罪」に投稿された感想・評価

重いテーマだけど瑛太君が最高!!!
ライミ

ライミの感想・評価

3.4


17年後、再び起こった新たな事件。
今、6つの人生が交錯し、辿り着く慟哭の真実ー。

このフレーズ、予告での雰囲気に私は誘われてしまった。

結論から言いますと、
好きな人は好き、嫌いな人は嫌いの二択で、普通だったって感想は生まれないイメージ。

作品のイメージとしては、暗く重い。と言った雰囲気を楽しむものになっていたので、そう言った雰囲気を楽しめる方だったらそれなりに良いかもしれませんが、俳優さんを観に行くって方だと厳しいかなと思いました。

けれども同時に、俳優陣があってこその作品だったなと感じました。(矛盾)

矛盾にまみれてしまいすみません!
でも、本当にあの俳優陣だから観られた感が個人的には強かったです。
斗真くん瑛太さんって言う実力派な2人だからこそ雰囲気に重みが増して作品の形が出来ていました。

うん、原作を読んでみたいです。

<あらすじ>
17年前ー許されない罪を犯した男と、癒えることのない傷を抱えた男。
今、ふたりの過去と現在が交錯し、あの日から止まっていた時計が動き出すー

元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と人との交流を避ける鈴木(瑛太)。
交わることのないふたりが町工場の寮で生活を共にして行くとふたりの間に友情が生まれる。
そして、鈴木からの告白により物語は進んで行く。
登場人物全員に対して「その立場ならわたしもそうする」と思った。
強いて言えば佐藤浩一演ずる山内修司の思考がわたし(の正義)に近い。

友達(や家族)の罪を赦したいのは、自分が友達(や家族)を失いたくないからだ。自分が悲しまない様に、自分が寂しくならない様に、自分がまだその人と一緒に居たいから、自分の為に、自分の正義を情で捻じ曲げ赦す。わたしもそうしてしまうと思う。

少し駆け足に感じた。6時間くらいの映画にして欲しい。

『友罪』薬丸岳(2013/集英社)
・神戸連続児童殺傷事件
・酒鬼薔薇聖斗事件
難しかった。人の心が代わっていくところがわかるのは面白かった。
しんどすぎ
とり

とりの感想・評価

3.7
それぞれの抱えた罪とその付き合い方。一緒に笑っている友人だって実はどんな素性かわからないという隣人の恐怖がある。
普通にこわい
na

naの感想・評価

3.0
いい意味で気持ち悪い映画
さめた

さめたの感想・評価

3.0
原作ファンというのもあり原作は超えられませんでしたが、2人の演技がよかったです
>|