友罪の作品情報・感想・評価

友罪2017年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

「友罪」に投稿された感想・評価

重いテーマだけど瑛太君が最高!!!
Pokpok

Pokpokの感想・評価

3.5
人ってみんな同じ
mcha

mchaの感想・評価

3.5
映画としての見せ方自体はもっと上手く出来たのではないか。伝えたいことを詰め込みすぎて無理矢理に畳みかけたラストが惜しい。
キャッチコピーが誇張表現すぎるくらい薄い。
もっと絞りこみ、ブラッシュアップして欲しかった。散点しすぎているのが残念。
正直、見せ方は低評価。

そう言いたいならそこは不要では?という、
不必要に不快感を与えてくるシーンも要らない。
夏帆の負のイメージの演技が生々しくよかったが、なぜ夏帆はそうでなければならなかったのか。原作を読んだら理解できる演出だったのだろうか。セリフも演出もキツイ。

尺の取り方が、深くみせるべきところを見せられていない。

話自体は面白く、テーマが重く、誤解を招きやすい作品なだけにキャストが慎重に演技をしたのが伺える。
瑛太の演技が凄すぎて、俳優魂というものをまざまざと見せつけられた気がする。
瑛太の演技あってこその評価。

人間ってこうなんだよね、いるんだよね。
理不尽で、醜くて、強欲で。孤独で。

重要なサブキャラクター達もリアリティがありすぎて気持ち悪かった。
それに比べて山本美月の演技が軽すぎて全体の重量感と差がありすぎて浮いていたのが気になる。

作品全体の熱が高く、深く考えさせられる。
問題提起していく作品はもっと世に出てもいいと思う。

「自分も幸せになりたい」
「自分も生きたい」
「奪ったくせに自分は得たいのか」
「そうするべきではないのか」

どうしても私は、被害者の立場で考えてしまう。
giraffe

giraffeの感想・評価

3.7
重いし暗いし怖いです。
他人とゆうか知りあいとかの過去を詮索する気はないけど、やっぱり過去に犯罪をおかしたことがあるってわかると私も距離置くと思う。
M2shiori

M2shioriの感想・評価

3.5
忘れて生きていくなんて
絶対に許されへん。

それでも生きていくと決めたなら
すべて、苦しみ背負っていくしかない。
ぱくち

ぱくちの感想・評価

2.9
少年時代に殺人を犯した男と自分のせいで友人を自殺に追いやってしまった男の話。

役者さんの演技力が高かった。

瑛太が良い意味で狂ってた。
忍成修吾ってああいう嫌な役多いな。笑
夏帆も幸薄系の役多いかも。笑

私の理解力が無かったのか、色々と ? なポイントがあった。
non

nonの感想・評価

2.5
瑛太くんの狂気の演技が光ってます。内容は重すぎる上に、正解がない。問題提起な映画です。夏帆ちゃんの役が幸薄すぎて、つらくなりました。
ヘビーですね。ずーん。
人間のそこはかとない闇と、孤独や弱さはやがて狂気になり...友達だから。うーん、友罪。言葉になりません。
2018年劇場71作品目。
シネマ ジャック&ベティにて。
原作既読です。
だいぶ原作をはしょった感じは
しました。
やっぱり重いテーマだな〜
考えさせられるな〜
『ラブレス』と並ぶ今年の重い映画
の1つに間違いはありません。
悪い映画ではないですが。。。
瑛太様の演技があの『万引き家族』の
安藤サクラ様の演技とかぶる程の
素晴らしさを感じました。
人生過去と対峙することで未来を
見据え、人は邁進しなければならないと
思い起こさせる映画ではないでしょうか。
まろん

まろんの感想・評価

3.0
オチがイマイチ
無駄に長い
よく聞こえない
>|