友罪の作品情報・感想・評価

「友罪」に投稿された感想・評価

重いテーマだけど瑛太君が最高!!!
夏

夏の感想・評価

3.4
【2018/051】
鶴次郎

鶴次郎の感想・評価

2.2
佐藤浩市なければもっとタイトな仕上がりで良くなったろうに
Hiros

Hirosの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

それほど小説を読む習慣がないが、むかし原作を読んで面白かったのを覚えていて劇場公開時きらかなり期待していた作品。
時間に制限があるとはいえ雑すぎて原作の良さが伝わらず。
地毛かカツラかわからない白髪佐藤浩市パートはまんま端折ってメインパートをもう少し丁寧にみせてほしかった。
面白くないと感じた映画の中に、実は原作を読めばどハマりする作品が山ほどあるんだろうと改めて感じさせられた。
逆に原作読まずにみていたらハードル上がらずもう少し面白く感じたかも。
期待していた分の落差で点数は低め。

このレビューはネタバレを含みます

過去に殺人を犯した青年と同じ職場になり
一緒に生活していく青年。

序盤は殺人犯が誰なのか分からないまま
話が進んでいくのでもっとスリルがあっても
良かったのかも知れない。
瑛太の独特の雰囲気のある芝居が
あ、こいつ犯人だなってすぐに分かるので
それを利用してもっと誰が犯人なんだっていう話があって欲しかった。
けど話の内容的に殺人を犯した人とその周りの人々の人生を描いているので
サスペンスではなく、人間ドラマになっている。

生田斗真にも、友達の自殺を止められなかったという過去があったが
"語り"だけで、描写があまり無いため
深く入り込めなかったかなぁ。

殺人っていう重いテーマを軸にしている割には
ストーリー自体が少し薄い気がしたので
もっと凝縮して一個一個の過去を作って欲しい気もした。

瑛太はかっこよすぎて、、
はる

はるの感想・評価

3.0
小説の方が面白かった。
長い話だったから、入りきってなくて、わかりにくかった。
もったいない。
mari

mariの感想・評価

3.0
暗い、重い、辛い。見ていて楽しいシーンは1つもない。演じる人たちもきつかっただろうなぁ。現実にとても人間とは思えない犯罪者はいるわけで、出てきた後もどこかで生活している。そして友達がそうだとゆうこともあろう。恐ろしい存在だけど、彼ら自身もまた、異常な自分を信じられないとゆうのは、あるんじゃないかと思う。
yohey

yoheyの感想・評価

3.8
当たり前のようだけど、考えるべき作品!
瑛太の演技力が素晴らしすぎた!
レオ

レオの感想・評価

-
もう圧巻の演技力の一言。瑛太がズバ抜けてる。
生田斗真の人間味、夏帆の危うさ、佐藤浩市の行き場のない怒りの感じもすごい良かったけど、何よりそれを囲む全員がマジで最高。
瑛太と生田斗真と同じ職場で働く二人、子供をおろした女の子、佐藤浩市のタクシーの運転手仲間の男、少年院にいる子たち、夏帆の元カレ、少年院勤めの女性、佐藤浩市の子供、その子供の奥さん、佐藤浩市の親族、生田斗真の同級生の母親、瑛太の幼馴染、生田斗真の元カノ、もう全員。

脇役であろう方がマジで最高の演技してる。この人達の誰かが欠けてたら成り立たない映画。その中で名前の浮かばない方がちらほらいるのが申し訳ないレベル。

少年院勤めの女性が「想像して!」って少年院の子に訴えて事がおさまった時、ああ、この子は想像できる。だからこれからもこの子は大丈夫だ。と思った。地味なシーンかもしれないけど大事なシーンだし一番好き。

クオリティや熱量は星5。
ただもう一度見たい、手元に置きたいと思う映画にしか星5つけないので、この映画にはつけられない。
わたしには彼らの人生をもう一度背負う事が出来ない。

もう決してあの場所に戻ることは出来ない。
>|