友罪の作品情報・感想・評価

「友罪」に投稿された感想・評価

nolone

noloneの感想・評価

4.5
少年Aのインパクトが強いためドキュメンタリー映画なのかと思ったら、他の登場人物の環境なども並行してストーリーが進むため、罪とは、犯罪を犯した人は幸せになってはいけないのかなど、ちゃんとテーマに沿った映画になってて驚いた。
あと瑛太の演技すごすぎ。何種類の笑顔を使い分けられるの。
ゆりあ

ゆりあの感想・評価

2.5
だらだらといつまで経っても心が動かなかった
瑛太演技凄い

このレビューはネタバレを含みます

最後に青柳が益田くんに触った瞬間、2人の関係性は完全な友達になったような気がした。

こういう映画にはいつも「どんな時でも自分の意志を貫き通そう」って改めて決意させられる。

あんまり関係ないけどいじめなくなれば良いのになぁと思った。
さゆ

さゆの感想・評価

3.0
「過去に犯した罪」
「友人を裏切った罪」

重たい。
もし殺された側の家族だったとしたらきっとこの映画を最後まで観ることができただろうか、、、。
過去に犯した罪によって苦しもうが夢でうなされようがきっと理解できないだろうと思う。
ただ加害者にも家族はあるわけで、、、。
加害者は幸せになっちゃダメなのか?の言葉は難しい。
重い映画だった。。。
映画って何かの犯罪を一つ取り上げていろいろ考えさせられるものが多いけど、被害者側の苦しみだったり、犯罪者の変化だったり。最近そんな映画をみて耳にするのが裁判だと結局被害者側が泣き寝入りするみたいな話。加害者側も人権があるから。精神的な病気だから。映画でも加害者は環境からそんな風に育ってしまったんだと、ちょっと可哀想な人なんだ。そんな風になってしまっても仕方ないよねとでもいいたいような言い訳をよく見るし、私もそれを見て難しい問題だと何度も思った。この映画は加害者がどんだけ可哀想な人でも、きちんと罪を法的形で償ったとしても、これから何十年と生きていかなきゃいけないけど、それでもやっぱり加害者はその罪悪感という苦しみを背負って生きていかなきゃいけないと訴えているように思えた。
みそら

みそらの感想・評価

2.1
酒鬼薔薇聖斗事件がモチーフになっている作品なんですね。
友達を大切にしようとする主人公が素敵でした。
こい

こいの感想・評価

1.3
キャストに釣られて間違いだった最近のナンバーワンがっかり映画
>|