友罪の作品情報・感想・評価

「友罪」に投稿された感想・評価

はち

はちの感想・評価

3.7
人間ってなんて残酷な生き物。

犯した間違いの重さを抱えたまま
その間違いを取り巻く周りの人生さえも狂わせていく。
誰だって間違いは犯すし、
人に言いたくない過去や過ちはある。
それを抱えたまま、
他の何かで償おうと必死になったり、
それでも続いていく人との関係に苦悩しながら時間は続いていく。

この映画自体は非常に暗くて
一体誰の味方をしたらいいのかわからなかったけど、今の自分のテンションにぴったりでとても良かった。
h

hの感想・評価

3.0
途中で寝ちゃった記憶はある はず
hokt

hoktの感想・評価

3.2
瑛太怖い
A

Aの感想・評価

3.4
良い点
瑛太が好きなので、相変わらず良かったです

気になった点
家族と親子の罪についてのくだりは、もう少し関連性を持たせたほうが良いと思いました
あきほ

あきほの感想・評価

3.8
罪を抱えて生きている人も、許せない傷を抱えて苦しんでいる人も実際たくさんいる。こういったテーマはいつでもあるし、答えはわからない。「だからやっちゃいけないんだよ」ってそういうことだけど、いつまでもなくならないのが事実。
「ふつうにいきてるんだね」とかいうセリフがあったけど、日常の一瞬を切り取っただけで判断するのは怖いし危険すぎる。脳裏から離れない何かをずっと抱えて生きていくのは本当にしんどい。でも生きてる。生きてきた。未来をどう生きていくかはそれぞれが選択していくだけ。いつか消えていく、長い歴史の中で、当事者として生きてくだけ。

このレビューはネタバレを含みます

DVDが今日返却〆切だから急いで観た
キャッチコピーに惹かれたけど、そこまで仲良くなってるか???って思った
少年Aが親友っていう設定の方が良かったてかそう思って観たのに

同じ監督の作品のロクヨンも前に見たけどそっちの方が面白かったイメージある

うーわめっちゃ新幹線酔う
No1

No1の感想・評価

3.1
それぞれに過去がある。
家族を作る喜びと背中合わせの苦しみ。
終始どんよりした空気。
佐藤浩市だけは本編とあまり交差してこない単独のストーリーで、どう繋がるのか気になっていたが拍子抜けだった。
瑛太の演技はさすが。
夏帆は幸薄い女子役がハマる。
>|