友罪の作品情報・感想・評価・動画配信

友罪2017年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:129分

3.2

あらすじ

「友罪」に投稿された感想・評価

難しい話でした。
きりん

きりんの感想・評価

3.3
ストーリー全体としてはいいと思った。でも思ったよりって感じだった、、。観るのが苦しかった。
琳

琳の感想・評価

-
罪の意識とか戻れないあの日の記憶とか、誰しも色んなものを抱えているんじゃないかなと思った。
見るに耐えなかったりきつい場面も所々ある映画だったけれど、普段突き詰めて考えてこなかった事にも思いを巡らすきっかけになった。
chaco

chacoの感想・評価

4.5
瑛太がすごかった。少年のまま成長した大人だった引き込まれた。焦点のあわない目線、なんとか生きてる感。
いろんな形で罪を償っている途中の、人たちの話。
実際に手をかけた人、間接的に死に追いやってしまいずっと悔やんでる人、息子が事故で幼子を死なせてしまった人、どうしようもなく自分の生き方を苦しくしてしまった人…みんなそれぞれの悩みを抱え生きている。償う形に正解なんてないのが苦しい。どの人の形も軽く置き換えて考えられないから終わったあとも考えてしまう。
どこかで繋がってほしい。少しでも幸せを感じでほしい。生きててほしい。
夏帆が、一番心配なんだけどね。
サヤカ

サヤカの感想・評価

3.4
面白かった
marikos

marikosの感想・評価

-
瑛太は化け物
〝思うよ。生きる価値なんかないって〟

〝だけど俺、生きたいんだよ〟
〝あんなひどいことしといておかしいんだけど、
 心の底じゃ、すごく生きたいと思ってる〟

総じて、加害者の心理は、後悔が先で、反省は後です。

「自分が悪い」と思うよりも、
こうなってしまった現状を悔やむのです。

加害者は、バレてしまったことに、
後悔しているのです。

いじめも、悪いことだと思っていれば、
そもそも起こりません。

加害者に対して、いきなり、
「反省しろ」と言葉をかけても、無意味です。

まずは、後悔していることに共感してあげることです。

「後悔しているよね」
「自分も傷つけられたら痛いよね」
「相手も痛かったはずだよね」
「相手に謝ってみようか」

加害者には、反省させることよりも、
まずは後悔していることを抱きしめてあげます。

存在を認めてあげます。

それでもあなたが大切なのだと伝えることで、
後悔の次にある反省につなげていくことができるのです。

一緒に、後悔してあげよう。
hiroooosi

hiroooosiの感想・評価

3.0
向き合う事を選んだ人と向き合う事を避け続ける人。自分の中の正義の為に大切な人を失う人と自分の中の正義より大切な人を選んだ人。

沢山の人の人生や気持ちや考えが怒涛のように押し寄せてきて、しんどい反面多面的に見れた。

登場人物みんなが戻れないあの日をずっと胸に秘めて生きてる。
俺も戻れないあの日があるなぁと思いながら観てた。

印象的なシーンは、カラオケと瑛太が生きたいと言った時と佐藤浩一が追い返されるシーン山本美月が関わらない様生きてきたと言ったシーン。

カラオケのシーンはみんな楽しそうで幸せそうだったから、そっからが辛い。
特に送られてきたDVDを先輩達が見るシーン。
カラオケでこの人達も良い人なのかと思ってたから、ショック。
DAI

DAIの感想・評価

3.4
記録
ice

iceの感想・評価

3.2
お芝居の化け物ばかり出てた
すげーーー。
奥野瑛太と永山瑛太。。。

個人的に、富田靖子さんの、
愛の象徴、みたいな、むしろそれが怖くなるくらいの優しい目が好きで、
富田さんが一気にこの映画を“ドラマ”にしてたなと思う。それが良かったのか悪かったのかはさておき。
しっくりは来てない。


あの父さんやばいな。

映画館で観てたらたぶん生きて帰れなかったな…映倫、これでGなのか…色々きつい

後半週刊誌のくだりは正直どうでもよかった。
>|