ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

タイトルになるほど。
まさに"ブラッド・スローン"でした。

もっと「この刑務所がヤバい!」話かと思ってたら、意外にも淡々と静かに進むのでびっくり。いや、十分ヤバいのだけれど。

過去と現在を交差させて描く意味あるのかな?とか、クライマックスをもっと劇的に盛り上げてれば…!とか、
ちょっと肩透かしを食らった節があるが、丁寧な心理描写で、壮大な愛の物語のドラマ作品だと思えば完成度は高い。

特に"親父モノ"好きな俺にとっては、モーテルのシーンはかなり良い。

ただ、個人的には主人公より、ジョン・バーンサルの方が印象に残った。
この人、本作のようなチンピラ役から、特殊部隊役、『ウォーキング・デッド』のシェーンのような普通の人役と、何でも器用にこなすのに、自分の味も出してて凄い。

顔が似てると言われたことがあるが、その事が最近鼻高々になってきた。
emi

emiの感想・評価

2.0
あまりリアリティの無い刑務所サバイバルアクション映画。現代のアメリカでこんな刑務所あるのか?株のブローカーだった主人公の変身も唐突で異様に早い。
エリート会社員の主人公は死亡事故を起こしてしまい、凶悪犯罪者ばかり集められている刑務所へ収監される。
悪人達の中で生き残るには自分自身も悪人になるしかなく、一度仲間になったら抜け出せなくなってしまう。そんな中、主人公は出所する事になるのだが…といった話。

キャッチコピーやジャケットから刑務所内でケンカでのし上がっていくようなストーリーと思いがちだが、けっしてそのような作品ではない。
ケンカもあるが、刑務所内でボスの信頼を得てのし上がっていくといったもの。

主人公の選択した道も理由もわかるけれど、ただのサラリーマンがあそこまで変われるか?ってところが少し。
もともと体格もいいし、素質もあったのかな。
思っていたよりは割と静かな作品だった。
dieさん

dieさんの感想・評価

3.9
ツッコミどころはあるものの、家族の為に戦い、のし上がっていく姿はタフでカッコよかった!
腕っぷしだけじゃなく頭もキレるところがいい!
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

3.0
一つの歯車が狂い、
転落へ(●´ω`●)
家族への愛がまた哀しい。
色々と重い。
もう少しテンポがいいと、
興味を持続できたかも。
ぽんた

ぽんたの感想・評価

3.7
Dad……(感涙)
証券マンとして勝ち組人生謳歌中のジェイコブさん.飲酒運転+赤信号無視で大事故.めでたく監獄人生へ.そこは弱気を見せれば食いつくされる,いや掘りつくされる暴力が支配する世界・・・
ジェイコブさんが監獄で順調に地位が上がっていくのちょっと違和感.大きな犠牲を払っているのに苦労していない感じがするのはどうなんだろう.そーゆー演出だとしたら何の効果を狙ったのか.
作品は仮釈放後の銃器違法取引を本筋とし,途中収監されるまでの経緯が挿入される.人相の悪い俳優が山程いるのは本当に羨ましい.何人かはトレホみたく元ギャングって人もいるんだろう.こーゆー俳優の層の厚さが作品にリアリティを与え,また作品の多様性を支えているんだろうなぁ.
支えているといえばジェイコブさんの荒んだリアルGTA生活を支えていたのは家族の存在.離婚してもジョシュアが息子であること,ケイトさんの事を愛していたことは変わらない.この手の家族の肖像ってリアル欧米社会にホントに存在するの?オフィスにあるウィスキーと同レベルの都市伝説じゃないの?
あと優・悪人・男が多かったニコライがど直球ギャング(どれくらいギャングかっていうと馬蹄形髭してるくらい)がいい感じだったのは意外な収穫.
法廷改悪裁判ですか?開廷する気にもならんわ.いくら原題がわかりにくいからって邦題をもっと意味不明にしてどうするの.馬鹿なの?死ぬの??
アメリカって交通刑務所ってないのかな。
風来坊

風来坊の感想・評価

4.5
終始にヒリヒリとした緊張感が漂うハードなバイオレンス映画。エリートだった男が極悪犯ばかりの刑務所で生き残るために極悪人になるという設定は面白いですね。その変わりようもスゴいが、シャツのボタンは上までキチンと止めたり、几帳面だったりとエリートだった頃の面影がある細かい演出も見事。

ただ、あっちの法事情は知らないですが初犯みたいで憂慮すべき物もあるのに、いきなり極悪犯ばかりの刑務所に収監ってあるのですかね?これじゃ更正の場の刑務所で犯罪者を育てているじゃないか?とちょっと疑問に思いました。

終盤の主人公の行動がちょっと理解出来なかったのですが…なるほど、そういう事ですか!
歪んだ形ではありますが、主人公なりに考えて家族を守るために更に修羅の道へ…その覚悟に震える。
そこらの悪党とは覚悟が違う…そりゃ強い訳だ。

血生臭さが終始に漂い重苦しい展開で不穏な音楽がさらにそれを引き立たせる。派手さは無いが硬派な雰囲気は非常に好み。家族を守るためにわざと息子に冷たく接するその姿に胸が熱くなる。救いはない…いや主人公からしたらあるのか。自業自得の面もあるし犯罪を肯定する訳ではないけれど、引き返せない修羅の道ただ進みもがくだけ…そんな男の生きざまを感じた良い映画でした。
>|