ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

がい

がいの感想・評価

5.0
馬に乗って剣を振り回すドラマ版ニコライさんばかり観ていたせいか運転する姿が新鮮に感じること感じること
昨夜この監督作品の『オーバードライヴ』を予習で観ました ぶっちゃけハードル下げました
そして本作 ワタシ好みの作りになっていてそのハードルを大幅に超えてきた
同じキャストも出演してて監督ファミリーなのか
誰でも起こりうる些細な欲や一瞬の運転ミスが原因で人生が大きく変化する身近な怖さ
それに単なる犯罪やら監獄物語だけじゃなく父親と息子の関係性の描き方
そのへんのツボも押された
両者2作品の海外版のポスター?が激似なのも頷ける なんとなく
今作 欲を言えば予告編も何も見ず真っ白な状態で観たら更にぶっ飛んでたと思う そんな事ニコライさん映画でワタシにはムリだけど
結果 色んな意味でスルメ映画の棚に入ること間違いなし

ニコライさんとタトゥー無しの彼との関係がブライエニーとポドリックに似てる気がする←伝われ
そして少しマッツのハンニバル味もある 美しいニコライさんの新しい顔が見れて大満足
しかし上映館が少なすぎ パンフレットの販売も無いなんて悲しすぎる
頑張れニコライ‼️
予告編を見て、完全に監獄の中だけが舞台だとばかり思っていたけど間違いだった!

エリート証券マンで、キレイな奥さんがいて、小さな子供がいて、あるいみ理想的な家族を持った日常を生きていたジェイコブが、ある日不慮の事故で
友達を死なせてしまう。
でも、それだけでは転落するとは思えない。
なのに、監獄で、ギャングとして成り上がっていくことになる。

頭脳が武器とは確かにと思うストーリーで、ただただ暴力ではない作品で、そこがすごく良かった!!
しかし、アメリカの刑務所って恐そう。。。
事前に見たネット上の評判が良かった事もあり、
「“ハイジ”に並ぶ今年のダークホース作品かも?」
と期待して劇場へ。

私が過剰に期待した為か、期待程でも・・・。

2017年10月に映画館で鑑賞
わい

わいの感想・評価

-
2017年158本目

観るか迷ったんだけど、時間があったりのタイミングで(笑)
ニコライ・コスター=ワルドーは観たいけど、刑務所ものだとグロさ加減が・・
そこは思ったより大丈夫だった(血みどろだけど)

更生するための刑務所で更に悪くなるって、、
刑務所映画は何作か観てるけど、この展開は驚くし、以前の姿と今・変わっていく姿とその変わりっぷりにも。
時系列のストーリー展開でないので、
余計にニコライ・コスター=ワルドーの変化がわかりやすくて。

しかし、こうなると残された家族は辛いなぁとは思った。
このシステムでいいのか?とも。
tatari

tatariの感想・評価

4.1
安易に「ゲーム・オブ・スローンズ」人気にあやかった邦題が作品の価値を少し下げている気がするけど、、、ノワール・サスペンスとして、よくできてる。あっぱれ。
emedia

emediaの感想・評価

3.9
ジェイコブの気持ちの切換の速さは本能なのか?
極悪な環境で生き抜くには
「何が何でも家族を守り通す」
ぶれてはならない想いがある
足を一歩でも踏みいれたら
弱味を掴まれてはならない
こう教えられていたにも関わらず
結局は羽交い締めにあうジェイコブ
もう目には目を歯には歯を
隙を与えた者から死んでいく

罪を重ねるほどに拘束も強まる
陽のあたる鉄格子は電話ボックス並み

牢獄に届く手紙には・・涙が💧
父のタトゥーを目にした息子の視線
ジェイコブには最も痛みのある凶器?

根っからのギャング好きなので
あらゆるものを武器に襲いかかる術は
非常に参考になるね(何の?)
けろえ

けろえの感想・評価

4.4
ニコライ・コスター=ワルドー様目当てで鑑賞…しましたところ、これが思いもよらぬ拾い物!
ポスターからは何やらアクション物を想像しますが、男たちの重厚なノワールサスペンスでした。子を想う親の気持ちに涙。
ワルドー様の化けっぷりにも感服。渋い映画でした。
本物の受刑者を使っているらしく、演技とは違う迫力があった。
グッと来る。
3io

3ioの感想・評価

3.6
Just one accident completely changed his life.
To survive, to protect his family, he had to be strong as much as he could which means he can’t be with his family anymore because that’s the only his weak point.
He gotta be a shot-caller.

Nikolaj Coster-Waldau played well. It was like he played two characters in this movie.
のん

のんの感想・評価

4.0

交通刑務所って無いの…?

緻密な調査に基づいたという刑務所内のシーンや、ごく普通の人だった彼(ジェイコブ)と収監されてからの彼(マネー)を 演じた、ニコライ・コスター=ワルドーが凄い。同一人物とは思えないほどの違い。
ひたすらゴリゴリな肉体派クライムサスペンスかと思ってたらドラマもしっかりしてて泣かせる。
胸に哀しい十字架を刻んでしまった男の物語。父親と息子の絆が熱い。


観賞後、刑務所トレーニング体験してみたくなる…かも?