ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

REY

REYの感想・評価

3.2
普通に幸せな家庭のお父さんだった。

自らが運転する車で信号を見落とし
後部座席に乗る友人を自分の運転ミスで亡くしてしまい
刑務所に入り人生が一変してしまう。

極悪非道の囚人がゴロゴロいる中
その中のあり得ない掟と命令
自分自身もこの場所で生き抜く為には
やられる前にやれ!!!www
罪を償う為に入った刑務所が悪に手を染めていく場所となっていく

一度踏み入れた世界は簡単には抜けられない。
家族を捨てる覚悟をする。
シャバに出ても
まだ続く掟… 悲惨だなw

家族だけは守りたい
その思いだけは変わらない彼がとった最後の行動。

子供が父に送った手紙…せつない。
Sentokun

Sentokunの感想・評価

3.8
クソかっけぇー!中学や高校生の時に観てたら影響受けて筋トレしてまうだろうなぁ‥。

普通の良いパパがよそ見運転して同乗者を死なせてしまい、刑務所に投獄されるが、良きパパよりギャングスタの才能が高かったと言うお話。

正直ギャングスタ能力高すぎて現実味は薄れるものの、重厚なドラマとして仕上がってます!

最近よく見るジョン・バーンサルとか言う脇役が今回も不良役でいい味出しとりますね。

ラスト、主人公の「誰も俺の家族には手をださせねぇ」は圧巻。真似出来ませんw

男の子は絶対好きな厨二病映画。是非!
USRYT

USRYTの感想・評価

3.6
ゲームオブスローンズのジェイミー役のニコライ主演とのことで、鑑賞。全ては妻子のために。まさに、血まみれの王座って
映画。
IM

IMの感想・評価

3.5
日本人でこの映画をリメイクしたやつを免許の更新の時とかに点数高いドライバーに見せれば絶対に交通事故は減るとおもう。
半分寝そうな注意喚起の安全運転ビデオより警察はこういうのを導入すべきである。
それにしても結果的に飲酒運転が己の肛門を危険に晒すことになるとはおっかない国である。
しお

しおの感想・評価

3.5
肉体的な強さだけでのし上がっていく物より、こういう、頭の良さも利用した作品の方が「おお〜」となって好き。
みんな見た目がいかつ過ぎて、警察も極悪人に見えた。
殺るか殺られるか
ここでは戦士か犠牲者になるしかない

仕事も私生活も充実し、順風満帆な人生を歩んでいたサラリーマンが飲酒運転により事故を起こした事で懲役をくらってしまう。
大人しく刑期を終え家族の元に戻るはずが、その収容された監獄は凶悪で冷酷無情なギャング達がウジャウジャいる暴力と殺しだらけの世界で・・・というなんとも重厚なストーリー _(:3 」∠)_
すごーーーーーく怖い世界だった
エキストラにはリアルなギャングや前科者が集められたそうで、かなりの迫力がありました

自らの人生を投げ打って最後まで家族を守り抜く男気溢れるジェイコブ、かっこよかった _(:3 」∠)_ ◎

ジョシュア・キャサリンと、家族の名前が彫られた胸のタトゥーには少しほっこり

かなり観入って、2時間あっという間でした!
こういうクライム映画やっぱり好きだ〜
久しぶりに邦題にセンスを感じた!!
暴力で勝ち得た地位や力は解決しないと表す映画。

どんなに進んでいっても何者かに利用される。

マフィアのトップに躍り出ても次は警察でといった形で。

そんな形で得た地位は本当に大切な家族を遠ざけてしまう。
切なすぎる、、、登場人物の心境がズキズキ伝わってくる。
フォローさんも書いてましたが、生き残るためだったはずが、、
全ては家族を守るために。
アルマゲドンや96時間みたいな、The"強くてカッコいいパパ"ものシリーズに新たな一作。ラスト15分の演出が最高。演技、音楽、カメラワークどれをとってもかっけえ、。
RyoSuzuki

RyoSuzukiの感想・評価

4.1
呼び知識無しで観賞。
まったく、予想外の話でした。
初めては時系列を理解出来ず、途中で同一人物だということに気がつく。
名前の知らない役者でしたが、素晴らしい俳優ですね。

なかなか読めない展開が続きますが、最後は全てが繋がり、とにかく切ない…
ハッピーエンドともバッドエンドともとれる最後ですが、彼の生きざまに共感はできずとも、家族への愛を貫く姿に胸を打たれます。