ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

観てきました。

映画館で上映される映画はどれも面白いものばかりではないし、限られた映画館でしか上映されない映画もある。
1日何回も上映され長い期間上映される映画ばかりではないし、その日にしか観に行けない映画だってある。
そしてこの作品は、久しぶりに観に行けてよかったと思えた。
誰にも決して見せない男の熱き想い。
お

おの感想・評価

3.9
実在する刑務所で撮影し、エキストラも現役格闘家や元ギャングばかりというリアルさはんぱねー映画。
現在と10年前の時系列がバラバラで進んでいくのだが、主人公マネーが凶悪なギャング達に呑まれていく中で様変わりしていくので髪型、ヒゲ、タトゥーを見れば時系列がわかるところが面白い。

ストーリーもイカすが、タトゥーマニアなら2倍楽しめる。
僕はリッパーの風貌が1番好きでした、と思ったらリッパー役の人もMMA所属の格闘家でした。笑
KeitaBaba

KeitaBabaの感想・評価

4.5
いやー、面白い。
久々に見応えあった、余韻の残る映画。
刑務所ギャングもの?バイオレンス?本質を捉えてない評価だと思うわ。

ものすごく哀しい映画。
主人公が悪に染まる?アメリカの刑務所では人種によって別れたグループに入らなければ生きて出てこれない。そのグループでの要求に応えないと生存できない。
悪に染まるとかそんな話じゃないでしょ。

主人公は家族を守るため、自分を殺したんだと思うんだよね。
彼の時間はずっと止まったまま。いくらのし上がろうと。

主人公を善とも悪とも片付けらないんだよなぁ。
彼なりの罪滅ぼしなのか、それとも少しでも良い父親にという気持ちあるのか、なんて想像してしまうよね。

まるで別人の体つきに仕上げた主演に拍手。
2つの時間軸で進むのも、良い効果だと思うわ。

交通事故という過失で、重犯罪者と同じムショに入れらてしまうことや、
体育館を使って房がわりにしている刑務所の囚人過多、
又、刑務官の腐敗、
刑務所に入ったがためにギャングとの繋がりができてしまう、
などなど、アメリカの社会問題をよく取り入れられた映画。


あぁただただ哀しいなぁ。
壁にいつまでも貼られた妻と息子の写真、、、、。
筋トレしようと思った。どんな状況においても筋トレで最強の精神は手に入る。誰かおんぶしてスクワットせねば。
一見派手なアクション映画かと思いきや
熱い男達の物語だった!
交通事故で刑務所に入ったサラリーマンが刑務所の中でのしあがって行くストーリーは個人的には大好き!
人殺しも平気で行うようになるぐらい主人公が悪に染まっていきます
でも主人公は家族思いで涙もろいとこもまたいい!
出演者も実際のワル達が出てるしロケ地も刑務所やしリアリティーは凄かった!!
これは絶対観た方がいい!!
まりん

まりんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

監督の Stephen Dunnはゲイであることを公言しているそうです。
そしてコレは半自叙伝だとか。
ゲイの人はゲイの人が分かるのだそうですが、コナーは自分は自覚していないの。ダダ漏れに溢れだしているんだけど。
だけど、幼い頃からそのワードが耳に入り心に引っかかっている。
それはマイナスなイメージで。
父親は息子のその片鱗に怯えている。

思春期の少年たちが、ゲイを自覚する良作な映画は色々有るけれど、これもまた名作です。

幼い頃目撃してしまった事件のトラウマから、自分の中に有る恐怖。
自分自身が受け入れられない。だけど視線はいつも彼を追って居て、彼が女の子に見せる態度にショックを受ける。
もう、恋する乙女そのものですから。可愛いのよ。

ワイルダーは多分性の垣根を越えられる子なんだろうけど、あの思わせぶりな発言の数々は、罪ね。裏切らないし、優しいけど。

認められなくて、でも愛しくて、優しさも哀しくて、戸惑って。
父親の事とか、母親の事とか、進路の事とか、親友のハムスターの事とか。
思春期の悩みは多い。

ハムスターが良い味出しているのだけれど、若すぎて気が付かない、父親の苦しみを、親の優しさを、静かに語りながら、去って行くラスト、良いです。
今は、理解出来なくても良い。いつか分かるから。許せるかもしれないから。
振り上げた棒の行き先が、憎しみだけじゃない、父への思いを物語っていた。

ゲイは、まだまだ市民権を得ていないのね‥哀しい事だわ。
サ

サの感想・評価

5.0
これ、絶対つまらなそうな印象を受けると思うのですけど、かなり良質な映画です。だまされたと思ってシネマカリテへGO!
みや

みやの感想・評価

3.6
「殺られる前に殺れ」

絶対好きなやつーと鑑賞したのですが、哀しい男の話でした。
ちょっと期待と違った。^_^;

収監前と後の変貌ぶり、刑務所内のジリジリする緊迫感、男臭さ満載。

どの映画もアメリカの刑務所では筋トレが当たり前なんだろうか(・・?)
取り敢えず、上映中にビニールガサガサしてた観客を殺る。
mpc

mpcの感想・評価

3.8
少し授業料の高い刑務所入門😹
エリート金融マンだった主人公が交通事故で人を死なせてしまい刑務所へ

そこから徐々にサバイバルをくぐり抜け権力を身につけて裏街道のボスに

量産系ハリウッドエンタメアクションではなく、かなり骨太で荒々しい作品なので子供は見れないかね?

デスクワークのエリートホワイトカラーだったのにしょっぱなから身体能力高いのは置いといても面白かった!

受刑囚の筋肉観賞はアスリートやストリッパー、消防士役の筋肉と比べると見る方のノリが落ちるけどタトゥーとのバランスが綺麗でしたねえ!(笑)😹✨
りたお

りたおの感想・評価

3.5
ちょっと…皆さん脱ぎすぎ……///
サービスショットが多すぎてガチで照れた。

刑務所内筋トレ禁止とかタンパク質摂取禁止にしたら確実に抗争も暴力も減ると思うんだけど。(そういう映画じゃない)
主演の方マッツミケルセンに似てると思ったらデンマーク系の方だった。鬼イケメン。