ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

切なすぎる、、、登場人物の心境がズキズキ伝わってくる。
フォローさんも書いてましたが、生き残るためだったはずが、、
全ては家族を守るために。
アルマゲドンや96時間みたいな、The"強くてカッコいいパパ"ものシリーズに新たな一作。ラスト15分の演出が最高。演技、音楽、カメラワークどれをとってもかっけえ、。
RyoSuzuki

RyoSuzukiの感想・評価

4.1
呼び知識無しで観賞。
まったく、予想外の話でした。
初めては時系列を理解出来ず、途中で同一人物だということに気がつく。
名前の知らない役者でしたが、素晴らしい俳優ですね。

なかなか読めない展開が続きますが、最後は全てが繋がり、とにかく切ない…
ハッピーエンドともバッドエンドともとれる最後ですが、彼の生きざまに共感はできずとも、家族への愛を貫く姿に胸を打たれます。
主人公の親父がとにかくかっこいい。
予告編すら見ず全く予備知識なかったので最高によかった。予告編もあまりみないほうが映画は面白いと再認識したよ。

良い意味で予想を裏切られたぁ、、
アクションよりも、心理戦を楽しめる映画!



マネーの男気に感銘を受けました!
baku

bakuの感想・評価

4.0
結構観てるけど、あまりにも観すぎてレビュー書くのが面倒になってきて(笑)

これは久しぶりに借りて面白かったな~とオススメします。
主演のニコライ・コスター=ワルドーを見かけたのは『lost』以来かな。相変わらずシブいです。『フューリー』でイィ味出してたジョン・バーンサルも出ていて、コレも嬉しかった。

出所した主人公ジェイコブが、過去を絶ち切ってギャングとして歩むストーリーだけど、その合間に刑務所に入ってワルに身を落としていくストーリーが挿入されていて、なかなか飽きさせない構成。
ギャングになるけど、本心は家族を愛するマトモなオヤジで、その葛藤も描かれていて面白かったです。
エリートサラリーマンとして順風満帆な人生を歩んでいたジェイコブ。しかしとある事故で刑務所に入ってしまい……

国内外で大人気ドラマ
『ゲーム・オブ・スローンズ』の
!!ニコライ・コースター=ワルド!!
主演の刑務所サクセスドラマ。
出演者と題材に引かれて鑑賞。


【教育ビデオ】
安全運転を心掛けないと
こんな人生転落しちゃいます。

骨太濃厚な刑務所映画傑作
まさかちょっと飲酒&よそ見運転をしただけでこんなハードボイルドな刑務所ドラマに巻き込まれることになるとは彼も思わなかったでしょう。
しかしエリート街道を進んできた主人公、こんな状況下でも
How To Survive
を見つけてアンダーグラウンドのでも出世していこうと策略をたてる。
もちろん得るものもあれば、失うものもある。そんな切なさと野望を秘めた熱さを背中で語る主人公がカッコイイ!!
刑務所での乱闘シーンなんかは実際の囚人とかヤバい方々を集めて撮影されたらしいので緊張と迫力もすげぇ!

主演のニコライさんはエリートサラリーマンのスーツからタトゥーゴリゴリの囚人ルックまで完璧!
口髭だけ似合わないけどまじイケメンです。
あとは最近強面系不良キャラが板についてきているジョンバーンサルが小物悪役をやってました。

ギャング映画としても、
刑務所映画としても、
個人的にはかなり良質な作品でございます。
ニコライの身体の鍛え具合をもうちょい追い込んでくれれば4.0いってたかな(笑)

ギャング映画好き、刑務所映画好き、そして自転車や自動車でよそ見&飲酒運転をしているとどうなるかを教えたい人にはオススメの作品
heroko

herokoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

収容されたこの狭い世界で生き抜くには…精神的・肉体的・頭脳…強さしかない。だんだんと勇ましく主人公の豹変ぶりがわかってくる。
ただ、時系列が遡りながらの現在と混沌とするため理解に時間がかかった。

しかし、血だらけの最後のシーンに総ての意味が。私的にあそこで終われば余韻に浸り良かったのではないかと思ってしまった。最後に救いの光があることは良いけども。
ひろ

ひろの感想・評価

3.9
まるでブレイキングバッドを見てるよう、現地取材の甲斐あってか一味違う刑務所の雰囲気。主演があのゲームオブスローンズのニコライコスター!カッコいいー!(о´∀`о)面白いくらいに刑期が膨れていく、そして主人公の肝の座りかたが凄い!オラオラアクションかと思っだけど、静かで重厚なドラマだった。
Zoloev

Zoloevの感想・評価

4.4
うわぁ飯マズ映画見っけ!脚本、撮り方もしっかりして、あっという間に2時間過ぎた_| ̄|○
エリートサラリーマンが飲酒運転をして、同乗してた仲間を亡くしてしまう。
綺麗な奥さん、息子と絵に描いたような幸せが一瞬のうちに崩壊してしまった。
人間一寸先は闇なんです!
自分もハンドルを握る身であり、気をつけ様と誓ったのであります。

収監された刑務所ではギャング達の縄張り争い、抗争があり「長い物には巻かれろ!」的に上手にやり過ごす。そして身体にはサラリーマンには無縁のタトゥが段々と増えて行く。ある意味、無法地帯の刑務所の中で生き抜く為に生きる術を身につけて行くのでありました。

ケンカ、殺人、人種間の抗争(≧∀≦)
刑務所内のボスに服従する為に、自分の身体の一部を使って受け渡し役にまでなり、これは映画を観てのお楽しみ^_^
たくさんの本物の方も出演してます。メキシコ、コロンビア系のマフィアの人もいます。顔にまで模様を施した何とも言えない雰囲気です。

刑務所内、出所してからのエリートサラリーマンと家族との再会、髪型もオールバック、身体には無数のタトゥ、すっかり豹変してしまった旦那を見て奥さん、息子は?
リアルすぎます(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

エリートサラリーマン役の俳優さんはオールバックの髪型にするとジョシュバーネット、最後の金網外デスマッチでのボスはタンクアボットと映画内でU F Cの試合のワンシーン?と満載です。わかる人にはわかる(^^)

また観たい!そう思わせる見事なストーリー、最後は「そう来るだろうなぁ」と思いながらも、やっぱり凹むエンディングでした。こんな飯マズ映画好きだなぁ。