ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

くらげ

くらげの感想・評価

3.7
これ想像してたのとは違ったけど良かったです。アメリカの刑務所ってほんとにこんな感じなんだろうか…

えぐいストーリー観たいなあと思って鑑賞したのですが(笑)
まさかの涙…2回ぐらいほろっとさせられた。

刑務所に入る前と後で顔が違い過ぎて、最初別のキャスト使ってるのかと思いました。
普通にいろんな人におすすめしたい!
Chop

Chopの感想・評価

4.5
ビーバップハイスクール観終わった時の中学生ぐらいに、自分が強くなったかのようなイケイケの気持ちで映画館を出ました。
筋トレせなあかんな、という気持ちです。
系統違うけど、個人的には『アシュラ』観たあと以来の血が沸騰する系の作品でした。

刑務所系好きな人は観た方がええです。

ただ、刑務所内でののし上がり方がちょっと早かったかなと。その分、ボス、トップの振る舞い方などは他では見れない感じでした。中でも外でも。

観る気があるなら予告編ぐらいの最低限の情報で留めて鑑賞するのがオススメです。
http://bloodthrone.jp/

必ずまた観るやろなー。
刑務所に服役する前と後で主人公のビジュアルが違いすぎて驚いた。
まぁ、おもろいっちゃーおもろいが、テンポ悪いせいでイマイチ盛り上がりに欠ける。もーちょっと、興奮したかった。
小林

小林の感想・評価

3.8
2017/10/9 71本目 武蔵野館

ムキムキたちのガチンコファイトクラブを期待して観に行ったら。優しい父親が望まずギャングになり、不幸にもその才能がある…という割と悲しい話だった。でもこれはこれであり。

粗を探したらキリがないけど、個人的にギャングの掟みたいなのが好きなのでそれもあり。

アクションがもう少しキマっていたら、もっとみんなの評価も高いと思う。
trk

trkの感想・評価

3.0
ドリーム目当てで新宿来たけど満席のためシネマカリテに変更。

キャッチコピーに惹かれて観たものの、思ってたのとちゃうかった_| ̄|○

時系列の見せ方があんまり好きじゃないし、インパクトもそんななかったなあ

あまり盛り上がらなかった日曜日の午後でした。
帰ってイッテQみるかー
ゆめ

ゆめの感想・評価

4.0
ブラッドスローン、観ました。
普通の家庭の良いパパが不慮の事故で服役。そこからのし上がるんだけど、ニコライさんがあの顔であんなこんなエグい事するとか(´;ω;`)
だけどそれも愛すればこそ成せる技なわけで、なんか、、、ただ悲しい。でも、そぅするしかなかったんだって。
ゲーム・オブ・スローンズのジェイミー役で知ったニコライさんなんですけど、もっとたくさんの映画に出て活躍してほしいなー。
baho306

baho306の感想・評価

3.6
刑務所ギャングバイオレンスアクションかと思いきや、意外とノワールで良かった。
交通犯罪で刑務所に入ったエリートサラリーマンが、ギャングの世界に飲み込まれていくストーリーだが、単にのし上がる話で終わらない。
最後まで緊張感持って楽しめるた。
ただ、良き家庭人がなぜギャング化するのかの動機が突然過ぎて?っとなる。
結局ああするしか家族を守る術が無いのは分からなくも無いが、ちょっと強引な感じがした。
原題は後で知ったけど、後で知って良かった(なんとなくネタバレ)。
ジョンバーンサルは通常運転w。
dorakoo

dorakooの感想・評価

3.6
監督が刑務所に2年間ボランティア仮釈放監察官として潜入取材し参考にしたとゆう、もう後戻りできない男の物語。エリートリーマンが投獄後ギャングの風貌になり、一見地味だが骨太な良い作品だと終わってからじわじわきた。
ゴトー

ゴトーの感想・評価

2.5
全然つまらないってことはなかったんです決して。
主役のニコライ・コスター=ワルドーさんやジョン・バーンサルさんはめちゃくちゃカッコ良かったし、その他いかにもワルそうな顔面力のキャスト陣は観てて楽しかったし、不穏で哀しげな音楽はとても気に入ったのですが、どうも話はハマらなかった感じ……。

私がどうしても引っかかったのは、普通の善良な夫であり父であった主人公が、刑務所に入って自分の身を守るためとはいえ、いきなり根性据えてアッサリ悪の道に染まっちゃったところ。
そりゃアメリカの刑務所むっちゃ怖いんですけど、最初は主人公が直接痛めつけられたり家族をネタに脅されたりはしてないんです。
最初っから家族を守るためにここでテッペン取ったる!みたいな強い理由となるエピソードがあれば納得して観られたのにと思います……。

あと、もっともっと厭〜で怖くてバイオレントなものを期待していたところがあります。
結構普通に家族を思って頑張るお父さんのドラマっぽかったかも。
血の描写はとてもキレイでした。
でも逆にバイオレンスが苦手で観ようか悩んでいる人には安心して観てもらえると思います。