ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

なかなか重くて厚い映画だった。
ひとりの男が罪とは無縁の生活からとんでもない世界まで堕ちて行く話。

ムキムキ男だらけのバイオレンスはいかにもアメリカらしいっすな。
ヤベー面白い(^^)

ごく幸せな家庭を持ち平凡な人生を送ってた男がある日、飲酒運転で事故を起こし友達を死なせてしまう

それから刑務所生活でギャングに出会い

彼の人生は変わってしまう

全身にタトゥー

殺し合い

仮釈放も束の間、トラブルの連続

主演の人はゲーム・オブ・スローンズのジェイミー・ラニスター役

彼が出てるだけでテンション上がります

最後の終わり方もイカしてた…

全ては外の世界で暮らしてる家族を守る為
まぁみ

まぁみの感想・評価

4.0
面白かったです。

何とも言えない世界観がでした。
一度の事故から、こんなにも
人生が変わってしまうなんて・・・。
家族を守り抜きたい一心で
引き換えに選んだ人生は・・・。
とても残酷ですね。
重厚な映画… 見入ってしまった。
飲んだら乗るな! こんな末路に向かうアメリカって、凄すぎる。
yui

yuiの感想・評価

3.1
事故を起こしてしまい、刑務所へ。
当初は刑期をちゃんとまっとうしようと入るが
弱肉強食の刑務所内で生き抜く為に奮闘、
後半は家族を守るために罪を重ね奮闘。
早く家族の元に帰りたいのに帰れない、
そこはほんと切なかったな。

撮影場所は実在する刑務所を使っていて
本物のギャングや前科者がエキストラに
混じっているそうでリアル。

ムキムキすばらしい。
テメエの "アナル" はテメエで守れ!!

そんな作品です(・∀・)ノ アナルヲ大切ニ☆ (嘘)

わたくしのフォロワー女子さん達が大好物な
厳ついマッチョな男しかほぼ出てきません!
( ご飯3杯はいけます♪ )


エリートサラリーマンの主人公ジェイコブは奥さんと息子の三人で順風満帆な人生を過ごしていたが、ある時不慮の事故により刑務所へ入ることになる ━━ 。

そこは少しでも弱みをみせるとアナルを開発されてしまう弱肉強食の世界!ナメられたら終わりだッ(;°Д°)!と元エリートサラリーマンが咬ましまくる!因縁つけてきたヤツはいきなり凹る!周囲にコイツは根性の入った奴だと思わせる!鍛えて鋼のようなカラダにする!カラダにいっぱいのお絵描きをする!

アナルを守っていたら・・・
全身タトゥーだらけのマッチョボディのバリバリのギャングになっちゃいました(;゜∀゜)アレ?!

しかもこの元エリートサラリーマンのジェイコブさん、ナメられない為にかなり頑張るもんだから…問題起こして刑期が伸びる→ギャングの地位がガンガン上がる→かなりの地位のカリスマギャングまで登り詰めるんです( -_-)ノ
( これにはある理由があるのですが・・・ )

元々、刑務所で無事刑期を終えて早く家族会いたいと願っていた男が戻りたい世界 (家庭) とはドンドンかけ離れていってしまう切ない物語。
かなり骨太な作品で面白かったです!!
これはなかなか良作でした☆オススメです!


守りたいのはアナルじゃなかった。
本当に守りたかったもの…それは家族でした。

(↑今さら"いい感じ"の文章で〆る )


おしまい。


【余談】
ジェイコブさんは元々身長が高い人なんです。
体の小さい気弱な私にはこれキツいなーと思いながら観ていました。まず体は鍛えるとして…あとは 「こいつ完全にヤバい奴だッ(;゚Д゚ )!」と思わすしかないでしょ。
私ならディアブロみたいにしちゃいます☆
https://youtu.be/_CwFOLrIeXw
(↑これね♪ )
emma

emmaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

順風満帆なイケメンサラリーマンがヒゲモジャタトゥーまみれのギャングになっていく様が面白かった。
結局家族を守りたかったってことでいいのかな?
成り上がっていくことに快感を覚えたってのもあるのかな?
なんせ主人公が、良いパパ&旦那な時も、タトゥームキムキ囚人の時もどっちもたまらなくかっこよかった。
スガル

スガルの感想・評価

3.9
ずしっときました。
素晴らしかったです。

観ながら少し人間の宿命みたいなものを感じました。
出稼ぎで元犯罪者が集まったアマゾンの奥地でさえ序列が生まれていたことを思い出しました。
人間って人間であることからは逃げられないんだろうな。

俳優も最高でした。
主人公の人よかったです。ハリウッドの俳優だと軽くなってそうだし。
レイクベルもよかったと思いました。
バーンノーティスのあの男笑いそうになりました。ああいう感じなのに迫力ある。

家族を想う気持ちとかやるせなさとか主人公と同じように感じていました。

刑務所の人たちって体を鍛えるのが当たり前な感じで、そういうところも人間らしいと感じました。
なます

なますの感想・評価

4.0
刑務所モノで、マウンティングに対して(身体的にも)真っ向勝負するのは珍しい。
リアリティと映画的誇張のバランスが良く、「生き抜き、守る」と言う1つの目的に向かってサスペンスが進行するので、自然と引き込まれる。音楽も良い。
良作。
takato

takatoの感想・評価

4.0
 「ここには戦士と犠牲者しかいない。戦士として生きることを選択した者は、死ぬまで戦士であることを証明し続けるしかない」。

 新たなギャング犯罪映画の良作誕生。有名な俳優さん全然出てないけど、リアル感がある犯罪描写、テンポのいい語り口、立っているキャラ、そしてなにより家族愛が実はヒキになっていたりするストーリーも秀逸。終わり方の切なさも素晴らしい。映像も特別凝ってたり、無駄に金かけてる感じではないけど、しっとりした味わいがある気合の入った物である。これ見よがしのグラグラ手持ちカメラを使ったりしないのも好感がもてる。