ブラッド・スローンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブラッド・スローン2016年製作の映画)

Shot Caller

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

エリートコースを歩み順風満帆な人生を送っていたジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドー)。ふとした事故を起こしたことで監獄に収容され、人生が一変する。収容された監獄は、殺し合いの抗争渦巻く暴力が支配する世界だった……。この酷薄無情の悪の世界で生き抜く術はただひとつ、“殺られる前に殺る”。男は体を鍛え全身凶器と化して、熾烈な抗争に立ち向かう!

「ブラッド・スローン」に投稿された感想・評価

順風満帆なエリートサラリーマンが事故で友人を亡くし自身も刑務所に入ることになってしまい家族想いの彼が刑務所で生き残るために悪に染まっていく姿を描くクライムサスペンス❗

監督は大好きな作品「オーバードライヴ」「プリズン・サバイブ」を撮ったリック・ローマン・ウォーが監督と脚本を担当。

この監督毎回人間ドラマの作りが丁寧で絵的には地味だが緊張感があり後半は燃える展開がちゃんと演出されていていつも本当に面白い❗

今回もしっかりそれらの要素が演出されているし監督の前2作よりもリアルアクションもドラマも良くてラストは監督の作品で一番切なかったです(´;ω;`)

前の2作でも思ったけど、主人公はとても家族想いの善人で犯罪とは無縁で生きてきた人間なんですよ、そんな彼らが大切な人達を守るために辛い道に行く姿を監督は毎回描いてるし出てくる犯罪者達がマジで恐い顔していて良いんですよ。

主人公の刑務所に収監されてる頃と出所してからの行動を交互に描き主人公の内面の変化や葛藤をわかりやすく見せていて上手いなぁと思いました。

あとよく映画で囚人達がなぜ筋トレをしているかという理由もこれを観れば納得出来ますよ( ´∀`)
刑務所で囚人達が筋トレするときに言われているコンヴィクト・コンディショニングを映画でしっかりと見せていてこれだけでも見る価値ありますよ(*`Д´)ノ!! 正直俺もやりたいウォォォォー(*`Д´)!!!でもやっぱり刑務所には行きたくないよ(´;ω;`)

あと主人公が最後まで家族想いで最後の自己犠牲とか非常に監督好みの主人公だなぁと思いました( ;∀;)

これでひとまず刑務所の過酷さを描いた映画に一区切りつけたと思うリック・ローマン・ウォーですがこれからもこういった硬派な映画を作ってほしいと思いました( ´∀`)(でも次はもっと大作でも良いよ❗)
McQ

McQの感想・評価

3.8
全身刺青、ロン毛オールバックに口髭のマッチョマン。
いかにもな風貌のイカつい男が刑期を終え出所するところから物語は始まる。

開始10分にして驚きの展開に目が点、、

何気ない日常が一変、180度世界が変わる。

最初から最後まで男の行末が気になって目が離せず、ちょいちょい驚かされる展開で緊張が途切れない。

いつも似たような役回りのジョンバーンサルが中々のハマり役。

ヒゲじゃなくて眼鏡の方のボスのキャラも面白い。

囚人モノも溢れるほどあるけど、この展開はあまり無かったのでは??

ここでの評価も頷ける中々見応えのある作品でありました。
チャキ

チャキの感想・評価

3.8
リアルなアメリカの州立刑務所の実情が映されてる。
軽微な犯罪で捕まったとしても、
閉ざされた空間で生き残る為には、
常に選択を迫られて、取り返しが付かなくなる。
更正とは無縁なアメリカの刑務所の実情が生々しい。
渋い、男臭い、格好良い!!!!!

想像より淡々として重たいストーリィ、しかも2時間超の長編ながら、全く飽きずに楽しめました☆

『MAMA』のイケメンパパ役ニコライが、ムキムキタトゥーともじゃ髭なおじ様役で主演!

あぁ~やっぱりワルが好き(//∇//)



飲酒運転で事故を起こし、投獄されたサラリーマン、ジェイコブ(ニコライ・コスター=ワルドウ)。
しかしそこは、凶悪犯ばかりの刑務所だった。

殺らなければ犯られる…もとい殺られる世界で、ジェイコブは生き延びる為、変わっていく。
"戦士"になるか"被害者"になるか…?



原題:Shot Caller は刑務所スラングで"リーダー"の意味だそう。

ただの証券マンだったジェイコブが、生きる為、残した家族の為、見知らぬギャングの世界でリーダーにのしあがっていく!

それが淡々と描かれているのですが、そこにギャング抗争や刑務所暴動シーン等が挿入され、バイオレンスな男臭さが堪能出来ました☆

ギャングや刑事、刑務所のキャラクタもそれぞれが濃くて素敵!
上半身裸でタトゥーもりもり筋肉もりもり、これだけでお腹いっぱいですww

大好きな刑務所での駆け引き、暴動、手作り武器も堪能~

これは良作でした(*´ω`*)
mats5050

mats5050の感想・評価

3.2
アメリカって家族もいる普通のサラリーマンが ギャングになったりするのかね?
これ観たかったやつ~

まさか出所シーンから始まるとは!
男の刑務所での成り上がりを描いた作品だと思ってたのに~
と心配しましたがご安心下さい。
出所後のクライムドラマと刑務所内でどの様に男が変わっていったのかが交互に描かれてます


いや~これ観ると絶対刑務所なんかに入りたくないと思いますね

よく映画内で筋トレしてる囚人を見ますが理由が解りました
自分の身を護るためだったんですね☆
そりゃ鍛えないと。

筋肉隆々にタトゥーだらけの囚人達によるバイオレンス
派閥同士の乱闘はド迫力!!
しかもリアルで怖い!
あの刺し方はないわ~💦
頼まれても尻の穴にはちょっと…

主人公に『キング・オブ・エジプト』のニコライ・コスター=ワルドウ
普通のサラリーマンだった彼の細い身体がみるみるうちに凄い事に(;゜゜)

ジョン・バーサルは安定のガサツさww
でもこんな役似合うな~(笑)


そして男は王になった。。。
みたいな世界観
好きだな~♪(  ̄▽ ̄)
ヘビーな映画である。
もっとアクションが派手かと思っていたが、かなり心理面で攻めてくる。
刑務所がやたらアーティスティックだ。
家族愛を感じる映画である。

人の人生なんて解らない。
いつどこでどう変わるのか。。。
今を大事に生きないといけないことを気付かせてくれる。。。

ラストのピアノが心に響く。。。

2018.04.07
囚人達が「ニューシネマパラダイス」見ながら
クリスピークリームドーナツとDr.ペッパーにありつくシーンが最高。
そんな「刑務所の中」のようなオフビート描写は皆無。

脱獄や権力闘争のエンタメ性は極力排除。
静かに激しく生存競争の様が描かれている。
父親ムービーとしても秀逸。

実在するのかしないのか屋外の個人用檻。
現代アートのような刑務所の風景の乾いた空気感もオリジナリティに秀でている。


〜〜

主演のニコライ・コスター=ワルドーはデンマーク人。
前後の表情の変化が凄まじい。

海外ドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』に出てるジェフリー・ドノヴァンの、らしくない中ボス感良かった。
REY

REYの感想・評価

3.2
普通に幸せな家庭のお父さんだった。

自らが運転する車で信号を見落とし
後部座席に乗る友人を自分の運転ミスで亡くしてしまい
刑務所に入り人生が一変してしまう。

極悪非道の囚人がゴロゴロいる中
その中のあり得ない掟と命令
自分自身もこの場所で生き抜く為には
やられる前にやれ!!!www
罪を償う為に入った刑務所が悪に手を染めていく場所となっていく

一度踏み入れた世界は簡単には抜けられない。
家族を捨てる覚悟をする。
シャバに出ても
まだ続く掟… 悲惨だなw

家族だけは守りたい
その思いだけは変わらない彼がとった最後の行動。

子供が父に送った手紙…せつない。
Sentokun

Sentokunの感想・評価

3.8
クソかっけぇー!中学や高校生の時に観てたら影響受けて筋トレしてまうだろうなぁ‥。

普通の良いパパがよそ見運転して同乗者を死なせてしまい、刑務所に投獄されるが、良きパパよりギャングスタの才能が高かったと言うお話。

正直ギャングスタ能力高すぎて現実味は薄れるものの、重厚なドラマとして仕上がってます!

最近よく見るジョン・バーンサルとか言う脇役が今回も不良役でいい味出しとりますね。

ラスト、主人公の「誰も俺の家族には手をださせねぇ」は圧巻。真似出来ませんw

男の子は絶対好きな厨二病映画。是非!